木造玉眼入 日蓮上人坐像

品目 仏像
価格 36,000円
買取方法 店頭買取, 宅配買取
買取地域 東京都港区

木造玉眼入日蓮坐像をお買取りいたしました。

木でできた木彫像は、お寺などで比較的よく目にする仏像です。インドの経典によれば、木像は白檀(びゃくだん)や紫檀(したん)、栴檀(せんだん)といった香りのいい木で作るように決められているのですが、日本では楠などが使われることが多いようです。

仏像の材質には、木材のほかに石材や土、金属などがよく使われ、それぞれの材料に適した製造過程を経て、一体の仏像が出来上がります。

こういった仏像については、はたして売買できるものなのか?という疑問をお持ちの方がいらっしゃいます。結論から申し上げると、仏像は古美術の世界では非常に人気の高いお品です。

釈迦如来(しゃかにょらい)や阿弥陀如来(あみだにょらい)といった仏様の像も人気ですし、不動明王(ふどうみょうおう)や毘沙門天(びしゃもんてん)、吉祥天(きっしょうてん)といった仏様を自宅にお持ちの方も多いです。
念持仏(ねんじぶつ)として身近に置いておいたり、美術品として鑑賞したりと用途はさまざまです。

こういった仏像は、どの仏様か、いつごろ作られたものかと言う点が、重要になります。
たとえば、今回のお品物にはお顔に玉眼(ぎょくがん)が入っています。玉眼というのは、仏像の眼の部分に水晶をはめ込んだものです。

レンズ状に磨いた水晶の眼には瞳を描いた絹や紙がついて、本物の眼のようなリアルさがあります。
玉眼の技法は平安時代の末期に始まったとされ、鎌倉時代の仏像によく見られます。中国には玉眼の仏様が見られませんので、日本独自の技法です。

このように、仏像の製作時期については技法などから推測することができ、査定額に大きく影響してきます。
仏像の価値は、一般の方にはわかりにくい点が多いもの。
経験豊富な鑑定士の在籍している買取業者なら、仏像の価値を正確に査定することができますので、お気軽にご相談ください。

仏像買取 TOPページへ

査定の流れ ~経験豊富な鑑定士が無料でお見積り~

3STEPでカンタン!

1

査定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

思わぬ物がお宝に! 思わぬ物がお宝に!

選べる3つの買取方法

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up