墨の買取・査定相場

墨の買取

墨買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な墨の価値を査定いたします。福助では、中国墨・古墨など様々な墨の高価買取・査定が可能です。不要な墨の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

墨の買取相場

品名買取相場
墨 玉泉堂 20,000~60,000円
墨 千寿墨 呉竹精昇堂 10,000~30,000円
墨 嘉慶御墨 古墨 8,000~19,000円
墨 熊谷鳩居 5,000~20,000円
墨 天香楼 8,000~20,000円
墨 五百斤油 20,000~100,000円
墨 同治辛未仲秋胡開文精 造 100,000~240,000円
墨 蓬莱山 玉泉堂製 36,000~60,000円

墨の買取実績

                  古墨の買取実績
商品名 買取価格

金箔墨 栄寿堂製墨

2,500円

中国 墨 胡開文 徽墨 百寿園 2点セット

4,000円

墨の買取

中国古玩 雲龍図古墨

80,000円

八寶奇珍古墨

八寶奇珍古墨

6,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い墨を処分したい
  • 所有している墨が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 集めていた墨の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた墨を、まとめて売りたい

ご安心ください!
墨買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

査定の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

墨を高く売る方法|買取のポイントは?

墨の売却を検討するなら、高級墨や古墨を鑑定しなれている書道具のベテラン買取業者に査定してもらいましょう。

墨の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

墨は書道や水墨画に欠かせない文房具です。日本では平安時代から広く使われており、今も国内では奈良市で手作りの墨が作られています。
中国や日本の古い墨は「古墨」と呼ばれ、大変な高額で取引される貴重品。お手元に古い墨がある場合は、文房具に詳しい目利き買取業者に査定をしてもらいましょう。

購入時の箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

墨は予想以上に買取価格の高い品物です。
書道をたしなむ親戚の形見分けでもらった墨がある、古い蔵を整理していたら見たこともない墨が出てきた、という場合は買取業者の無料査定を受けましょう。
査定時には必ず、墨の入っていた箱も一緒に出すこと。墨は種類が多く、材料や産地によって鑑定額が変わります。
鑑定書や保証書、箱などの付属品があれば、墨の価値が正確に査定してもらえるのです。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

墨を売却しようと思うときは複数の買取店から見積もりを取りましょう。買取店には得意なジャンルがあり、墨など書道具に強い店なら保存状態や墨色を見きわめて、高い買取価格を出します。
固形の墨から墨色をイメージするのは簡単ではありませんが、目利き買取業者ならできること。複数見積もりの比較で高価買取を狙いましょう。

墨の買取業者の選び方

信頼できる買取業者は、墨や筆・硯など書道用品を無料査定でき墨の買取実績が豊富な業者です。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

日本や中国では良質の墨の需要が多く、買取相場も高くなります。無料査定を受けて、所有する墨の価値を正確に知っておきましょう。
また墨以外にも硯や筆など書道関係の品物が多数ある場合は、業者の出張買取を利用するのがおすすめ。古い墨や文鎮、硯などは「文具四宝」といって、珍重される骨董品です。

墨の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

墨なんて売却できるのだろうかと思うかもしれませんが、古い墨にはおどろくような高い鑑定額がつきます。損をしないためにも、墨や書道用品の買取実績が多い業者を探しましょう。
多数の墨を見ている鑑定士は墨の真贋の見分け方を知っていますし、適正な鑑定額を出すので買取が成立しやすいのです。売却前に、買取店のホームページで実績を確認しましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

墨について

墨は歴史の古い文房具です。中国では、紀元前1500年以前の殷時代には墨があったと言われています。日本へ墨が伝わった時期ははっきりわかっていませんが、平安時代には国内で大量に作られていました。このころの墨はマツの木を燃やした煤から作る「松煙墨」。その後も墨の需要は増え続け、煤を膠で固めた固形の墨は国内でどんどん生産されました。現在も墨の原材料も煤と膠と香料です。煤(炭素末)は油煙・松煙・改良煤煙の3種に分けられ、煤の違いで墨の色の濃淡やにじみが変化します。書道家は墨を使い分けて、華麗な文字を描き出しているのです。また墨には独特の香りがつけられており、多くの墨には龍脳という植物性の樹脂がふくまれて膠の匂いを抑える働きをしています。日本では今も国産墨が健在。「奈良墨」という奈良市で作られている墨が、国内シェアの90%以上を占めています。日本の書の歴史とともに歩んできたといってもいい奈良墨は、漆黒の色の美しさとつややかさから高く評価される逸品。しかし生産には繊細な技術が必要で、機械化できる部分はほとんどありません。したがって奈良墨は今も職人の手によって生み出されており、1本が5万円以上する高級墨もあります。

高価買取中の書道具

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定