水指の買取・査定相場

水指の買取

水指買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な水指の価値を査定いたします。福助では様々な水指の高価買取・査定が可能です。不要な水指の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

水指の買取相場

品名買取相場
水指 人間国宝 三代山田常山作 10,000~100,000円
水指 人間国宝 吉田美統 釉裏金彩 24,000~70,000円
水指 真葛香斎 40,000~180,000円
水指 金重晃介 備前耳付 12,000~60,000円
水指 人間国宝 井上萬二 白磁 10,000~60,000円
水指 川喜田半泥子 40,000~180,000円
水指 人間国宝 近藤悠三 染付 36,000~60,000円
水指 藤田喬平 手吹 25,000~40,000円

水指の買取実績

                  水指の買取実績
  • 二代中村翠嵐造偕楽園写寿の字水指
    二代中村翠嵐造偕楽園写寿の字水指 買取価格 10,000円
  • 大川薫 玻璃水指
    大川薫 玻璃水指 買取価格 10,000円
  • 十四代辻常陸 有田焼染付狩猟文水指
    十四代辻常陸 有田焼染付狩猟文水指 買取価格 12,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 親族から譲り受けた水指を売却したい
  • 作者不明の水指の価値を知りたい・無料で査定してほしい
  • 古い水指の買取相場が知りたい
  • 亡父の水指コレクションのを出張買取に来てほしい

ご安心ください!
水指買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

水指を高く売る方法|買取のポイントは?

水指を高く売る方法

水指を高く売りたいなら、茶道に詳しく茶器などの価値を正しく査定できる鑑定士に依頼しましょう。

水指の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

水指(水差)は信楽や備前など陶磁器製のものが一般的ですが、ガラス製や木製のものも出回っており、一見して価値を見極めるのが難しいアイテムです。
そのため、売却を検討する際は茶道に詳しく茶道具を多く鑑定しているプロの買取業者に相談するようにしましょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

水指(水差)は作家名の記された共箱や化粧箱に入っているもの、保証書が付属しているものなどがあります。
箱や保証書関係の書類は、作家ものの水指を鑑定するのに重要な手がかりになるため、すべて付属品をそろえた状態で鑑定してもらうようにしましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

価値ある水指(水差)は、茶道具の買取を得意とする買取店に査定を依頼すると高額で売却しやすくなります。
茶道具が得意な買取業者を見つけるため、また全体の買取相場を知るために、複数の買取店に相見積もりを申し込んでみましょう。
無料で実施している買取店に問い合わせると、見積もりをもらえます。

信頼できる水指の買取業者の選び方

信頼できる水指の買取業者の選び方

水指の査定は、茶道具の無料鑑定をしている業者買取実績の多い業者に依頼しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

東京都内で買取業者をセレクトする時は、無料鑑定を実施している買取店を探すようにしましょう。無料査定をしているかどうかは、事前の問い合わせで確認できます。
査定申込の際は、「鑑定の流れ」と「査定にかかる費用」についてチェックしておくと安心です。出張査定や鑑定書発行を依頼したい時は、その費用についても確認をお忘れなく。

水指の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

水指(水差)や茶器、茶道で用いる道具一般を数多く買取している買取業者は、茶道具の価値をよく知る鑑定経験豊富な買取店と判断できます。
買取実績はサイトやSNSを調べると閲覧することができますので、リサーチしてみましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

水指について

水指(水差 みずさし)は、茶道に用いられる茶道具です。もっとも一般的なのは陶磁器でできた円筒形の水指で、点前の際、茶釜に水を足す、茶碗を洗い清めるなどといった時に使います。水器と呼ばれることもあり、英語では、Water jugと説明することが多いようです。流派によって、点前の前後に運び入れ運び出す「運び」、あらかじめすえて置く「置き」と、水指の扱いは分かれます。また、季節によって夏にはなみなみと水をたたえる、晩秋には水が客からあまり見えないようにすえるなど、細かな違いもあります。室町時代には、唐物、青磁、金属、真塗(黒漆)の手桶といったものが水指として使われていましたが、以後は信楽、織部、備前など陶磁器製の水指が用いられるようになっていきます。華やかな柄のものだけでなく、わびさびの精神を感じられる一見粗末な印象を受ける水指しも好まれます。江戸時代には、南蛮貿易により文人趣味の花鳥図を描いた水指から、小染付と称するわびさびを体現した水指までが多く輸入されるようになりました。形状も円筒形だけでなくさまざまなフォルムの水指が使われるようになっていきます。現在は、夏に涼しげなガラスの水指を用いることも。水指を選ぶことも、点前における目を楽しませるもてなしのひとつとして今も根づいています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定