画仙紙の買取・査定相場

画仙紙の買取

画仙紙買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な画仙紙の価値を査定いたします。福助では様々な画仙紙の高価買取・査定が可能です。不要な画仙紙の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

画仙紙の買取相場

品名買取相場
画仙紙 玉蘭堂 1,000~30,000円
画仙紙 紅星牌 5,000~150,000円
画仙紙 鶏球牌 6,000~180,000円
画仙紙 金星牌 1,000~30,000円
画仙紙 紅陽牌 1,000~5,000円
画仙紙 三星碑 8,000~85,000円
画仙紙 桃記牌 4,000~60,000円
画仙紙 玉蘭堂 20,000~35,000円

画仙紙の買取実績

                  画仙紙 羅紋箋 買取価格 10,000円
商品名 買取価格

画仙紙 玉蘭堂 淳化箋

画仙紙 玉蘭堂 淳化箋

5,000円

画仙紙 玉蘭堂 南華箋

画仙紙 玉蘭堂 南華箋

28,000円

画仙紙 羅紋箋

画仙紙 羅紋箋

10,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い画仙紙を処分したい
  • 所有している未使用の画仙紙が幾らくらいで売れるか査定してほしい
  • 押入れに仕舞ったままの画仙紙の買取相場が知りたい
  • 使用していない画仙紙を、まとめて売りたい

ご安心ください!
画仙紙買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

査定の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

画仙紙を高く売る方法|買取のポイントは?

画仙紙を高く売りたいなら、書道具の価値を査定できる知識豊富な鑑定士に依頼しましょう。

画仙紙の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

画仙紙は中国から輸入したものを本画仙、日本で生産されたものを和画仙と読んで区別することがあります。雅画紙という漢字をあてることもあり、墨が美しく載る用紙とされています。
そのため手放す際は書画や書道具、中国美術に詳しい鑑定士に相談すると良いでしょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

画仙紙を売却する時、ほかにセットされていたものがあったり、専用ケースがあったりする場合は一緒にそろえて出しましょう。
画仙紙のメーカーや品質を見極める手がかりになる、あるいはまとめ買取で査定額がアップする可能性もあります。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

画仙紙は、書道具や中国・日本の書道に造詣の深い買取業者に任せたいところです。
東京都内には多くの買取店があるので、書道具の買取に特化している店舗を複数ピックアップして、それぞれに見積もり依頼をしてみましょう。
無料見積もりをいくつか取ることで、もっとも高い査定額の見極めができるようになります。

画仙紙の買取業者の選び方

画仙紙の査定は、書道具の無料鑑定をしている業者、そして買取実績の多い業者に依頼しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

査定を依頼する時は、安心して画仙紙を売却できるよう、買取の費用や流れについて事前確認をしておきましょう。
申し込み時に買取時に費用が発生するかどうか、実際どのような流れで買取が行われるか、などを問い合わせておくとスムーズです。

画仙紙の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

画仙紙の買取実績は、買取業者のサイト、口コミ比較サイトなどでチェックできます。
画仙紙だけでなく、水墨画や絵手紙、和紙など、書道具や作品を幅広く取り扱いしている買取業者は、鑑定眼も確かで信頼できます。
画仙紙の買取実績を見つけられない場合は、中国美術や古道具、日本画の買取実績をリサーチすると参考になるでしょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

画仙紙について

画仙紙 羅紋箋

画仙紙(雅仙紙)は、書画をあらわす時に用いられる大判の用紙です。もとは中国で作られた書画紙を輸入して画仙紙として用いていましたが、第二次世界大戦以降、日本でも生産できるようになったといわれています。画仙紙という名称自体も、中国宣洲を産地とする上質紙「宣紙」にちなんでいるとされています。中国の書道、書画の世界では、大型の紙はすべて「書画紙」といわれ、伝統的な手法で生産している宣洲で作られた用紙と、それに類するクオリティの高い用紙のみを「宣紙」と称します。一方、日本では書画用の和紙を「画仙紙」と呼び、書道の半紙と区別します。つくられている画仙紙は、産地によって甲州画仙、因洲画仙、越前画仙、土佐画仙、伊予画仙、などと呼ばれます。現在一般的に使われているのは、中国の「小画仙」というサイズにあたります。これを日本では「全紙」といい、縦半分にしたものを「半切」といいます。時折、画仙紙と書道の半紙の違いが分からないという方がいらっしゃいますが、規格が異なるととらえてください。画仙紙は墨の発色をよくして、にじみやかすれといった微妙な味わいを描き分けることができる和紙です。水墨画だけでなく、絵手紙やはがき、色紙にも適していて、気軽に購入できるサイズもあります。

高価買取中の書道具

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定