吉川英治の掛軸買取

吉川英治:大衆作家として一時代を築いた小説家

吉川英治(よしかわ えいじ 1892-1962年)は、神奈川県久良岐郡(現横浜市)に生まれました。幼い頃から作文の才能があり、さまざまな雑誌に投稿をしていました。

10歳で時事新報社「少年」に送った作文が入選したこともあります。

しかし、合資会社のトラブルで父が服役したことなどから、次第に家庭環境が悪くなり、小学校を中退。家計を助けるために、年齢を偽って仕事につかざるを得ない状況に追い込まれます。

仕事をしながら川柳を作ったり、多くのペンネームを使い分けて懸賞小説に応募する日々が続きました。

懸賞小説への入選によって次第に才能が世に認められ、東京毎夕新聞社、講談社などで職業作家として活動し始めます。
初めて吉川英治のペンネームを用いたのは、1925年に講談社が社運をかけて創刊した「キング」誌の「剣難女難」という作品でした。

この作品は大ヒットとなり、毎日新聞でも小説を執筆、作品が映画化されるなど時代の寵児となります。

特に、朝日新聞に連載された「宮本武蔵」は、武蔵の人間的成長や彼と彼を慕う人々との交流を描くことで、当時太平洋戦争下にあった日本人の心をつかみ一大旋風を巻き起こしました。

小説作品だけでなく、肉筆の書も掛軸となって残されており、その人気ぶりがうかがえます。

終戦後は、敗戦の衝撃に打ちのめされて一時執筆を断念していましたが、親しい友人であった菊池寛のすすめによって活動を再開、「高山右近」、「大岡越前」といった作品で復活を果たしました。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談