急須の買取・査定相場

急須の買取

急須買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。
鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な急須・茶銚の価値を査定いたします。

福助では様々な急須の高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

急須の買取相場

品名買取相場
急須 朱泥 恵孟臣 大振 50,000~250,000円
急須 入江光人司 備前焼 手造り宝瓶 80,000~23,000円
急須 山本広巳 萬古焼 20,000~150,000円
急須 常滑焼 吉川雪堂 朱泥 50,000~280,000円
急須 暁芳窯 曉芳窯 台湾茶器 80,000~150,000円
急須 青木木米 南蛮写 80,000~180,000円
急須 高橋道八 南蛮横手 40,000~200,000円
急須 石井不老 備前焼 南蛮横手 70,000~120,000円

急須の買取実績

                  急須の買取実績
  • 鼎盛監製 朱泥急須一対
    鼎盛監製 朱泥急須一対 買取価格 80,000円
  • 急須 二代間野舜園作 常滑焼茶注
    急須 二代間野舜園作 常滑焼茶注 買取価格 15,000円
  • 急須 二代間野舜園作 常滑焼四方茶注
    急須 二代間野舜園作 常滑焼四方茶注 買取価格 25,000円
  • 急須 孟臣作の朱泥茶瓶など煎茶茶銚5点
    急須 孟臣作の朱泥茶瓶など煎茶茶銚5点 買取価格 120,000円
  • 急須 孟臣款朱泥茶瓶
    急須 孟臣款朱泥茶瓶 買取価格 95,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の朱泥急須を処分したい
  • 所有している茶瓶・急須が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた急須・茶銚の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた三友居、恵孟臣、道八などの急須を、まとめて売りたい

ご安心ください!
急須・茶銚買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

急須を高く売る方法|買取のポイントは?

急須を高く売る方法

日本や中国の急須・茶銚を高額で売却する方法気をつけるコツをご紹介します。

急須の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

急須・茶銚は日本の常滑焼から、中国の急須まで、さまざまな種類があり、骨董品としての価値も高いものです。
ヤフオクなどでも取引されていますが、茶器の鑑定に長けた買取業者に査定依頼をした方が高額買取が見込めるでしょう。
急須・茶銚の売却を検討しているなら、プロに査定を任せてくださいね。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

急須・茶銚の中でも、骨董品や高級な品物は共箱に収められていることがあります。また、保証書や但し書きがついたものもあるでしょう。
こうした急須・茶銚の場合は、査定時に付属品として共箱をそろえて出すようにしてください。
複数の急須を買取に出す場合は、本体と入れ物を取り違えないように気をつけましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

急須・茶銚の買取相場は、需要と供給のバランスや買取業界の流行によって変動します。買取を思い立ったらまずは複数店に相見積もりを取ってみましょう。
買取金額を比較することで、急須・茶銚の現在の相場や買取価格の違いが分かるはずです。
買取価格が同じくらいの場合は、買取店の対応や買取業者の知識、査定のスムーズさといったポイントをチェックして預ける買取店を決めるようおすすめします。

信頼できる急須の買取業者の選び方

急須の買取業者の選び方

急須・茶銚の売却は、査定を無料で行っている実績と知識豊富な買取店を選んで任せましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

多くの買取店は無料査定を実施していますが、悪質な買取店もあります。
特に問題なのは査定をした後で不当に手数料を要求してくる業者で、こうした業者とトラブルにならないためには事前の確認が必要になります。
申し込み前に、出張料や鑑定料、鑑定書発行手数料など査定にかかるお金を尋ねておくと安心できるでしょう。

急須の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

急須・茶銚の買取実績をインターネットで検索してみてください。買取店の実績ページやSNSに多くの茶道具買取の実績を掲載している店舗は信頼できます。
また、骨董品に関するコラムや茶道具、急須、鉄瓶などの解説記事が掲載されているサイトをもつ買取業者も、知識豊富といえます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

急須について

急須について

「急須・茶銚(きゅうす・ちゃちょう)」は、煎茶道で使われる茶道具のひとつです。急須・茶銚とも素焼き、磁器のものがあり、磁器のなかには華麗な絵付けがされている品もあります。急須と茶銚の違いは形にあり、手で持つ部分が注ぎ口から見て横にあるデザインが「急須」で「横手」とも呼ばれるもの。形は一般家庭で使用する急須と同じですが、煎茶道の急須は手のひらに乗る小さなサイズです。「茶銚」は持ち手と注ぎ口が一直線にあるティーポット型。「後手」といいます。中国では明~清時代に茶葉のお茶をたしなむ煎茶文化が広がり、多数の茶銚が制作されました。江蘇省(こうそしょう)・宜興(ぎこう)は良い土がとれるため、多数の名工房が生まれた場所。中国語で「紫砂茶壺(しさちゃこ)」という宜興窯の茶銚のなかには、日本でも中国でも珍重される逸品が数多く残されています。なお煎茶道の茶道具は流派によって呼び名がことなり、同じ急須・茶銚でも「茶瓶(ちゃへい)」、「茗瓶(みょうへい)」「茶壺(ちゃこ)」「湯銚(とうちょう)」と変わるので注意が必要です。また流派のなかには急須を使わず、後手の茶銚のみを使用するところもあります。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定