田村耕一

田村耕一:戦後に陶磁器研究を本格スタートさせた鉄絵の日本国宝

田村耕一(たむら こういち 1918-1987年)は雛人形師である父をもち、次男として栃木県佐野市に生まれました。

陶磁器に鉄絵で文様を描く「鉄絵銅彩」の技法を確立し、重要無形文化財「鉄絵」保持者、いわゆる人間国宝に指定されています。

東京美術学校工芸科図案部を卒業後、大阪に赴いてまもなく招集されており、陶磁器の研究を本格的に開始したのは戦後のことでした。
京都市の松風工業株式会社の研究所に入所し、輸出陶器のデザインなどを手がけつつ、研究所顧問であった富本憲吉から直接教えを受けています。

その後は佐野市へ戻り、工芸会展に出品、濱田庄司のすすめによって栃木県窯業指導所技官となりました。
日展工芸に対抗するかたちで、従来にはない新しい工芸を開拓しようとする在野的な集団「生活工芸集団」にも参加しています。

新しい表現を追求し、現代日本陶芸展で朝日賞を受賞したほか、さまざまな展覧会で賞を受けています。
酸化鉄を陶器につけることで文様を描き、銅彩で色彩をくわえるという技法を開発し、イスタンブールやミュンヘンでも高い評価を獲得しました。

また、東京芸術大学助教授、教授、名誉教授として更新の指導にも長く携わっています。
一貫して鉄絵による絵付けを施した作品を作り続け、鉄釉だけでなく、青磁釉、血のような深みのある赤さが特徴の辰砂釉なども用いて独自の世界観を構築し続けました。

代表作に「鉄絵銅彩梅林大壺」、「鉄釉薬人物文壺」、「銅彩椿文大皿」などがあります。

陶磁器買取 TOPへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取方法・無料査定の流れ

査定の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

買取福助ならご要望に応じて
4つの買取方法が選べます。

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 遺品買取

の出張買取は簡単4ステップ

を処分したいけれど、重くて持ち運びが大変!
そんな方には、「の出張買取」サービスがおすすめです。

出張買取出張買取

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル