陶磁器買取 | 骨董品買取・絵画・掛軸・美術品鑑定なら東京で創業62年の福助

陶磁器買取

陶磁器買取のチェックポイント

ご自宅に眠ってる陶磁器の売却をお考えの際はこれらのポイントを参考にされてみてください。

作家はおわかりですか?

きちんと鑑定します。焼き物の場合でも絵画や骨董と同様にどのような作家の作品かという点が、大きな査定のポイントになります。

有名な作家の作品は、底の部分に銘が入っていることが多くみられるので確認してみましょう。

共箱はありますか?

空箱でも買い取りできます。作品が入っていた桐箱はございますか?また作品のサイズとはぴったり合っていますか?箱に作品の銘と同じ作家の記載がある場合は高額の買取になる可能性が高くなります。桐箱そのものが古く、歴史がありそうな佇まいをしていると古い年代の品物であることが予想されるため高額買取につながります。

保管状態も重要です。

陶芸作家の画像作品そのものに傷や欠けなどがある場合は減額の対象となります。保管には十分注意をしましょう。

一見傷が無いように見えても、カンニュウ(ヒビ)や、ホツ(欠け)がある場合もございます。陶磁器は壊れやすいので取扱に十分注意しましょう。

高額買取につながる陶芸作家

陶芸作家

・板谷波山・富本憲吉・北大路魯山人・楠部彌弌・加藤唐九郎・荒川豊蔵・藤本能道
・金重陶陽・河井寛次郎・石黒宗麿・加藤土師萌・清水六兵衛・三輪休和・濱田庄司
・中里無庵・楽吉左衛門・宮川香山・藤原啓・近藤悠三・岡部嶺男・永楽和全・三輪休雪
・清水卯一・諏訪蘇山・伊東陶山・八木一夫・浅蔵五十吉・青木龍山・清水六和
・酒井田柿右衛門・吉賀大眉・三浦小平二・清風与平・中里逢庵・井上良斉・松井康成
・徳田八十吉・河合誓徳・山本陶秀・河村蜻山・宮之原謙・今泉今右衛門・田村耕一
・上出喜山・島岡達三・藤原雄・森野嘉光・山田常山・辻常陸・鈴木治・青木木米
・野々村仁清・尾形乾山・中里太郎右衛門・井上萬二・川喜田半泥子・隠崎隆一・三浦竹泉
・深見陶治・福島武山・伊東翠壺・伊勢崎淳・坂高麗左衛門・加守田章二

この他の作家の作品も高価買い取りが出来ます!是非一度無料鑑定を受けてください。

陶磁器とは?

陶磁器とは?陶磁器とは「陶器」と「磁器」の総称を指し、これら2つは形成される基となる素材が異なるため、実は全くの別物です。

日本では古くから陶器、磁器それぞれに適した原料や素材に恵まれていたため、どちらとも長い歴史があります。西洋の場合は、陶器に適した土が少なかったことから、磁器の歴史がメインとなります。

陶器とは?

陶器はカオリン石やモンモリロン石といった鉱物を含んだ粘土を原料としています。窯で1300℃で焼いた後に釉薬を塗ります。

磁器と異なる点は吸水性があり、叩くと鈍い音がします。概ね厚手で重量がある作品が多くみられます。

日本国内で有名なもので、瀬戸焼、伊賀焼、大谷焼などがあげられます。

磁器とは?

磁器のお皿磁器には主に原料に石粉が用いられています。特徴としては半透光性で吸水性がなく、焼き上がりは固くなるため、叩くと金属音のような高い音がします。

磁器の表記でみられるボーンチャイナは18世紀にロンドンで発明され、当時のシナ磁器で使用される白色粘土が手に入らずに、牛の骨灰を陶土に混ぜて使用したことに由来します。

日本国内では伊万里焼や九谷焼などが有名です。

代表的な陶磁器の産地

伊万里焼日本国内にも様々な陶磁器の種類があります。ここでは代表的な種類をご紹介いたします。

その土地、材料、釉薬の仕上げ方でそれぞれ表情も異なります。どの産地の焼き物か、どのような用途で作られた種類かによって買取金額も大きく異なります。

笠間焼

茨城県の笠間市周辺を産地とした陶器で、関東ローム層から出土する笠間粘土を使用しています。粘りがありきめ細かく丈夫な作りをしています。伝統に縛られず自由な気風があるため安値で実用的な日常雑器が多くみられます。

益子焼

栃木県芳賀郡益子町を産地とした陶器で、砂気が多くゴツゴツとした土っぽい質感を持ちます。釉薬に鉄釉を使用し、重厚な色みでどっしりとした肌触りがあります。著名な作家である濱田庄司や島岡達三らによって花器や茶器といった民芸品が作られ全国的に知られるようになりました。これらの作家は高額買取になります。

九谷焼

金沢といえば九谷焼石川県の金沢市、小松市、能美市、加賀市などの南部地方で作られる磁器を指します。

華やかな色使いが特徴で、青、緑、黄といった濃い色目を多用し大胆な絵柄が描かれているのが最大の特徴です。九谷焼は非常に人気なので、高額での買取につながります。

越前焼

福井県の丹生郡越前町地方で生産される陶器。釉薬を使用しないことが特徴で、表面は土の質感そのものを活かしたザラ付きがあります。高温で焼く際に薪の灰が溶け込み、自然釉の役割を果たすため豊かな表情が生まれます。

美濃焼

岐阜県は美濃焼きの産地岐阜県土岐市、多治見市などを中心に生産される陶器を指します。

特定のイメージに縛られない、今までになかった自由な発想で作られたものが多く見られます。

代表的な美濃焼として、志野、鼠志野、赤志野、織部などがあります。

瀬戸焼

愛知県瀬戸市を中心にその周辺地域で生産される陶磁器を指します。流通量も多く、セトモノの名前で知られており、陶磁器全般を指す総称としても知られています。

伊賀焼

三重県は伊賀焼の産地です。三重県伊賀市で焼かれている陶器を指します。

中世から始まり日本国内でも長い歴史を誇ります。当初は日用雑器を中心としていましたが、後に花入、水指などが登場。

素朴な質感に対し、ビードロ釉を使うことで生まれる緑色の表面が実に風流な表情を生みだします。

京焼

京都の焼き物といえば京焼です。京都で作られる焼き物の総称です。一度焼き上げた後に上から絵付けを施す技法が多く作家の特徴を強く表す作品が多くみられます。

著名な作家に青木木米、尾形乾山、野々村仁清らがいます。これらの作家ものは高額買取の対象です。

備前焼

岡山県は備前焼の産地として有名です。岡山県備前市を産地とする焼き物を指します。

釉薬を使わないためそのものがもつシンプルさと力強さがあります。長く使うことで味わいも増すことと、派手さが無いことが特徴です。

有田焼/伊万里焼

佐賀県有田町で焼かれる磁器を指します。焼き物を伊万里港から出荷していたことで伊万里焼と呼ばれることもありますが、基本的にはこれらは同じものです。

初期伊万里、古九谷様式、柿右衛門様式など種類も多岐に渡り、コレクターもたくさんいるため高額での買取につながることが多くあります。

唐津焼

佐賀県東部や長崎県北部で焼かれる陶器の総称です。時代時代によって様々な種類があり、絵唐津、朝鮮唐津、斑唐津、粉引きなど様々なバリエーションがあります。

陶磁器買取をご利用頂いたお客様の声

陶磁器の整理で利用

主人が趣味で陶器・磁器を集めています。私自身は、陶磁器に関しては興味がないので、今回リフォームすることになったのをきっかけに、数を減らしてもらおうと買取を提案しました。

実際、主人自身が陶器・磁器の壺、花瓶、皿、置物などの正確な価値・値段を知らないようで‥。しかも種類が京焼、九谷焼、唐津、萩、伊万里焼など、たくさんあるとのこと。とりあえず、プロの方にしっかりと鑑定・査定をしてもらってから、買取してもらうことにしました。

専門知識を持った鑑定士がしっかりと説明してくれたので、主人も納得、一部だけ買取して頂きました。【70代女性】

譲りうけた陶器・磁器の処分

祖父の骨董品コレクションの中から、自分が好きな陶器・磁器を譲り頂き、現在の価値が知りたくて、問い合わせたところ、無料で出張買取して頂けるとのことで。担当の鑑定士が話しやすく、いろんな情報を聞けて良かったです。

なおかつ丁寧な鑑定と適正な査定で安心しました。少し考えてから、また買取する際は、お願いしようと思います。【60代男性】

« 1 2

2 / 2 ページ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
Scroll Up