茶道具買取・査定なら東京の福助へ

茶道具

表千家、裏千家など三千家宗匠の書付がある作品(茶碗、茶杓、茶入れ、水差、風炉釜、棗)や、樂吉左衛門・永樂善五郎などの千家十職は特に高価買取が可能です。

茶道具の高価買取なら、買取福助にお任せください。
創業から64年に及ぶ信頼と多数の実績をもとに、表千家、裏千家など三千家宗匠の書付がある作品(茶碗、茶杓、茶入れ、水差、風炉釜、棗)や、樂吉左衛門・永樂善五郎などの千家十職まで鑑定歴20年以上、相場を熟知した専門の鑑定士が無料で査定いたします。
  • 茶道具買取の専門業者『買取福助』は創業から64年、豊富な買取実績
  • 茶道具の査定は無料、作家や価値のわからない作品も鑑定士が誠実査定
  • 選べる3つの買取方法、店舗での買取以外に出張・宅配での買取も可能
  • 東京都内(大田区・港区・品川区・目黒区・渋谷区・世田谷区)限定!無料出張

茶道具・煎茶道具買取実績・価格相場

  • 漢詩彫朱泥涼炉
    品名漢詩彫朱泥涼炉
    出張買取東京都世田谷区
    買取価格 130,000
  • 伊藤延年造/翡翠三連環叩横筋紋湯沸
    作者伊藤延年造
    品名翡翠三連環叩横筋紋湯沸
    出張買取東京都品川区
    買取価格 450,000
  • 前田正博作/金銀彩色絵茶心壺
    作者前田正博
    品名金銀彩色絵茶心壺
    店頭買取東京都港区
    買取価格 30,000

買取実績一覧

茶道具買取で福助がお客様に選ばれる「6つのポイント」

買取福助がたくさんのお客様に選ばれる、6つのポイント買取福助がたくさんのお客様に選ばれる、6つのポイント

  1. 茶道具の高価買取!

    高価買取!

    国内大手オークション会社顧問、美術品買取専門店だから出来る高価買取

  2. 目利きの鑑定士が在籍!

    目利きの鑑定士が在籍!

    骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、茶道具を誠実に鑑定いたします。

    鑑定士のご紹介

  3. 買取業者として64年の実績!

    買取業者として64年の実績!

    昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた64年続く信頼の実績で確かな買取を行います。

  4. 東京都内無料出張!

    東京都内無料出張!

    東京都内(港区・目黒区・大田区・品川区・世田谷区・渋谷区)は無料出張いたします。

    出張買取

  5. 便利な駅チカ 1階路面店舗!

    便利な駅チカ 1階路面店舗!

    東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便!

    店舗案内

  6. 査定無料・即日現金買取

    現金買取

    茶道具の査定・見積もりは無料!高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取いたします。

    査定の流れ

買取方法

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

茶道具の出張買取対応地域
茶道具の出張買取対応地域
港区目黒区品川区大田区世田谷区渋谷区
港区目黒区品川区
大田区世田谷区渋谷区

出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

鑑定士がチェックする3つのポイント!茶道具買取価格はこうして決まる!

1買取相場の高い茶道具の基本は”箱入り”

一般的に茶道具は箱入りの作品がほとんどです。裏蓋に歴代宗匠の「書付」がある場合は骨董品としての価値が高く、高値でお買取りいたします。書付は品物に対しての鑑定書としての役割を持ちます。

2同じ宗匠でも時期によって値段が違う!古い年代が高額の傾向

同じ宗匠でも時期によって値段も異なりますが、古い年代の方が概ね高価買取となります。希少価値が高いと判断されれば、査定額は高額になります。

3取り扱いには細心の注意を!茶道具の状態が買取価格を左右します

茶道具の状態は買取価格に影響します。もし茶道具に関する知識をお持ちでない場合には、ご自身でお手入れをなさらず、ホコリを被っていても、そのままの状態でお持ち込みください。綺麗にしようとして、貴重な茶道具を傷つけたり壊してしまう可能性がございますので、取扱にはご注意ください。

茶道具買取について

茶道具は、茶道で使われる茶碗、茶筅、袱紗、茶入、茶杓、懐紙、茶器、香合、花入、水差し、建水といった道具の総称です。茶の文化は、歴史上いく度も中国からもたらされましたが、本格的に日本の文化として根づいたのは室町時代になってからのことでした。

茶道といえば表千家裏千家という二つの家元が有名ですが、どちらも日本の茶の湯を確立した偉人、千利休の血筋と伝統を長年にわたり受け継いできた兄弟流派であり、使われる茶道具にはほとんど違いがありません。唯一、袱紗についてのみ違いがあります。その違いは、薄茶を運ぶ時に裏千家は古帛紗というものを用いますが、表千家では古帛紗を用いないという点です。また、女性が使う袱紗に関して、表千家は朱色が、裏千家は赤色が基本とされているという点も袱紗の差異として挙げられます。

骨董品や古美術としての茶道具や茶箱は、セットでも単品でも鑑定や買取がおこなわれています。茶道で使われる茶碗は、高麗(朝鮮)や中国由来の茶碗である「唐物」と、日本で作られた「和物」に大別されています。

唐物は、高麗由来の井戸茶碗、中国から伝わってきた天目茶碗や青磁茶碗がよく知られています。

和物の茶碗は、和物の中でもさらに楽焼、京焼、国焼という3種類に分けられます。
ろくろを使わず手ごねで作られた楽焼は、黒楽と赤楽があり、茶道において特に上等なものとして用いられています。
京焼は京都で作られた作品の総称で、作家ごとにさまざまな個性があらわれていることで知られます。
国焼は、京都や瀬戸以外の窯元で作られたすべての国産茶碗をさす言葉です。唐津焼や萩焼、備前焼、織部焼、九谷焼、常滑焼、信楽焼などは、茶道に親しんでいない人でも耳にしたことがあるのではないでしょうか。茶道具買取では茶会で懐紙を入れるために使う数寄屋袋なども、付随するアイテムとして知られています。

茶道具にはさまざまな道具があるので、売りたいものの用途が分からないという場合も、鑑定士へ気軽に相談してみましょう。福助は煎茶の道具も査定いたします。

福助が茶道具を高価買取できる理由

1茶道具の鑑定眼が違う!

茶道具の鑑定眼が違う

福助は親子3代に渡って茶道具の鑑定を行っている創業64年の専門店です。代表の祖父・父は福岡県で質屋・骨董商を営んでおり、代表自身も鑑定歴20年以上、大手美術品競売会社の顧問を務めさせて頂いております。

現在も国内・海外で開催される大小様々な美術品のオークションに参加し、多いときには、1日で数百点の美術品を買い付けしております。豊富な買取実績と鑑定経験があるからこそ、茶道具の価値を正しく判断し高価買取が可能です。

2世界中に幅広いアート・アンティークの販路

世界中に幅広いアート・アンティークの販路

日本国内だけでなく、海外で開催されるオークションやアートショー、アンティークショーなどにも出展し、世界中のお客様へ美術品を販売しております。

様々なジャンルのコレクターや美術館など多くの顧客様に直接販売できるから高額査定が出来ます。「福助」では、古美術商のネットワークと知識を最大限活用して査定致しますので、普通の買取店では査定が難しい骨董品、茶道具なども圧倒的高値での買取が可能です。

364年の歴史と豊富な買取実績

64年の歴史と豊富な買取実績

買取業者は、古物免許以外に必要な資格が無いので、高価買取をうたっていても手数料を取ったりと悪質な店が多く、本当に高く買取しているお店は極々僅かです。騙されないためには、複数のお店で相見積もりを取り、信頼できるお店で売却されることをお勧めします。

福助は昭和30年創業、祖父の代から数えて今年で創業64年の歴史、年間1万点以上の茶道具など骨董品の買取実績がございます。お客様のお品物は鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士が査定いたしますのでご安心ください。

4薄利多(買)が口コミで評判

薄利多(買)が口コミで評判

美術骨董品の買取専門店福助は、フランチャイズ店ではないので、フランチャイズ上納金等もなく、広告費もほとんど掛けておりませんが、お客様の骨董品を高く買い取ることで評判が口コミで伝わり、多くのリピーター様に支持を頂いております。

無駄なコストを削り、高く買い取っても利益が出せるように、最小限の経費で運営し、浮いたコストを買取価格に還元することで、「薄利多(買)」の効率化を進め、多くのお客様に喜んで頂いております。

買取方法

買取福助ならご要望に応じて
3つの買取方法が選べます。

茶道具の出張買取対応地域
茶道具の出張買取対応地域
港区目黒区品川区大田区世田谷区渋谷区
港区目黒区品川区
大田区世田谷区渋谷区

出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。