横山大観の買取

横山大観:理想主義の伝統を朦朧体や水墨画で表現した巨匠

横山大観(よこやまたいかん)は、明治・大正・昭和にわたって活躍した日本画家です。

水戸藩士の子として生まれ、東京美術学校(東京芸大の前身)に第一期生として入学・卒業しました。当時の校長だった岡倉天心に師事し、橋本雅邦のもとで画法を学びました。

卒業後は京都府画学校で教鞭をとり、古画の模写を積極的におこないました。東京に戻ってからは東京美術学校の助教授になり、日本絵画協会第2回展に傑作「無我」(東京国立博物館が所蔵)を出品。銅牌を受賞します。

岡倉天心とともに東京美術学校を去ってからは、美術院の再興に力を尽くし、院展を中心にさまざまな傑作を発表していきます。このころには朦朧体(もうろうたい・没線描法)という新しい技法を試み、日本画の近代化にさまざまな方面からアプローチしていきます。

1931年(昭和6年)に帝室技芸員に任命され、1937年(昭和12年)には第1回文化勲章を受章しました。

横山大観の作風は、時代によって大きく変化しています。初期には菱田春草らとともに朦朧体に挑み、中期以降は水墨画を主に作成しました。東洋の理想主義の伝統を重んじた作風で、高い精神性を表現しています。

明治期からひたすら日本画壇をけん引し続けた偉大なリーダーで、気品高い作品を次々と生み出し、絵画買取市場では依然として人気が衰えない作家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談