茶入・茶壺の買取・査定相場

茶入の買取

茶入・茶壺買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な茶入の価値を査定いたします。福助では様々な茶入の高価買取・査定が可能です。不要な茶入の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

茶入・茶壺の買取相場

品名買取相場
茶入 人間国宝 三浦小平二 青磁 20,000~180,000円
茶入 李朝 白磁 5,000~180,000円
茶入 文化勲章 藤田喬平 手吹ヴェニス 10,000~45,000円
茶入 安倍安人作 備前 20,000~130,000円
茶入 人間国宝 山本陶秀 備前焼 12,000~20,000円
茶入 秦蔵六 蔵六居造 錫製茶心壷 30,000~60,000円
茶入 石黒光南作 純銀霰 40,000~130,000円
茶入 人間国宝 中島宏造 10,000~35,000円

茶入・茶壺の買取実績

                  茶入の買取実績
  • 三和休和 茶入 銘 寿正
    三和休和 茶入 銘 寿正 買取価格 36,000円
  • 清代 新渡唐草染付茶壺
    清代 新渡唐草染付茶壺 買取価格 12,000円
  • 慶鐘堂製 錫製茶入
    慶鐘堂製 錫製茶入 買取価格 4,000円
  • 牙蓋付き廣口茶入
    牙蓋付き廣口茶入 買取価格 5,000円
  • 中国古玩 大心康煕年製 釉裏紅茶入
    中国古玩 大心康煕年製 釉裏紅茶入 買取価格 50,000円
  • 新倉晴比古 義屋蔓 肩衝茶入
    新倉晴比古 義屋蔓 肩衝茶入 買取価格 10,000円
  • 茶入 花鳥文古錫茶心壺
    花鳥文古錫茶心壺 買取価格 75,000円
  • 前田正博作 金銀彩色絵茶心壺
    前田正博作 金銀彩色絵茶心壺 買取価格 30,000円
  • 象牙蓋付き肩衝茶入
    象牙蓋付き肩衝茶入 買取価格 8,000円
  • 森川賢道作 銀製蝋型茶壺
    森川賢道作 銀製蝋型茶壺 買取価格 22,000円
  • 十二代 田原陶兵衛造 萩茶入
    十二代 田原陶兵衛造 萩茶入 買取価格 25,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 親族から譲り受けた茶入を売却したい
  • 作者不明の茶心壺の価値を知りたい・無料で査定してほしい
  • 古い茶入の買取相場が知りたい
  • 亡父の茶入コレクションのを出張買取に来てほしい

ご安心ください!
茶入買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

茶入・茶壺を高く売る方法|買取のポイントは?

茶入・茶壺を高く売る方法

茶入を高く売りたいなら、唐物の骨董品や茶道具の価値を正しく査定できる鑑定士に依頼しましょう。

茶入・茶壺の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

抹茶を入れる器として茶の湯で使われる茶入は、蓋と茶入れを包む仕覆にもそれぞれ価値があります。特に、古い裂地で作られた仕覆はそれだけで高値になることも。
茶入の価値を見逃さないプロの鑑定士に依頼して、正しく見極めてもらうようにしましょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

茶入の入った共箱や化粧箱、茶入についている但し書きや保証書は鑑定の際、重要な手がかりになります。
また、名品とされる茶入は別に挽家(ひきや)という入れ物を誂えることもあり、これも鑑定の際は重要な付属品となります。一緒にそろえて出すようにしましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

複数の買取業者に見積もりを依頼することを相見積もりといいます。相見積もりを取ることで、茶入の相場を知ることができ、価値を客観的に見ることができるので無料見積もりを申し込んでみましょう。
いくつか査定額を得たところで、もっとも高額に買い取ってくれる買取店に売却しましょう。

信頼できる茶入・茶壺の買取業者の選び方

信頼できる茶入・茶壺の買取業者の選び方

茶入の査定は、茶道に詳しく、茶道具の無料鑑定をしている業者買取実績のある業者に依頼しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

東京都内には多くの買取店がありますが、そのほとんどが無料鑑定を実施してます。ですが、少数ながら騙して買取を行う悪質な業者がいるので、遭遇しないようにしてください。
事前に買取店の問い合わせフォームで、「査定にかかる費用」、「査定の流れ」について質問しておくとスムーズです。

茶入の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

茶入、茶器といった茶道に使う道具は、鑑定に歴史的な知識と審美眼を要します。買取実績が豊富で鑑定経験を数多く積んだ買取業者の方が、価値をしっかりと見極められるので、実績を事前リサーチして良い買取店を見つけましょう。
買取店のサイトやSNSで、買取実績が見られます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

茶入について

茶入は、蓋と仕覆と呼ばれる包む布地の3つから成り立ちます。蓋は牙蓋(げぶた)という象牙製のものがもっとも価値が高く、仕覆は古い裂地でできているものに希少価値があります。茶入と蓋、仕覆はそれぞれ独立しており、同じ茶入でも仕覆を着せ替えることでまた違った印象になります。茶の湯に茶入が登場したのは、室町時代に入ってからとされています。茶入には、もっとも代表的な「肩衝茶入」、丸みを帯びた形状の「文琳茶入」、その名の通りくびれのある「茄子茶入」、口の広い「大海茶入」、文琳からやや首を伸ばしたような形状の「丸壷茶入」、首の長い「鶴首茶入」など、かたちによって名称が変わります。一般的に最上級品の茶入は唐物とされていますが、備前、唐津やガラス製の茶入も違った魅力があり、さまざまな種類の茶入が茶道具として親しまれています。茶入自体は小ぶりな茶道具ですが、さまざまな形状や種類を愛でて楽しむことも、茶の湯の嗜みのひとつといえるでしょう。戦国時代には空前の茶の湯ブームという影響もあり、茶入ひとつが国ひとつに匹敵するほどの価値をもつこともありました。備前焼の重要無形文化財、いわゆる人間国宝の陶芸家藤原雄も、見事な茶入を世に送り出しています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定