棗の買取・査定相場

棗の買取

棗買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な棗の価値を査定いたします。福助では棗の高価買取・査定が可能です。作家や価値の分からない棗の査定や、不要な棗の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

棗の買取相場

品名買取相場
棗 人間国宝 増村益城 根来棗 10,000~24,000円
棗 清瀬一光作 秋草蒔絵平棗 25,000~120,000円
棗 人間国宝 北村昭斎 秋草螺鈿八角棗 15,000~30,000円
棗 加賀蒔絵 細川司光 螺鈿内金地蒔絵大棗 20,000~40,000円
棗 中村宗伊 蔦蒔絵大棗 6,000~18,000円
棗 人間国宝 松田権六 山水大棗 40,000~120,000円
棗 高木治良兵衛 純錫 鎚目棗 8,000~20,000円
棗 中村宗哲 嵯峨蒔絵黒搔大棗 65,000~110,000円

棗の買取実績

                  棗の買取実績
  • 細川司光作 誰ヶ袖蒔絵大棗 内銀地
    細川司光作 誰ヶ袖蒔絵大棗 内銀地 買取価格 20,000円
  • 細川司光作 誰ヶ袖蒔絵大棗
    細川司光作 誰ヶ袖蒔絵大棗 買取価格 16,000円
  • 朱甫作 扇面流し蒔絵大棗 表千家十四代・而妙斎書付
    朱甫作 扇面流し蒔絵大棗 表千家十四代・而妙斎書付 買取価格 22,000円
  • 加賀蒔絵師・竹内幸斎作 塩釜蒔絵大棗
    加賀蒔絵師・竹内幸斎作 塩釜蒔絵大棗 買取価格 6,000円
  • 江端俊造 萩芝蒔絵棗
    江端俊造 萩芝蒔絵棗 買取価格 5,000円
  • 加賀蒔絵師 田村一舟作の蒔絵平棗
    加賀蒔絵師 田村一舟作の蒔絵平棗 買取価格 80,000円
  • 一瓢斎 住吉蒔絵大棗 鵬雲斎宗匠箱
    一瓢斎 住吉蒔絵大棗 鵬雲斎宗匠箱 買取価格 35,000円
  • 竹器師 黒田宗傳造 桐竹蒔絵 大棗 井口海仙書付
    竹器師 黒田宗傳造 桐竹蒔絵 大棗 井口海仙書付 買取価格 10,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い棗を処分したい
  • 所有している棗が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた棗の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた棗を、まとめて売りたい

ご安心ください!
棗買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

棗を高く売る方法|買取のポイントは?

棗を高く売る方法

茶道具の棗を高く売りたいなら、お茶を知りその価値を正しく査定できる鑑定士に依頼しましょう。

棗の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

棗は、薄茶を入れるための道具で植物のナツメに似ていることからその名がつきました。
茶道具といってもインテリアとして楽しむ人も多く、骨董品としての価値が棗もたくさんあります。
そのため手放す際は、骨董品や茶道具の知識を豊富にもっている専門の鑑定士に依頼すると良いでしょう。

購入時の箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

棗は、共箱に入っていたり但し書きや保証書がついているものがあります。こうした付属品のある棗は、付属品の有無が査定額に影響を与えるアイテムも。
鑑定してもらう時には共箱や保証書類をすべてつけた状態で査定してもらうようにしましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

棗や茶道具買取を検討している場合は、無料見積もりを複数の買取店に依頼して相見積もりを取るようおすすめします。
買取店が算出した買取金額を比較することで、もっとも高額な査定額を出した買取業者に茶道具を売却することができるからです。
見積もり依頼は、買取店サイトの専用フォームのほかLINEなどからも申し込み可能です。

信頼できる棗の買取業者の選び方

信頼できる棗の買取業者の選び方

棗の査定は、茶道具や骨董品の無料鑑定をしている業者買取実績の多い業者に依頼しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

東京都内の多くの買取店は、無料で茶道具鑑定を実施しているのであまり心配する必要はないかもしれません。
ですが、一部の買取店は査定後に不当な鑑定料を要求したり押し買いをしたりするので少しだけ注意をしておいてください。
申し込み時に査定にかかる費用について確認しておけば、安心して買取依頼ができます。

棗の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

棗や茶道具買取に長けた買取業者に鑑定を依頼した方が、高額査定が期待できます。
買取業者のサイトや口コミ比較サイトをリサーチして、棗や茶道具の買取実績を探してみましょう。写真つきで掲載している買取業者は鑑定経験豊富な買取業者といえます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

棗について

細川司光作 誰ヶ袖蒔絵大棗

棗は、茶道具のひとつで抹茶を入れて使います。植物のナツメに形が似ていることから名前がつきました。お茶には濃茶と薄茶がありますが、棗にも濃茶用と薄茶用があります。また、人によっては濃茶の抹茶を入れる器を「茶入」、薄茶の抹茶を入れる器を「棗」と呼んで区別することもあります。サイズは大きく分けて3種類で、大棗、中棗、小棗と呼んで区別します。このほかに平棗(ひらなつめ)という形状の異なる棗があります。平棗は通常の棗よりも平たいフォルムで、碁笥(ごす 碁の入れ物)に似ています。素材は木地や竹や象牙が多くありますが、焼き物の棗も存在します。江戸時代には抹茶だけでなく梅の花などを入れていた記録があり、用途が茶器に限定されていない時代もありました。もともとは簡素なデザインが主流でしたが、次第に豪華な蒔絵が施されるようになりました。棗の塗り方にはいくつか種類があり、生漆に鉄分を加えた黒漆を使ったものは黒塗り、下地を朱色で、その上に半透明の透き漆を塗ったものを溜塗りといいます。塗りは使っているうちに朱色が色濃くなってくるため、長年使い込むことで味が出る塗り方といえます。形や塗り方が多様な棗ですが、価値は作家と塗り師で決まります。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定