茶釜の買取・査定相場

茶釜の買取

茶釜買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な茶釜の価値を査定いたします。福助では作家物の茶釜・風炉釜など様々な茶釜の高価買取・査定が可能です。不要な茶釜の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

茶釜の買取相場

品名買取相場
茶釜 釜師 大西清右衛門 丸茶釜 18,000~120,000円
茶釜 人間国宝 角谷一圭 六瓢 60,000~120,000円
茶釜 釜師 十二代加藤忠三郎 やつれ風炉 5,000~20,000円
茶釜 釜師 高橋敬典 象嵌斑銅蓋 8,000~25,000円
茶釜 鋳金師 一乗軒 大島如雲 分福 20,000~90,000円
茶釜 釜師 和田美之助 平丸釜 20,000~33,000円
茶釜 釜師 鈴木盛久 釜鐶付 20,000~35,000円
茶釜 和田美之助 20,000~48,000円

茶釜の買取実績

                  茶釜の買取実績
  • 釜師 菊地政光 刷毛目姥口釜 茶釜
    釜師 菊地政光 刷毛目姥口釜 茶釜 買取価格 10,000円
  • 茶釜 高橋敬典作 筒釜 共箱付き
    茶釜 高橋敬典作 筒釜 共箱付き 買取価格 12,000円
  • 茶釜 純金製霰風炉釜
    茶釜 純金製霰風炉釜 買取価格 20,571,120円
  • 茶釜 高橋敬典作 雲龍釜
    茶釜 高橋敬典作 雲龍釜 買取価格 15,000円
  • 茶釜 唐銅朝鮮風炉釜
    茶釜 唐銅朝鮮風炉釜 買取価格 15,000円
  • 茶釜 釜師大國藤兵衛作 肩衝釜
    茶釜 釜師大國藤兵衛作 肩衝釜 買取価格 10,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 親族から譲り受けた茶釜を売却したい
  • 作者不明の茶釜の価値を知りたい・無料で査定してほしい
  • 古い茶釜の買取相場が知りたい
  • 亡父の茶釜コレクションのを出張買取に来てほしい

ご安心ください!
茶釜買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

茶釜を高く売る方法|買取のポイントは?

茶釜を高く売る方法

茶釜を高く売りたいなら、茶道具の価値と歴史を知っているプロの鑑定士に依頼しましょう。

茶釜の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

茶の湯の席で、はじめからおしまいまでその場に存在する茶釜は鉄の風合いやフォルム、お湯の沸く音を楽しむ茶道具です。
買取を検討されている方は、茶道具や茶道の歴史に詳しく、価値を正しく鑑定できるプロの買取業者に相談しましょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

茶釜や南部鉄器の茶道具は、共箱や化粧箱に収められていることがあります。この箱には工房名や作家の銘が入っていることが多いので、鑑定に出す時は一緒につけて依頼しましょう。
査定額を左右するケースもあるので、保証書や作家に関する書類がついている場合もそろえて出すようにしてください。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

茶釜は茶道具買取を積極的に実施している買取店に鑑定してもらうと、高額査定されやすくなります。
重い茶釜を複数店に見積もってもらうのはたいへんですが、LINE査定やメール査定なら写真のみで簡易的な鑑定をしてもらうことも可能なので、いくつか無料鑑定を利用してみてください。

信頼できる茶釜の買取業者の選び方

信頼できる茶釜の買取業者の選び方

茶釜の査定は、茶道具の無料鑑定をしている業者茶道具の無料鑑定をしている業者茶道具の無料鑑定をしている業者買取実績の多い業者に依頼しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

見積もりは多くの買取店が無料で実施していますが、なかには不当に高額な査定料を設定している買取業者もいます。
悪質な業者に遭遇しないように、事前確認はしておきましょう。問い合わせ時に査定の流れと必要な費用について質問し、安心して鑑定を受けられるようにしてください。

茶釜の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

茶釜や茶道で用いる茶道具の買取実績は、買取店のサイトや口コミ比較サイト、SNSなどをリサーチすると見ることができます。
茶釜の買取実績が多いほど茶道具に対する知識や経験が豊富で、価値ある茶釜を高く買い取ってくれる可能性が高いでしょう。たくさんの買取業者のなかからそんな買取業者を見つけてください。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

茶釜について

茶釜は、その佇まいを味わうだけでなくお湯の沸く音も松風、松声(しょうせい)、松籟(しょうらい 松風のこと)に例えて味わいます。茶釜を作る職人は釜師といい、重要無形文化財いわゆる人間国宝に指定されている釜師には、長野垤志、高橋敬典などがいます。当初、天命、芦屋、京釜の3ヶ所のみで作られていましたが、江戸時代からは関東地方のさまざまな場所で作られるようになりました。もっとも古い歴史をもつのは平安時代から製造されていたとされる天命で、比較的自由な形状が特徴です。地肌はほかの2種類と比べるとやや粗めになっています。芦屋は、鎌倉時代から江戸時代初期まで製造されていた茶釜で、地肌は鯰肌と呼ばれるなめらかな風合いになっています。無地の茶釜だけでなく、風景や動物、幾何学模様が施されている茶釜もあります。茶人の依頼を受け、いわばオーダーメイドのような形で作られていたのが京釜です。茶釜の職人組合に注文が出され、職人たちが茶人の意向にそって作り上げました。そのため、職人名が明らかな場合が多くみられます。しかしながら、名品とされる茶釜は無地で一見すると特徴のないものも多く、名工が暗号のような印のみを残していることもあります。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定