煎茶道具の買取・査定相場

煎茶道具の買取

煎茶道具買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。
鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な煎茶道具の価値を査定いたします。

煎茶道はもともと中国から伝わった文化です。江戸時代中期の文化人によって茶道よりも気軽に楽しめるものとして広まった経緯があり、茶道具も独自の発展を遂げました。明治から大正、昭和にかけて多数の流派ができ、現在も小笠原流や黄檗松風流などがあります。なお伝来当初の煎茶道具は、ほぼすべて国から渡来したものでした。現在では国産の煎茶道具が多数ありますが、伝来当時のものは「唐具」といわれて珍重されています。
福助では様々な煎茶道具の高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

煎茶道具の買取相場

品名買取相場
煎茶道具 高信江造 古錫斑紋建水 30,000~75,000円
煎茶道具 加藤忠三朗 鉄瓶 40,000~70,000円
煎茶道具 歌代米斎 斑紫銅火鉢 40,000~72,000円
煎茶道具 王東文造 古錫茶心壷 20,000~40,000円
煎茶道具 萬古焼 楠山堂急須 25,000~80,000円
煎茶道具 玉井楽山 茶器揃 40,000~90,000円
煎茶道具 清風与平 色絵彩色急須 25,000~60,000円
煎茶道具 木村清五郎 南鐐菊割建水 20,000~35,000円

煎茶道具の買取実績

  • 煎茶道具 道八 青華 賢人図 煎茶碗 5客
    煎茶道具 道八 青華 賢人図 煎茶碗 5客 買取価格 38,000円
  • 煎茶道具 紫檀製透かし彫り煎茶盆
    煎茶道具 紫檀製透かし彫り煎茶盆 買取価格 50,000円
  • 煎茶道具 巧益造 純銀製南鐐青海皿
    煎茶道具 巧益造 純銀製南鐐青海皿 買取価格 40,000円
  • 煎茶道具 平安北峰作 草魚文煎茶碗五客
    煎茶道具 平安北峰作 草魚文煎茶碗五客 買取価格 15,000円
  • 煎茶道具 初代 三浦竹泉作 漢詩朱絵付煎茶碗五客
    煎茶道具 初代 三浦竹泉作 漢詩朱絵付煎茶碗五客 買取価格 18,000円
  • 煎茶道具 平安春峰作 草花色絵煎茶器セット
    煎茶道具 平安春峰作 草花色絵煎茶器セット 買取価格 20,000円
  • 煎茶道具 初代 三浦竹泉作 山水染付煎茶器揃
    煎茶道具 初代 三浦竹泉作 山水染付煎茶器揃 買取価格 25,000円
  • 煎茶道具 間野舜園 常滑焼 朱泥茶器セット
    煎茶道具 間野舜園 常滑焼 朱泥茶器セット 買取価格 12,000円
  • 煎茶道具 森川賢道作 蝋型鋳銀仙媒
    煎茶道具 森川賢道作 蝋型鋳銀仙媒 買取価格 5,000円
  • 煎茶道具 汲哉作 木彫り松の葉図盆
    煎茶道具 汲哉作 木彫り松の葉図盆 買取価格 160,000円
  • 煎茶道具 大日本永楽造 花草絵 横手急須 煎茶碗6客
    煎茶道具 大日本永楽造 花草絵 横手急須 煎茶碗6客 買取価格 20,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い煎茶道具を処分したい
  • 所有している煎茶道具が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた煎茶道具の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた煎茶道具を、まとめて売りたい

ご安心ください!
煎茶道具買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

煎茶道具を高く売る方法|買取のポイントは?

煎茶道具を高く売る方法

煎茶道具や茶器セットを高額で売却するために重要なポイントと、気をつけるべき点をご紹介します。

煎茶道具の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

煎茶道具は、中国茶器や抹茶を楽しむお茶セットなどさまざまなものがあります。
メルカリやヤフオクで急須が取引されている例もありますが、真に価値のある煎茶道具は、専門的な知識がある買取業者に任せた方が高額買取してもらいやすいので専門家に依頼しましょう。
著名な作家による煎茶道具や骨董品の茶器セットは、まず専門業者に鑑定を申し込むのも良いでしょう。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

作家の手による急須や茶器セットといった煎茶道具は、共箱に収められて保証書がついていることもあります。
こうした作品を売却する際は共箱、保証書、但し書きなどがすべてついた状態で査定してもらうようにしてください。
付属品の有無が査定額に影響を与えるケースも多く、真贋の見極めるための手がかりになることもあるからです。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

煎茶道具や骨董品のお茶道具は定価がなく、買取店の得意・不得意、抱えている販路などに応じて査定額が変わることがあります。
安い価格で処分して後悔しないよう、相見積もりを取りましょう。買取店への見積もり依頼は、専用フォームのほか、電話やメール、LINEからも行えるようになっています。
都内の複数の買取店で査定額を比較してみてください。

信頼できる煎茶道具の買取業者の選び方

信頼できる煎茶道具の買取業者の選び方

煎茶道具の買取を迷っているなら、査定を無料で実施してくれる実績豊富な買取店を選ぶべきです。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

無料査定かどうかは、事前の問い合わせで確認できます。煎茶道具によっては鑑定書を発行する必要もあり、この場合は手数料が発生することもあるので、よく確かめておきましょう。
また、出張査定は買取店の定めた範囲から外れると交通費など実費が計上されるケースもあるので、申し込み前に打ち合わせをしておくと安心ですね。

煎茶道具の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

煎茶道具や古美術品、骨董品の買取実績が豊富な買取業者は専門的な知識も豊かということになります。
買取業者のサイト、SNSといったインターネット情報をリサーチして、買取実績を検索してみましょう。
買取実績のほか、煎茶道具についての解説やミニコラムを多数掲載している買取店も、知識豊富と判断することができ、おすすめです。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

煎茶道具について

二代間野舜園作 常滑焼茶注

「煎茶道具」とは、煎茶道で使用する茶道具のことです。よく知られている茶道では粉状の抹茶を使いますが、煎茶道は茶葉の形の玉露や煎茶を使用します。茶道も煎茶道も、もともとは中国からやってきた文化ですが、煎茶道は日本で独自の展開を見せました。当初の煎茶道ではほとんどの道具が中国伝来のもの。「唐具」と呼ばれて現在でも希少価値があり、買取相場が非常に高額な骨董品です。煎茶道では茶道にはない茶道具があるのが大きな特徴です。たとえば「涼炉(りょうろ)」はコンロのこと。多くは素焼きのもので、上に急須をのせて使用します。なかには磁器製で、火のあたる部分だけ素焼きになっている美しい染付の涼炉があります。四角や八角形のものもあり、大きさのバリエーションも豊富な煎茶道具です。また煎茶道の茶碗は茶道の茶碗より小ぶりで、京焼などの磁器が多く古い染付がいいとされます。ほとんどの煎茶碗は内部が白。これはお茶の色が楽しめるようにという配慮からです。ちなみに煎茶道では茶道具の呼び方が流派ごとに異なります。茶碗も「茗碗(みょうわん)」や「茶盃(ちゃはい)」「茶盞(ちゃさん)」「茶鍾(ちゃしょう)」とさまざまな呼び名があるのです。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定