林沐雨(盆栽鉢)の買取・査定相場

林沐雨買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。
鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な林沐雨作盆栽鉢の価値を査定いたします。

盆栽鉢だけでなく置物など幅広いジャンルの林沐雨作品の高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

林沐雨の買取相場

品名買取相場
林沐雨 青絵山水図長方盆栽鉢 57,000~96,000円
林沐雨 白染付鳳凰図外縁盆栽鉢 40,000~72,000円
林沐雨 緑釉千鳥図丸盆栽鉢 25,000~42,000円
林沐雨 珊瑚釉山水図盆栽鉢 20,000~30,000円
林沐雨 緑釉丸盆栽鉢 18,000~30,000円
林沐雨 盆栽鉢 均釉浮彫魚紋外縁下紐雲脚 50,000~85,000円
林沐雨 盆栽鉢 珊瑚釉浮彫花文外縁丸型 43,000~72,000円
林沐雨 盆栽鉢 鶏血釉 楕円鉢 28,000~46,000円

林沐雨の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • お祝いで貰った林沐雨の置物を売りたい
  • 使ってない林沐雨の盆栽鉢を処分したい
  • 大量に林沐雨の盆栽鉢があるが高齢で片付けや搬出ができない
  • 持っている林沐雨の買取価格を知りたい

ご安心ください!
林沐雨買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

林沐雨を高く売る方法|買取のポイントは?

林沐雨の盆栽鉢を売るときは陶芸・盆器に詳しい目利き鑑定士・目利き業者に査定してもらいましょう。

林沐雨の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

林沐雨(はやしもくう)は京都・清水焼の流れをくむ陶芸家です。代々、京都で焼き物を作っていた林家に生まれ、陶工の父親や京焼の五世清水六兵衛などに師事。清水焼の伝統を保持しながらも現在的な感覚を融合させた独自の世界を作り上げました。
多数の陶芸作品を残しましたが、盆栽鉢は作られた数がすくなくて希少です。買取相場はとても高いので、売却をお考えなら盆栽関係・盆器に詳しい鑑定士に相談しましょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

林沐雨のように高価買取される盆器は、査定前に鑑定書や保証書といった付属品を探しておきましょう。付属品には作品が入っていた木箱も含まれます。
木箱に作家の署名や落款という判が押してあるものは貴重な「共箱」です。盆栽小鉢の価値を高めるものですから、古い木箱であっても処分しないようにしましょう。
付属品がなくても査定には問題ありませんが、あると鑑定額が上がることもあります。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

失敗のない売却をしようと思うなら、複数の買取店から見積もりを取りましょう。
無料査定を受けて買取価格を出してもらうと、金額に差がある事に気づくはず。美術品の査定額には決まった基準がありませんから、買取店ごとに査定額が違うのです。
おなじ林沐雨の盆栽小鉢でも売却金額に差があるのですから、金額を比べて一番高い買取価格の店に売りましょう。見積もりだけ出してもらって、作品を売却しなくても問題はありません。

信頼できる林沐雨の買取業者の選び方

林沐雨作品を売却するなら、盆器の無料鑑定を実施しており、買取実績が豊富な業者を選ぶことです。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

林沐雨の作品は貴重な美術品です。盆栽関係の美術品鑑定に慣れていて、無料鑑定ができる買取店に相談するのがいいでしょう。
基本的に買取店の査定はお金がかかりません。目利き鑑定士に真贋判定をしてもらっても無料なのです。手元の林沐雨作品の価値を知っておくためにも、ぜひ無料鑑定を利用しましょう。
しかし高額な鑑定料や出張費をあとから請求する悪質業者も存在します。査定依頼時に費用の確認が必要です。

林沐雨の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

どの買取店に林沐雨の盆器を売ろうかな…と迷うときは、これまでの買取実績が多い業者をネットで探しましょう。ほとんどの買取店がホームページを運営しています。
ホームページに過去の買取実績を画像で紹介していることがあるので、内容をチェック。林沐雨の作品が多数買取されていたり、盆栽関係の買取実績が多かったりする業者なら安心です。
信頼度の高い買取店ですから、相場に準じた適正な買取価格を出してもらいましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

林沐雨について

林沐雨(はやしもくう)は昭和時代の陶芸家です。明治34に京都に生まれ、父親は京都、清水焼の陶工・林祥山。林家は曾祖父を初代とする陶芸の家系で、沐雨も林家の作風である仁清・乾山様式を学びました。また独自で釉薬の研究も行っており、昭和3年には、低火度の赤火色透明釉を作り出すことに成功。その後は病気のために休業することもありましたが、昭和7年に京焼の本流である5世清水六兵衛に入門しました。昭和11年まで師事したのち沐雨と号するようになり、陶芸作品を京都府工芸美術展などに出品して入選を果たすまでになったのです。林沐雨の作風は清水焼の伝統とモダンさを融合させたもので、海外でも通用する陶器・磁器を制作しました。絵付けもうまく、玄妙な味わいが特徴。また釉薬は独自の創製になるものとして、現在も高い評価を受けています。平成3年に90歳で亡くなりました。林沐雨は多作な陶芸家ではありますが、盆栽鉢の数は多くありません。小鉢や盆栽飾りにできる小物がわずかに残っているだけです。しかし多彩なデザインの鉢が多く、盆栽鉢としての形、釉薬、模様をたくみに使い分けました。同じ鉢はひとつもないといわれるほどで、盆栽ファンの間では希少価値の高い盆器として愛好されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定