壺の買取・査定相場

壺の買取

壺買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な壺の価値を査定いたします。福助では様々な壺の高価買取・査定が可能です。作家や価値の分からない壺の査定や、不要な壺の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

壺の買取相場

品名買取相場
壺 人間国宝 前田昭博 白磁 20,000~180,000円
壺 李朝 白磁 50,000~700,000円
壺 人間国宝 金城次郎 壺屋焼耳付 70,000~180,000円
壺 辻村史郎 自然釉 信楽 90,000~180,000円
壺 人間国宝 井上萬二 白磁 15,000~120,000円
壺 人間国宝 松井康成 練上破調文 共箱 180,000~330,000円
壺 人間国宝 加藤孝造 志野偏壺 20,000~42,000円
壺 菊泉窯 田中源也 鼠志野 21,000~35,000円

壺の買取実績

                  壺の買取実績
  • 新垣栄三郎作 壺屋焼赤絵扁壺
    新垣栄三郎 壺屋焼赤絵壺 買取価格 17,000円
  • 島岡達三作 象嵌赤絵草花文方壺
    島岡達三作 象嵌赤絵草花文方壺 買取価格 33,000円
  • 李朝 鐵砂大壺
    李朝 鐵砂大壺 買取価格 70,000円
  • 高橋誠作 色絵群雀図大壺①
    高橋誠作 色絵群雀図大壺 買取価格 35,000円
  • 高橋誠作 金彩桜に目白図壺
    高橋誠作 金彩桜に目白図壺 買取価格 12,000円
  • 高橋誠作 色絵竹雀図壺
    高橋誠作 色絵竹雀図壺 買取価格 20,000円
  • 原清作 褐釉黒文壺
    原清作 褐釉黒文壺 買取価格 10,000円
  • 壺 中華民国期・染付大花瓶
    壺 中華民国期・染付大花瓶 買取価格 70,000円
  • 新垣栄三郎 壺屋焼赤絵壺
    新垣栄三郎 壺屋焼赤絵壺 買取価格 70,000円
  • 李朝染付面取草花文壺
    李朝染付面取草花文壺 買取価格 50,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い壺を処分したい
  • 所有している壺が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた壺の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた壺を、まとめて売りたい

ご安心ください!
壺買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

壺を高く売る方法|買取のポイントは?

壺を高く売る方法

壺の高値買取では、価値がわかる目利き鑑定士に査定してもらい、付属品も一緒に売却するのがコツです。

壺の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

壺は人気の骨董品でコレクターも多く、作家ものは買取相場がとても高額です。
価値が高い壺の売却では、必ずベテラン鑑定士のいる買取業者に無料査定を依頼しましょう。壺には偽物も多く、鑑定書なしでも正しく真贋を見抜く目利きが必要だからです。
また見積もりの高い、信楽や古備前、伊万里、九谷焼の壺は出張買取がおススメ。買取店へ持ち込むときの破損リスクを減らしましょう。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

作家もの、古備前の壺などは落款の入った箱にしまってあります。箱や鑑定書がある骨董品は付属品込みで無料査定に出しましょう。
付属品があると買取業者の真贋判定の参考になり、作品の価値が上がり、買取価格もアップします。目利き鑑定士に頼めば、買取相場以上の見積もりが出るかもしれません。
とくに白磁・青磁・古伊万里などの壺は高価買取。付属品は絶対に処分せず、作品と一緒に保管しましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

壺は価値のある作品でも、鑑定額が低いこともあります。売却で損をしないためには、複数の買取店から無料査定で見積もりを取り、査定額を比較することです。
買取業者によっては鑑定書なしでも高価買取できますし、買取相場での価値に従って買取してくれます。
買取価格を比べることで目利き鑑定士のいる買取店が見つかりますから、まずは無料鑑定を。人気の九谷焼や七宝焼の壺は良い業者に高く売りましょう。

信頼できる壺の買取業者の選び方

壺の買取業者の選び方

壺の売却時には無料査定・無料鑑定ができて壺の買取実績が豊富な店を探すことです。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

壺の売却では、見積もりにお金のかからない買取店を探すのがコツです。
東京ではエリアによって出張買取の交通費も不要な場合がありますし、目利き鑑定士に買取価格を出してもらっても無料。
古備前や九谷焼の壺のほか、中国青磁や白磁などは高価買取の作品ですからベテラン買取業者の鑑定額を知っておきましょう。
しかし「鑑定料」が必要な業者もあります。依頼時に無料査定か確認することです。

壺の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

壺の売却では、買取実績の多い業者に無料査定を頼みましょう。
実績豊富な業者には真贋の見分け方がわかる目利き鑑定士がいて、高価買取が可能な業者です。見積もりが高い買取店はホームページに豊富な実績を掲載していますから、無料鑑定を頼む前に確認しましょう。
とくに高価な白磁や古伊万里などの買取実績が多い業者は、作家や作品の価値を知っていて、買取相場に応じた鑑定額を出してくれます。安心できる買取業者なのです。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

壺について

壺について

壺は、縄文時代から水や酒の貯蔵に用いられてきたとされています。しかし現在では貯蔵というよりも壺はインテリア用品、美術品として用いられることが多いといえるでしょう。ちなみに、古代ギリシアにおいて、壺は絵を描くためのキャンバス。用途よりも「壺絵」というジャンルとしてもてはやされました。古代ギリシア人にとって、壺は入れ物ではなく、装飾品だったのです。また、ヨーロッパにおいて壺は古来から生命力を象徴するモチーフとされてきました。これはキリスト教でも同様です。キリスト教が広まった初期の頃は、壺がキリストの復活と再生を示す洗礼盤のメタファーとして用いられ、鳥やキリストを信じる者が壺から水を飲む模様がしばしば描かれました。日本では、陶磁器の壺や、花瓶として使える壺が美術品として作られ、高価査定が期待できるアイテムとして知られています。高価な壺として分かりやすいのが、日本六古窯と称される丹波焼、信楽焼、常滑焼、備前焼、越前焼、瀬戸焼の作品や、人間国宝や有名な一流作家が作った壺です。こうした壺の中には人気ゆえに贋作が流通しているものもあり、鑑定によってその価値を見極める必要があります。

高価買取中の陶磁器
有田焼 京焼 九谷焼 青磁 備前焼

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定