香合の買取・査定相場

香合の買取

香合買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な香合の価値を査定いたします。福助では様々な香合の高価買取・査定が可能です。不要な香合の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

香合の買取相場

品名買取相場
香合 人間国宝 寺井直次 蒔絵 40,000~180,000円
香合 鈴木光入 蒔絵 6,000~35,000円
香合 葉山有樹 細密唐草文 8,000~30,000円
香合 内田鋼一 6,000~20,000円
香合 箱瀬淳一(祥明) 切株   5,000~10,000円
香合 十四代酒井田柿右衛門 濁手 45,000~80,000円
香合 荒川豊蔵 志野 30,000~90,000円
香合 福島武山 九谷赤絵山 30,000~70,000円

香合の買取実績

                  香合の買取実績
  • 畦地多喜翁作 乾漆茄子香合
    畦地多喜翁作 乾漆茄子香合 買取価格 4,000円
  • 西岡小十作 絵唐津香合
    西岡小十作 絵唐津香合 買取価格 6,000円
  • 穣雲作 輪島塗内梨地香合
    穣雲作 輪島塗内梨地香合 買取価格 6,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 親族から譲り受けた香合を売却したい
  • 作者不明の香合の価値を知りたい・無料で査定してほしい
  • 古い香合の買取相場が知りたい
  • 亡父の香合コレクションのを出張買取に来てほしい

ご安心ください!
香合買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

香合を高く売る方法|買取のポイントは?

香合を高く売る方法

香合(こうごう)を高く売りたいなら、茶道具や漆器を正しく査定できる鑑定士に依頼しましょう。

香合の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

香合(こうごう)は、茶の湯の際にお香を入れておくために使われます。場や季節に応じて漆器、青磁などの陶磁器を使い分けて楽しむため、コレクションする人も少なくありません。
手放す際はその価値を鑑定できる専門の買取業者に相談してみましょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

香合はデリケートな漆器の製品もあり、作家ものの場合は保存のための箱にも作家名が記されていることがあります。
こうした共箱や化粧箱は、香合を鑑定する時に重要な手がかりになるのでそろえて査定してもらうようにしましょう。保証書類なども誤って捨てないように気をつけてください。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

香合は、茶道具買取を積極的に実施している買取業者に依頼すべきです。しかし買取相場を理解しないと、どのくらいが高額査定なのかイマイチ分かりにくいかもしれません。
そんな時には、複数の買取店から相見積もりを取りましょう。査定は無料で申し込みできます。

信頼できる香合の買取業者の選び方

信頼できる香合の買取業者の選び方

香合の査定は、茶道具の無料鑑定をしている業者買取実績の多い業者に依頼しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

東京都内の買取業者の多くは、無料査定を実施しています。ですが、遠方への出張鑑定や鑑定書発行依頼というオプションは有料という買取店もあるので、事前に必要な費用についてチェックしておくと安心です。
事前の問い合わせで知りたいことは聞いておきましょう。

香合の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

香合や南部鉄器、茶器といった茶道具の買取実績をネットで探してみてください。
買取実績の豊富な買取業者ほど、茶道に詳しく、お茶の道具の価値を正しく知っているといえます。
買取店のサイトで買取実績や茶道具のコラムなどを読むとその買取業者の鑑定眼が分かります。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

香合について

香合について

香合(こうごう)は、茶の湯をさらに楽しむための茶道具のひとつです。香合は蓋のついた小さな器で、漆器、陶磁器、金属製などさまざまなタイプがあります。お香をたく習慣そのものは仏教とともに日本に伝わり、飛鳥時代から人々はお香をたくようになったといわれています。茶の湯に取り入れられたのは室町時代で、当初は棚飾りとして置かれていました。当時の香合はほとんどが輸入の唐物陶磁器で、信楽や備前で陶磁器の香合が作られるようになったのは桃山時代になってからといわれています。漆器の香合は、江戸時代になってから盛んに作られるようになりました。
一般的に季節によって使う香合は変わりますが、ハマグリなどの貝類や金属製の香合は季節を問わず通年で使われることもあります。11〜4月は練香を使うため、青磁などの陶磁器でできた「炉」を香合として用います。練香は湿気があり木製製品や漆器を損なうため、陶磁器の香合が適しています。5〜10月は、香木をお香として用いるため、漆器の香合「風炉」を用います。漆器には蒔絵を施した華やかなものもあり、香りとともにその見た目を楽しみます。茶の湯でも、主人にことわって客が香合を拝見しますが、現在では香合をインテリアとして楽しむ人も多くいます。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定