塚田秀鏡

塚田秀鏡:加納夏雄に片切彫を学んだ、国内外にファンの多い彫金家

塚田秀鏡(つかだしゅうきょう)は、明治から大正にかけて活躍した彫金家です。

上州舘林秋元藩の藩士の子に生まれ、鐸師・塚田直鏡(つかだなおかね)の養子になります。彫金を勝見完斎と加納夏雄に学び、絵を柴田是真に学ぶという非常に恵まれた環境で成長します。初期のころは刀装具などを制作し、やがて煙草入れなどを作るようになります。

第二回勧業博覧会に、鉄地にカニを彫った作品を出品し絶賛されたあと、シカゴ万博やアメリカのセントルイス博覧会、パリ万博、日英博覧会などに出品をして、次々に賞を受賞しました。
1913年(大正2年)に帝室技芸員に任命され、日本有数の彫金家として認められました。

代表作のひとつである「銅地銀象嵌蛸図花瓶」や「銀地赤銅朧銀素銅象嵌片切彫」に見られるように、塚田秀鏡は片切彫を得意としました。
これは師の加納夏雄がもっとも得手とした技法で、塚田秀鏡はその技法と象嵌の技術を習得していました。

現在、塚田秀鏡の作品だと確認されているものは小品が多いのですが、いずれも加納夏雄ゆずりの見事な技術力で見る人を引きつけずにおきません。

しかし制作当時は日本の美術工芸品を世界に輸出するという目的があったため、塚田秀鏡の作品は海外に輸出されているものがとても多い。

国内には刀の鍔や煙草入れなどが残っており、実用品としても非常に優れているため実際に使いたいという愛好家がいて、国内外での需要がとても多い名工です。

銅器買取 TOPへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル