茶碗の買取・査定相場

茶碗の買取

茶碗買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な茶碗の価値を査定いたします。福助では様々な茶碗の高価買取・査定が可能です。作家や価値の分からない茶碗の査定や、不要な茶碗の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

茶碗の買取相場

品名買取相場
茶碗 中里無庵(十二代中里太郎右衛門)造 唐津 共箱付き 40,000~100,000円
茶碗 人間国宝 松井康成 練上 40,000~120,000円
茶碗 人間国宝 清水卯一 青瓷重複冰裂 20,000~120,000円
茶碗 人間国宝 三輪休和(十代休雪)萩割 10,000~160,000円
茶碗 中村康平 井戸 20,000~180,000円
茶碗 明時代 祥瑞染付 80,000~230,000円
茶碗 瀬戸毅己 曜変天目 200,000~450,000円
茶碗 朝鮮 李朝中期 40,000~150,000円

茶碗の買取実績

                  茶碗の買取実績
  • 四代 楽一入 黒茶碗 銘 撫子
    四代 楽一入 黒茶碗 銘 撫子 買取価格 70,000円
  • 十二代 坂倉新兵衛 萩茶碗 銘 笑福
    十二代 坂倉新兵衛 萩茶碗 銘 笑福 買取価格 32,000円
  • 小川長楽 黒茶碗
    小川長楽 黒茶碗 買取価格 17,000円
  • 杉浦康益作 彩文茶碗
    杉浦康益作 彩文茶碗 買取価格 10,000円
  • 紀州焼葵窯 寒川栖豊造 那智黒茶碗
    紀州焼葵窯 寒川栖豊造 那智黒茶碗 買取価格 10,000円
  • 中村真紀作ガラス茶碗
    中村真紀作 ガラス夏茶碗 買取価格 3,000円
  • 萬年文字茶碗(即中斎書付)
    萬年文字茶碗(即中斎書付) 買取価格 50,000円
  • 永樂善五郎作 銀竹茶碗
    永樂善五郎作 銀竹茶碗 買取価格 130,000円
  • 樂吉左衛門作 赤平茶碗他3点
    樂吉左衛門作 赤平茶碗他3点 買取価格 120,000円
  • 十三代坂田泥華作 萩茶碗
    十三代坂田泥華作 萩茶碗 買取価格 60,000円
  • 那波鳳翔 伊羅保茶碗 鵬雲斎箱書
    那波鳳翔 伊羅保茶碗 鵬雲斎箱書 買取価格 15,000円
  • 十代 大樋長左衛門 飴釉茶碗
    十代 大樋長左衛門 飴釉茶碗 買取価格 22,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い茶碗を処分したい
  • 所有している茶碗が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた茶碗の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた茶碗を、まとめて売りたい

ご安心ください!
茶碗買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

茶碗を高く売る方法|買取のポイントは?

茶碗を高く売る方法

価値の高い茶碗は、作品・作家の価値がわかる鑑定士に査定を依頼し、見積もり比較をしてから売りましょう。

茶碗コレクション品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

茶碗は、茶道では欠かせないお道具の一つです。
作家物や時代の古い作品は希少価値から買取相場が高額ですし、茶道具を多数扱っている買取店にとっては、高価買取をしてもすぐに次の買い手が見つかる人気の骨董品です。
ただし偽物も多い品のため、適正な買取価格を知るには目利き鑑定士に無料査定を依頼するのがいいでしょう。
ベテラン買取業者は真贋の見分け方がわかりますから、鑑定書がなくても高額で売却ができます。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

初めての茶碗買取なら、複数の買取店から見積もりを取り、金額を比べることが大切です。
茶碗のような骨董品は鑑定士・買取業者ごとに鑑定額が大きく異なります。
鑑定書付きの作家物でも高価買取の保証はないため、複数店の無料鑑定で買取価格を調べて、高い店に売るのがいいでしょう。
目利きの真贋判定が必要な白磁、古伊万里、九谷焼など価値の高い茶碗こそ、査定額の比較をすることで、損をしない売却ができます。

信頼できる茶碗の買取業者の選び方

信頼できる茶碗の買取業者の選び方

大切な茶碗を高く売りたいなら、「無料査定」「茶碗の買取実績が豊富」な業者を選びましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

茶碗の高価買取のためには、無料査定ができる買取店を探しましょう。目利き鑑定士のいる良心的な買取店は、基本的に見積もり査定でお金はもらいません。
査定はあくまでも作品の買取価格を提示するためですから、骨董品のプロが真贋判定をしても無料なのです。
しかしなかには高額な鑑定料・出張料を請求する買取業者もいますので、事前に無料鑑定かどうかを必ず聞いておきましょう。

茶碗の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう

買取実績が豊富な業者に依頼

茶碗の高値買取には、無料査定前に買取業者の実績を確認することが大切です。
これまでに多数の茶碗買取をしている業者は、作品と買取価格をホームページに掲載しています。事前に見ておけば買取相場の目安もわかりますし、売却したい茶碗の価値や鑑定額の予想がつくでしょう。
茶碗に鑑定書などがついていれば、鑑定士が出した見積もりに上乗せすることも可能です。
業者の買取実績を確認して、損のない売却を目指しましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

茶碗について

二代 徳田八十吉 深厚耀変茶碗

「茶碗」は茶道の中でも重要な茶器です。濃茶・薄茶を入れて立てるための陶器製・磁器製の器であり、美術品でもあります。お茶席の作法では、お茶を飲んだあと茶碗を鑑賞する時間がもうけられているからです。茶席に招かれた客は茶碗を拝見することで、亭主の考え抜いた演出を推測します。茶道における茶碗は単なる器ではなく、茶室を構成する重要な要素でもあるのです。また茶道の茶碗には「格」があり、とくに濃茶の茶事では茶碗の格が重んじられています。「一楽二萩三唐津」が基本で、「京都で作られた、楽焼」「山口県萩市で作られた、萩焼」「佐賀県唐津市で作られた、唐津焼」の茶碗がふさわしいとされているのです。茶碗の絵柄では季節感が重要。実際の季節をすこし先取りしたものが用いられ、たとえば冬の茶席では少し時期が早くても梅の絵付けを出したり、夏に中秋の名月やススキ、桔梗の茶碗を使ったりします。招いたお客さまに春の訪れや涼を感じてもらう事が目的です。茶道で使われる抹茶椀には種類が多く、有田焼や黄瀬戸、色絵の仁清写(にんせいうつし)などがあります。茶席にふさわしい茶碗は表千家・裏千家など流派によってことなりますので、茶碗選びには繊細な注意が必要です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定