北大路魯山人

北大路魯山人:料理のできるグルメとして多大な影響力をもった陶芸家、書道家

北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん 1883-1959年)は、陶芸家、書道家、料理家、美食家として多大な影響力をもつ芸術家です。

京都府愛宕郡(現京都市北区)の士族の家に生まれた魯山人ですが、明治維新の混乱により父が自殺、母は失踪し、幼くしてゆかりのあった巡査の家の養子となりました。

しかし、直後に巡査夫妻を亡くし、義兄夫婦の家で虐待にあうなど苦難に見舞われます。
近所の住民の助けによって木版師の家へ養子に出され、ようやく安定した生活が送れるようになりました。ここでは進んで炊事を引き受け、料理の基本を学んでいったとされています。

家庭に恵まれない魯山人ですが、幼い頃からその美意識は研ぎ澄まされていました。
画学校への進学は許されませんでしたが、養父のもとで木版の手伝いをしながら篆刻(印章を作成すること)、書などの技術を独学で身につけていきます。

腕をかわれて帝国生命保険会社(現朝日生命保険相互会社)でも仕事をするようになり、コンクールの賞金、会社で得た収入を書道具や骨董品、外食に充てることができるようになりました。

北大路を名乗るのは、失踪した母から家督相続を頼まれた1916年からです。数年は、それ以前に用いていた魯卿(ろけい)の号と併用していました。

戦後には、自作の陶芸作品などを直売する「火土火土美房(かどかどびぼう)」をオープンさせ国内外で高い評価を得ました。
織部焼の重要無形文化財保持者、いわゆる人間国宝の指定を受けています。

陶磁器買取 TOPへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル