茶杓の買取・査定相場

茶杓の買取

茶杓買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な茶杓の価値を査定いたします。福助では様々な茶杓の高価買取・査定が可能です。作家や価値の分からない茶杓の査定や、不要な茶杓の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

茶杓の買取相場

品名買取相場
茶杓 人間国宝 黒田辰秋 10,000~90,000円
茶杓 表千家 即中斎 自作 40,000~100,000円
茶杓 裏千家 鵬雲斎 自作 20,000~90,000円
茶杓 山田宗偏 共筒 35,000~70,000円
茶杓 小堀遠州 40,000~100,000円
茶杓 千利休 作 90,000~250,000円
茶杓 金森宗和 自作 55,000~160,000円
茶杓 円能斎 自作 40,000~180,000円

茶杓の買取実績

                  茶杓の買取実績
  • 雷光造 純銀竹節茶杓
    雷光造 純銀竹節茶杓 買取価格
  • 裏千家流歴代茶杓
    裏千家流歴代茶杓 買取価格
  • 柿慶作 春雨庵茶杓
    柿慶作 春雨庵茶杓 買取価格
  • 梅ノ木茶杓 銘 飛梅
    梅ノ木茶杓 銘:飛梅 買取価格 5,000円
  • 井口海仙 銘_洗心 吉田高仙 茶杓
    井口海仙 銘_洗心 吉田高仙 茶杓 買取価格 10,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い茶杓を処分したい
  • 所有している茶杓が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた茶杓の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた茶杓を、まとめて売りたい

ご安心ください!
茶杓買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

茶杓を高く売る方法|買取のポイントは?

茶杓を高く売る方法

茶杓を高く売りたいなら、茶道に通じ茶道具の価値を正しく査定できる鑑定士に依頼しましょう。

茶杓の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

銘のつけられた名品も多く、筒に収められているものも多い茶杓は、お茶の会の度に作られていた時代もあり古い作品は希少価値が出ることもあります。
茶杓を高く買い取ってもらいたい時は、茶道具やお茶の歴史に詳しい専門の買取業者に依頼すると良いでしょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

茶杓は銘の入った筒とセットになっているものもあり、鑑定に出す際は共箱や筒などの付属品も重要になります。
作家についてのメモ、保証書のついている茶杓もあるので、そうした付属品はすべてそろえて見積もり査定に出すようにしましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

茶杓は価値ある茶道具であっても、お茶に詳しくない買取店に依頼するとそれほど高値がつかないこともあります。
そのため、東京都内の複数の買取店に問い合わせて相見積もりを取ることをおすすめします。無料見積もりでもっとも高い鑑定額を調査しましょう。

信頼できる茶杓の買取業者の選び方

信頼できる茶杓の買取業者の選び方

茶杓の査定は、無料鑑定をしている業者茶道具の買取実績の多い業者に依頼しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

無料鑑定をしているかどうかは、申し込みの際に確認できます。出張査定の場合、遠方は交通費などが査定額から差し引かれるケースもあるので事前にチェックしておくと安心です。
とはいえ、多くの買取業者は無料査定を実施しているのでご安心ください。

茶杓の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

茶道具一般や茶杓の買取実績が豊富な業者は、お茶の世界に詳しく茶道に使うものの価値を知る買取業者と判断できます。
買取店のサイトやSNS、口コミ比較サイトなどをリサーチすると買取実績を知ることができるので、事前に買取業者の実績についてチェックしてみてください。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

茶杓について

茶杓は、茶器に入れられた抹茶を茶碗に入れるために使うさじのことです。筒に入った状態で保管されており、銘のある茶杓は筒に銘が記されているのが一般的です。筒の銘も、茶杓を作った作家(茶人)がしたためることが多く、筒も含めて世界が完成するといっても良いでしょう。千利休は茶杓にこだわりをもっていたとされており、手ずから削ることを茶の湯の嗜みのひとつに加えたのも千利休といわれています。とはいえ、千利休の求める茶杓はやはり至高のもので、下削りと呼ばれる茶杓の削りに協力する職人を10人以上抱えていたと伝えられています。茶杓の素材は竹が一般的ですが、象牙やべっこう、水牛の角、金属製やガラス製のものもあり、また、蒔絵が施され化粧箱に入った華やかな茶杓もあります。茶杓は、各部に見所とする名称があり、持ち手を節下(節余り)、抹茶をすくう櫂先を節上、それらをつなぐ部分を節と呼び、鑑賞して楽しみます。茶道の世界では、茶会の度に新しく茶杓を作るという文化もあり、骨董品としての価値がある茶杓は現存している数が非常に少ないと考えられています。すくう櫂先の形状には、丸形、一文字形、剣先形、宝珠形、平丸形などいくつかの種類があり、茶道の流派によって違いがあります。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定