仏教美術 買取

仏教美術の買取実績

仏教美術の買取品目

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い仏教美術を処分したい
  • 所有している仏教美術が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた仏教美術の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた仏教美術を、まとめて売りたい

ご安心ください!
仏教美術買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

仏教美術を高く売る方法

仏教美術を高く売りたいなら、
タイや中国、インドの仏像や仏画を査定できる鑑定士に依頼しましょう。

高く売る方法

仏教美術の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
仏教美術は、タイ、インド、中国などさまざまな国で彫刻や絵画がみられます。シルクロードの美術や歴史に詳しい買取業者に依頼した方が、正しく価値を見極めてもらえるでしょう。

仏教美術に関する骨董品の処分を検討している場合は、専門知識をもつ鑑定士に問い合わせてみてください。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
仏教美術(絵画、仏像、彫刻、仏画)の作品は、作家名の入った専用の箱や保証書が付属していることもあります。こうした付属品は、価値ある美術品の真贋の見極めに重要な手がかりとなります。

また、査定額をUPさせるアイテムとなることもあるので忘れずにつけて査定してもらうようにしてください。


評判の良い仏教美術の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
仏像や仏画のような仏教美術の作品は、無料見積もりを複数取り寄せて比較すると高額で手放すことができます。複数の相見積もりを取ることで、買取相場を知ることもできるでしょう。

東京都内には仏像や彫刻の鑑定を得意とする買取店が多いので、気になる買取業者にいくつか問い合わせてみてくださいね。


信頼できる仏教美術の買取業者の選び方

仏教美術の査定は、美術品を無料鑑定している業者
買取実績豊富な買取店へ依頼しましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
買取店の多くは無料鑑定を実施していますが、一部の買取業者は不当に高額な手数料を請求するようです。

こうした業者とトラブルにならないよう、事前に「査定の流れと費用」について問い合わせで確認しておくと安心です。

出張査定の交通費、鑑定書発行の発行料などはあらかじめ見積もりに記されていることもあるので、よく確認しておきましょう。


仏教美術の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
仏教美術(仏画、彫刻、仏像)は、鑑定に専門的な知識が必要です。買取を依頼する時は、美術品の買取実績が豊富かどうか事前リサーチをしておくと良いでしょう。

買取実績は、買取店のサイトやSNS、買取口コミ比較などを検索すると探せます。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

仏教美術について

仏教は、インド、タイ、カンボジア、ベトナム、中国そして、シルクロードを経て日本へ伝来しました。

仏教美術は礼拝や信仰を強め、教えを広める役割を担っています。

口伝によって伝えられていた仏教は、より多くの人に正しく伝えられるよう次第に絵画や像を用いて布教されるようになっていきます。この動きによって仏教美術は進化していったのです。

曼荼羅や小型の仏像、仏画(仏伝図)、仏具といったものから、寺院、ストゥーパ、大きな仏像も広い意味では仏教美術にカテゴライズされます。

仏陀、菩薩だけでなく実在の僧を題材にあらわされることも多くあります。歴史の中でさまざまな作品が作られてきましたが、とりわけ中国では塑像の文化が発達して彫刻や仏像が多くうみだされました。

日本の仏教美術は飛鳥時代からはじまります。国が仏教の教えを根づかせようと動き、金剛仏が数多く作られています。摂政である聖徳太子も、太子信仰として仏教美術の題材となりました。

奈良時代も引き続き、国が仏教を後押ししており、次第に大衆にも仏教美術が知られるようになっていきます。

平安時代には末法思想により地獄絵が多く描かれるようになったり、鎌倉・室町時代は禅の思想が色濃く反映されたりと、当時の思想や歴史的背景とともに仏教美術にも変化がみられます。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談