硯箱の買取・査定相場

硯箱の買取

硯箱買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な硯箱の価値を査定いたします。福助では様々な硯箱の高価買取・査定が可能です。不要な硯箱の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

硯箱の買取相場

品名買取相場
硯箱 梨地蒔絵 20,000~500,000円
硯箱 明治期 梶川作 黒漆内梨地蒔絵 40,000~150,000円
硯箱 初代諏訪蘇山 50,000~150,000円
硯箱 蒔絵師 八代西村彦兵衛(平安象彦) 蒔絵御重 20,000~200,000円
硯箱 尾形光琳作 80,000~300,000円
硯箱 輪島塗 平野涛山作 山水之図蒔絵 80,000~160,000円
硯箱 蒔絵師 原羊遊斎 内金梨地蒔絵 110,000~200,000円
硯箱 平安楊光堂 菊蒔絵 68,000~110,000円

硯箱の買取実績

                  硯箱の買取実績
商品名 買取価格

軍配型蒔絵御硯箱

軍配型蒔絵御硯箱

40,000円

蒔絵御所車図硯箱

蒔絵御所車図硯箱

25,000円

秋草図蒔絵梨地硯箱

秋草図蒔絵梨地硯箱

120,000円

秋草に雁図蒔絵梨地硯箱

秋草に雁図蒔絵梨地硯箱

18,000円

三井男爵家下賜 象彦作 千両箱型蒔絵硯箱

三井男爵家下賜 象彦作 千両箱型蒔絵硯箱

1,400,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品整理で出てきた硯箱などの書道具を売却したい
  • 古そうだが由来のわからない硯箱の価値を知りたい・無料で査定してほしい
  • 母がコレクションしていた硯塀の買取相場が知りたい
  • 蔵の整理で見つかった硯箱を出張買取に来てほしい

ご安心ください!
硯箱買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

査定の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

硯箱を高く売る方法|買取のポイントは?

硯箱を高く売りたいなら、書道具やアンティークの価値を査定できる鑑定士に依頼しましょう。

硯箱の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

硯や筆、墨といったいわゆる文房四宝を納める硯箱は、中国のアンティークから江戸時代の骨董品まで高い美術的価値を誇ります。
手放すことを検討しているなら、螺鈿や漆器、蒔絵といった細工の価値を見極められるプロの買取業者に任せましょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

著名な作家の手による硯箱、江戸時代の硯箱は、文書を入れる文箱や短冊を載せておく文台がセットになっていることもあります。
買取を依頼する時は、硯箱だけを鑑定に出すのではなくこうした付属品をそろえて鑑定するようにしてください。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

買取店は東京都内にいくつもありますが、硯箱を高額で買い取る可能性が高いのは、アンティークや書道具を積極的に鑑定している買取業者です。
そうした買取店を見つけるためには、相見積もりによる価格リサーチが有効。無料見積もりを申し込んで、いくつか査定額を比べてみてください。

硯箱の買取業者の選び方

硯箱の査定は、アンティークや書道用品の無料鑑定をしている買取実績の多い業者に依頼しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

無料査定を行っている買取店に依頼すれば、もっともお得に硯箱を買い取ってもらうことができます。
見積もりを申し込む時に、査定が無料かどうか、鑑定にかかる別途費用として想定されるものは何か、などをチェックしておきましょう。
出張査定や鑑定書発行に実費が請求されるケースもあるからです。

硯箱の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

硯箱やアンティークの書道具の買取実績は、買取店のサイトからチェックできます。
買取実績が豊富なら、鑑定経験が多く正しい価値を見極められる買取業者ということになりますので、事前によく調べておきましょう。
SNSなどで実績を発信している買取店も増えています。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

硯箱について

三井男爵家下賜 象彦作 千両箱型蒔絵硯箱

硯箱は、硯だけでなく筆や墨を一緒に納められる箱で、中国では古来より文人に愛されてきた書道用品です。日本では、奈良時代〜平安時代にかけて中国の硯箱がそのまま使われていましたが、平安時代以降は日本独自の硯箱が登場します。平安時代は、書架式(しょかしき)と懸子式(かけこしき)と呼ばれる硯箱が使われ、室町時代には携帯するのに便利な掛硯(かけすずり)という硯箱が用いられるようになりました。形状もさまざまで、一段のみのシンプルな平硯箱だけでなく、小さなタンスのような見た目をした引き出し付き硯箱、重箱風の硯箱、取っ手のついた形の硯箱など、一概に「これ」というきまりはありません。使われている素材も、ケヤキ、紫檀、ローズ、黒柿など多岐にわたります。
彫刻を施したものや、螺鈿や蒔絵を施した漆器など華やかな硯箱が使われるようになったのは、江戸時代になってからです。螺鈿や蒔絵といった細工は箱の外側だけでなく内側にも施されていることがあり、こうしたものはアンティークとしての価値だけでなく高い美術的、工芸的価値があります。文書を入れる文箱、書籍や短冊を載せておく文台と硯箱はセットで作られることも多く、すべてがそろっていると特に高い価値が見出されます。

高価買取中の書道具

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定