徳田八十吉

徳田八十吉:4代まで続く九谷焼の陶工が代々襲名している名称

徳田八十吉(とくだ やそきち)は、代々襲名されてきた九谷焼の陶工の名称です。

初代の徳田八十吉(1873-1956年)は号を鬼仏と称し、2代目となる子を養子として迎え、3代目の指導にもあたった人物です。
2代目八十吉(1907-1997年)は、九谷焼の近代化を推進したことで知られ、号を魁星と称し、引退後は百々吉を名乗りました。

3代目(1933-2009年)は初代の孫にあたります。金沢美術工芸大学短期大学工芸科陶磁器専攻を中退し、初代と2代目に指導を受けました。
3代目の作り出す陶磁器は、釉薬による鮮やかな群青色が特徴で、国内外でも高い評価を受けています。強烈な光に照らされる日の出の寸前をうつしとったようなグラデーションの表現は「耀彩(ようさい)」と呼ばれる独自の技法です。

この表現により、1997年に重要無形文化財「彩釉磁器」保持者、いわゆる人間国宝となりました。
従来、一般的とされてきた900℃前後の焼成温度よりも高温の1000℃前後で焼かれることが、「耀彩」の深い色味の濃淡を作り出す秘訣とされています。

3代目の作品は、文化庁、国立近代美術館のほか、大英博物館、スミソニアンなど海外の美術館にも所蔵されています。作陶のほかに、古九谷の学術的な研究もおこなっていました。「耀彩」は、古九谷の技術をベースに西洋美術的手法を取り入れたものだとされています。

当代の徳田八十吉は4代目(1961-)で、3代目の長女にあたります。3代目の死去にともなって八十吉を襲名しました。

徳田八十吉作品の買取事例

徳田正彦(三代目:徳田八十吉)九谷焼 壺
徳田正彦(三代目:徳田八十吉)九谷焼 壺
徳田正彦(三代目:徳田八十吉)九谷焼 壺をお買取りいたしました。 徳田正彦は、1933年に石川県に生まれました。 祖父は初代・徳田八...
徳田八十吉作 九谷焼碧明燿彩瓢箪型一輪挿し
徳田八十吉作 九谷焼碧明燿彩瓢箪型一輪挿し
九谷焼の人間国宝 徳田八十吉作 碧明燿彩瓢箪型一輪挿しを買い取りました。 徳田八十吉は、九谷焼の名手のなかでももっとも優れた名手のうち...
徳田八十吉作 碧明燿彩花瓶
徳田八十吉作 碧明燿彩花瓶
人間国宝 三代徳田八十吉作 碧明燿彩九谷焼花瓶を買取りました。 三代目の徳田八十吉は初代の孫にあたります。金沢美術工芸大学を短期大学工...
任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
合同会社リープオブフェイス【買取福助】 古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル