花入の買取・査定相場

花入(花瓶)の買取

花入(花瓶)の買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な花入の価値を査定いたします。福助では様々な花入の高価買取・査定が可能です。不要な花入れ・花瓶の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

花入の買取相場

品名買取相場
花入 人間国宝 加藤卓男 正倉院復元三彩彫文 60,000~100,000円
花入 西岡小十 朝鮮唐津 18,000~70,000円
花入 人間国宝 藤原雄 備前窯変 20,000~60,000円
花入 人間国宝 三代 徳田八十吉(正彦) 九谷焼 碧明耀彩 40,000~180,000円
花入 人間国宝 田村耕一作 ほたるぶくろ筒 30,000~75,000円
花入 黒田泰蔵 白磁 70,000~350,000円
花入 人間国宝 三浦小平二 青磁 80,000~150,000円
花入 景徳鎮製 染付大型 20,000~120,000円

花入の買取実績

                  花入の買取実績

花入(花瓶)

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古銅花入を処分したい
  • 所有している竹製の花入が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた池坊の花生けの買取相場が知りたい
  • コレクションしていた花瓶・花器を、まとめて売りたい

ご安心ください!
花入買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

花入を高く売る方法|買取のポイントは?

花入を高く売る方法

花入を高額で売却するには、作品の価値がわかる目利きに見てもらい付属品をそろえて売却することです。

花入の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

花入は無料鑑定依頼の多い骨董品です。茶席で使用される作家ものや、モダンなクリスタル花瓶などは人気があり、高価買取されます。
とくにマイセンなど西洋陶磁器の花瓶などは価値が高くて見積もりも高額ですから、売却時は経験豊富なベテラン鑑定士に査定を頼みましょう。
また大型花器は買取業者の出張買取を頼むのが大切です。ガラスや陶器の花瓶は重いですから、自宅で目利きに真贋鑑定してもらい、納得の買取価格で売りましょう。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

価値の高い作家ものの花入には、落款や署名入りの保管箱と鑑定書がついています。
これら付属品は買取業者の見積り額に大きく影響しますから、無料査定には作品と一緒に出しましょう。付属品があることで真贋判定が容易になり、買取店の鑑定額は高くなります。
目利き鑑定士なら付属品なしでも高価買取は可能ですが、箱や書類があるほうが望ましいです。引越し時などに、処分しないようにしましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

花瓶は、作家やブランドによって買取価格が異なります。また買取店によって鑑定額に差があるため、め、複数の買取店から見積もりを取って比較するのがおすすめです。
目利き鑑定士がいる買取業者ほど、作品の真贋・価値を見きわめ、高価買取が可能。
クリスタルの一輪挿しや古い陶器花入など買取相場がわからない骨董品の売却こそ、無料査定で複数の見積もりを取り、高値買取の買取店を選ぶことです。

花入の買取業者の選び方

信頼できる花入の買取業者の選び方

信頼できる花入の買取業者は、査定が無料で、これまでの花入の買取実績が豊富な業者です。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

花入の売却では、無償査定・無料鑑定の買取店に見積もりを頼みましょう。ほとんどの買取業者は、売却希望の作品を無料で鑑定士が見て、鑑定額をつけてくれます。
作家ものの花入なら目利きが真贋を見分け、買取相場に応じた価格を提示しますから、お手元のガラス・陶器花入の価値を知る絶好の機会です。
ただし業者によっては出張買取で「出張費」「鑑定料」を請求することがありますので、注意しましょう。

花入の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

花入や花瓶は作家も作品スタイルも豊富な骨董品。売却時には買取実績の多い買取業者に無料査定を頼みましょう。価値の高い壺を多数買取できるのは、目利き鑑定士がいるからです。
目利きはきちんと花入の真贋を見て高価買取をします。ですから出張査定でもがどんどん上がるのです。
アンティーク花入の無料鑑定前には業者のホームページをチェックすること。花入・花瓶の買取実績が多く、買取価格が高い買取店は安心です。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

花入について

花入について

茶道具の中でも、花入は茶室を飾る重要な要素です。掛け軸とともにお客をもてなすための演出で、どのような花をどの花入で飾るかは亭主の裁量です。銅器類は唐銅や青銅で作られた花器のこと。銅や錫の合金製で、中国から来た「唐物」がとくに珍重されます。陶器類は釉薬のかかっている和物がよいとされており、瀬戸焼が良く使われます。より砕けた形式の茶席では、釉薬のかかっていない備前焼や信楽焼の花入もふさわしいものです。木工類は、竹花入や籠花入、瓢花入が含まれます。竹花入は千利休が広めたといわれ、竹から作られるもの。切り出した竹の上部に花を入れるための窓が開かれている素朴な形です。籠花入は竹や藤のつるを素材にして籠を編んで作ります。ただし、この籠花入は使用できる期間が決まっています。涼しげな外見から夏の茶席に使うものとされ、5~10月の夏季に飾られるものです。花入は茶室の床の間に置いたり、壁に掛けたり、天井からつるしたりして使用します。季節の花を入れて招いた客に季節を感じてもらうという、茶道ならではのもてなしの心をあらわす茶道具です。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定