林沐雨の盆栽鉢買取・査定相場

林沐雨買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な林沐雨作盆栽鉢の価値を査定いたします。

盆栽鉢だけでなく置物など幅広いジャンルの林沐雨作品の高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

林沐雨の買取・査定実績

こんなお悩みございませんか?

  • お祝いで貰った林沐雨の置物を売りたい
  • 使ってない林沐雨の盆栽鉢を処分したい
  • 大量に林沐雨の盆栽鉢があるが高齢で片付けや搬出ができない
  • 持っている林沐雨の買取価格を知りたい

ご安心ください!
林沐雨買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に!

あなたのガラクタ、
だれかのお宝!

こんな古いものは価値がないのでは?」と処分してしまう前に、その価値を調べてみませんか?
一見するとゴミのように見える品物に驚きの値段が付くことがあります。「買取福助」は価値ある骨董を次の世代へと受け継ぐためのお手伝いをいたします。

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

店舗案内

東急目黒線・大井町線

大岡山駅徒歩1分

営業時間
11:00~18:00

クリックして今すぐお電話ください

0120-777-064

店舗名称骨董品買取の福助
住所145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
TEL03-6425-9735
営業時間
定休日日曜
交通大岡山駅より徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布駅から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山駅から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川駅から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘駅から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分
  • 店舗外観

    店舗外観

  • 店内①

    白を基調とした明るい店内

  • 店舗とスタッフ

    お客様のご来店を
    お待ちしております。

林沐雨を高く売る方法

林沐雨の盆栽鉢を売るときは
陶芸・盆器に詳しい目利き鑑定士・目利き業者に査定してもらいましょう。

高く売る方法

林沐雨の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
林沐雨(はやしもくう)は京都・清水焼の流れをくむ陶芸家です。代々、京都で焼き物を作っていた林家に生まれ、陶工の父親や京焼の五世清水六兵衛などに師事。清水焼の伝統を保持しながらも現在的な感覚を融合させた独自の世界を作り上げました。

多数の陶芸作品を残しましたが、盆栽鉢は作られた数がすくなくて希少です。買取相場はとても高いので、売却をお考えなら盆栽関係・盆器に詳しい鑑定士に相談しましょう。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
林沐雨のように高価買取される盆器は、査定前に鑑定書や保証書といった付属品を探しておきましょう。付属品には作品が入っていた木箱も含まれます。

木箱に作家の署名や落款という判が押してあるものは貴重な「共箱」です。盆栽小鉢の価値を高めるものですから、古い木箱であっても処分しないようにしましょう。

付属品がなくても査定には問題ありませんが、あると鑑定額が上がることもあります。


評判の良い林沐雨の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
失敗のない売却をしようと思うなら、複数の買取店から見積もりを取りましょう。

無料査定を受けて買取価格を出してもらうと、金額に差がある事に気づくはず。美術品の査定額には決まった基準がありませんから、買取店ごとに査定額が違うのです。

おなじ林沐雨の盆栽小鉢でも売却金額に差があるのですから、金額を比べて一番高い買取価格の店に売りましょう。見積もりだけ出してもらって、作品を売却しなくても問題はありません。


信頼できる林沐雨の買取業者の選び方

林沐雨作品を売却するなら、盆器の無料鑑定を実施しており、
買取実績が豊富な業者を選ぶことです。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
林沐雨の作品は貴重な美術品です。盆栽関係の美術品鑑定に慣れていて、無料鑑定ができる買取店に相談するのがいいでしょう。

基本的に買取店の査定はお金がかかりません。目利き鑑定士に真贋判定をしてもらっても無料なのです。手元の林沐雨作品の価値を知っておくためにも、ぜひ無料鑑定を利用しましょう。

しかし高額な鑑定料や出張費をあとから請求する悪質業者も存在します。査定依頼時に費用の確認が必要です。


林沐雨の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
どの買取店に林沐雨の盆器を売ろうかな…と迷うときは、これまでの買取実績が多い業者をネットで探しましょう。ほとんどの買取店がホームページを運営しています。

ホームページに過去の買取実績を画像で紹介していることがあるので、内容をチェック。林沐雨の作品が多数買取されていたり、盆栽関係の買取実績が多かったりする業者なら安心です。

信頼度の高い買取店ですから、相場に準じた適正な買取価格を出してもらいましょう。


出張買取

  • 日時のご予約日時のご予約
  • ご自宅へ訪問・査定ご自宅へ訪問・査定
  • その場でお支払いその場でお支払い

出張買取対応地域

東京都内、川崎市
出張買取対応中

出張買取可能地域

*出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

ポイント
  • 成約に至らなくても出張料金はかかりませんのでご安心ください。
  • お品物によっては出張買取をお断りする場合がございます。
  • ご質問・ご相談は無料です、些細な事でも、お気軽にお問い合わせください。

店頭買取

宅配買取

  • 伝票到着後に品物と必要書類を郵送伝票到着後に品物と必要書類を郵送
  • 品物到着後、2営業日以内に査定、ご連絡品物到着後、2営業日以内に査定、ご連絡
  • 買取金額ご同意後、翌営業日までにお振込み買取金額ご同意後、翌営業日までにお振込み
0120-777-064電話をかける
お問合せ

買取福助「安心」の3つのこだわり

当店では、初めてのお客様やお一人様でも安心してご利用いただくために、3つのこだわりを持ってご対応させていただいております。

1安心のお取引

買取価格を透明に

買取価格を透明に

買取価格を透明に

買取福助では、どうしてこの価格なのか?という疑問にすべてお答えできる体制を整えています。

お客様の真摯な疑問にも誠実にお答えすることで、安心してご判断いただけるような工夫をしています。

分かりやすい見積書

分かりやすい明細で安心

分かりやすい見積書
後日、お取引の内容をお客様に確認していただけるように、取引明細書をお客様にお渡ししています。

2満足いただける高価買取の仕組みがある

手数料は無料

手数料は無料

手数料は無料
査定・売却時の手数料は無料。お客様にご満足頂けることを目指しています。
買取価格日本一へ挑戦

買取価格日本一に挑戦

買取価格日本一へ挑戦

当店では、お客様の満足を第一に考えます。高価買取も大切な課題の一つ。 納得の買取額をご提示いたします。

3お客様目線での対応・お店づくり

査定が初めてのお客様にも安心していただけるよう、お客様の目線に立ったお店づくりを心がけています。
査定だけでもOK

査定だけもOK、キャンセル料はいただきません

査定だけでもOK
思い入れのある大切なお品物は、売るかどうかを迷っているお客様も多いと思います。 買取福助は査定だけでも大歓迎、無料でお見積いたします。 無理に引き止めたりは致しませんので、安心してご来店ください。
買取成立すれば、即現金でお支払します。

即現金化、スピーディーに対応します

買取成立すれば、即現金でお支払します。

お見積額に納得いただければ買取申込書に必要事項を記入後、1円単位までキッチリ現金にてお支払いします。 急な出費で現金が必要という方も、お手間を取らせません。

入りやすい店舗づくりを心がけています。

入りやすい店舗づくり

入りやすい店舗づくりを心がけています。

どこか閉鎖的で入りにくいイメージのある古美術店ですが、当店は安心して利用いただけるよう、明るい店舗作りを目指しています。

お店は1階にある路面店なので、ベビーカーや車椅子の方でも安心です。 女性お一人やお子様連れでもお気軽にご来店ください。

高価買取中の有名盆栽鉢作家

林沐雨について

林沐雨(はやしもくう)は昭和時代の陶芸家です。明治34に京都に生まれ、父親は京都、清水焼の陶工・林祥山。林家は曾祖父を初代とする陶芸の家系で、沐雨も林家の作風である仁清・乾山様式を学びました。また独自で釉薬の研究も行っており、昭和3年には、低火度の赤火色透明釉を作り出すことに成功。その後は病気のために休業することもありましたが、昭和7年に京焼の本流である5世清水六兵衛に入門しました。昭和11年まで師事したのち沐雨と号するようになり、陶芸作品を京都府工芸美術展などに出品して入選を果たすまでになったのです。林沐雨の作風は清水焼の伝統とモダンさを融合させたもので、海外でも通用する陶器・磁器を制作しました。絵付けもうまく、玄妙な味わいが特徴。また釉薬は独自の創製になるものとして、現在も高い評価を受けています。平成3年に90歳で亡くなりました。林沐雨は多作な陶芸家ではありますが、盆栽鉢の数は多くありません。小鉢や盆栽飾りにできる小物がわずかに残っているだけです。しかし多彩なデザインの鉢が多く、盆栽鉢としての形、釉薬、模様をたくみに使い分けました。同じ鉢はひとつもないといわれるほどで、盆栽ファンの間では希少価値の高い盆器として愛好されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談