小糸泰山(盆栽鉢)の買取・査定相場

小糸泰山買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。
鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な小糸泰山作盆栽鉢の価値を査定いたします。

福助では幅広いジャンルの小糸泰山作品の高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

小糸泰山の買取相場

品名買取相場
小糸泰山 盆栽鉢 赤絵龍図長方 86,000~144,000円
小糸泰山 盆栽鉢 珊瑚釉正方 15,000~42,000円
小糸泰山 盆栽鉢 青磁浮彫唐草図丸型 35,000~62,000円
小糸泰山 盆栽鉢 白磁正方形 30,000~60,000円
小糸泰山 盆栽鉢 赤絵菊花波文外縁長方形 23,000~40,000円
小糸泰山 盆栽鉢 青磁浮彫外縁八角 共箱付き 96,000~160,000円
小糸泰山 盆栽鉢 五彩 紋様 外縁隅入長方鉢 79,000~130,000円
小糸泰山 盆栽鉢 染付鳳凰図反縁切脚長方鉢 28,000~48,000円

小糸泰山の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 使ってない小糸泰山の盆栽鉢を処分したい
  • 古そうな小糸泰山の鉢があるが高齢で片付けや搬出ができない
  • 小糸泰山の作品を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 持っている小糸泰山作盆栽鉢の買取価格を知りたい

ご安心ください!
小糸泰山買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

小糸泰山を高く売る方法|買取のポイントは?

小糸泰山の高価買取を狙うなら、盆栽小鉢の鑑定を数多く実施している目利き鑑定士に相談しましょう。

小糸泰山の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

小糸泰山は、昭和時代の盆器作家。戦前は瀬戸で、戦後は故郷である飛騨高山で窯業に従事。飛騨高山城主ゆかりの窯「小糸窯」の再興に力を注ぎました。
その後は飛騨高山の民俗館の館長をつとめており、盆器作家として活躍していた時期は昭和20~30年代に限られています。
短い期間に作られた盆栽小鉢は全部で200枚程度しかないといわれ、希少価値があり、買取価格は高額。売却は盆栽にくわしい目利き鑑定士に依頼しましょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

たいへんに貴重な小糸泰山の作品を査定してもらうときは、鉢が入っていた木箱や鑑定書もつけて出しましょう。とくに箱に作家の署名や落款、ゆかりの人物の添え書きが入っている場合は「共箱」という重要な付属品になります。
小糸泰山の盆器は流通している作品数が少ないため、鑑定額はとても高額です。付属品がなくても目利き鑑定士は高額な鑑定額を出しますが、付属品がそろっていると査定が有利に進むことがあります。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

残された作品が少ない小糸泰山。見積もりを取るときも複数の買取店で無料査定を受けて、買取価格をくらべましょう。価値ある盆栽小鉢でも、買取業者はそれぞれに力を入れている専門分野があります。
盆栽小鉢にくわしく、小糸泰山の作品を欲しがっている顧客をかかえる業者は買取相場より高い金額でも買取するでしょう。
実際の買取価格を知るには、買取店から見積もりを取るのが一番。複数買取の比較で損のない売却になるのです。

信頼できる小糸泰山の買取業者の選び方

貴重な小糸泰山の盆栽小鉢。売却時は無料鑑定ができる業者で、過去の買取実績が多い店を選びましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

小糸泰山の盆栽小鉢は、高価買取になる逸品が多いです。査定を受けるときは無料鑑定をしている買取店を探しましょう。買取店の査定では、目利き鑑定士が作品の真贋判定まで含めて、無料で見てくれます。
小糸泰山の作品はとても高額になるので、2軒・3軒の買取店の査定を受けることも珍しくありません。鑑定料を取らない複数の買取店で査定を受けましょう。ただし有料査定の店もあるので、事前に必ず確認を。

小糸泰山の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

骨董品の買取が初めてなら、買取実績の多い業者に相談するといいでしょう。たくさんの盆栽小鉢を買取している業者は、ホームページにこれまでの実績をリストや画像付きコラムで紹介しています。
所有する作品と同じようなサイズ、時代の泰山作品が多数掲載されていれば、スムーズな買取のできる業者だということです。
また業者の評判そのものもネットのクチコミで見られますから、信頼度の高い買取業者に査定を頼みましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

小糸泰山について

小糸泰山(こいとたいざん)は昭和20〜30年代に活躍した盆器作家です。戦前は愛知県瀬戸市で窯業に従事。その後は故郷である飛騨高山に戻り、陶芸家として制作を始めました。昭和21年には、江戸時代の飛騨高山城主・金森重頼ゆかりの小糸窯を復興。当初は茶器などを制作していたが、売れないために盆器に切り替えました。変更に当たっては、従兄である盆栽園「九霞園」の村田久造からアドバイスを受けたと言われています。なお、村田久造は小糸窯の築窯時に資金援助もおこなっています。小糸泰山の盆栽器は昭和24年ごろに出来上がり、販売されるようになりました。ひとつとして同じ盆器がないという独自性から愛好家の注目を集めましたが、その後の泰山は陶芸家の道に進まず、飛騨民俗館の館長に就任。「飛騨の里」設立や高山祭屋台の修復に力を注ぎました。そのあいだ、盆栽鉢は九霞園からの注文にこたえる程度しか作られておらず、制作数はごくわずかです。現在でも、小糸泰山の盆器は全部で200作ていどしかない、と言われています。手作りならではの温かみが感じられる盆器が多く、今も愛好家が多い作家。盆栽小鉢のコレクター垂涎の作品だと言われます。希少価値があり、市場での価格はとても高額です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定