煎茶道具買取

煎茶道具買取は、東京の福助におまかせください。

茶具褥、涼炉、火炉、烏府、炉扇、羽箒、火箸、ボーフラ、水注、瓶敷、建水、茶心壷(茶入れ・茶壺)、仙媒(茶合)、袱紗、茶巾筒、急須、泡瓶、瓶床、茶碗、茶托、鉄瓶など煎茶道具であれば、どんなものでも査定いたします。

東京都内の港区・渋谷区・世田谷区・目黒区・大田区・品川区など店舗近郊は出張買取にも対応しています。

煎茶道具の売却・処分で、
お悩み
ございませんか?

  • 価値の分からない古い煎茶道具を鑑定してほしい
  • 故人が大切にしていた煎茶道具を買い取ってほしい
  • 煎茶道具を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない

ご安心ください!
「買取福助」が解決いたします!

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

煎茶道具買取実績

  • 漢詩彫朱泥涼炉
    漢詩彫朱泥涼炉
  • 伊藤延年造/翡翠三連環叩横筋紋湯沸
    伊藤延年造/翡翠三連環叩横筋紋湯沸
  • 前田正博作/金銀彩色絵茶心壺
    前田正博作/金銀彩色絵茶心壺

買取実績一覧はこちら

煎茶道具買取で福助がお客様に選ばれる「6つのポイント」

買取福助がたくさんのお客様に選ばれる、6つのポイント買取福助がたくさんのお客様に選ばれる、6つのポイント

  1. 煎茶道具の高価買取!

    高価買取!

    国内大手オークション会社顧問を勤める煎茶道具買取に精通したスタッフが市場調査を徹底して行い、価格相場を把握しているため高価買取が可能です。

  2. 鑑定力に自信あり!

    鑑定力に自信あり!

    骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、煎茶道具を誠実に鑑定いたします。

  3. 63年の実績!

    63年の実績!

    昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた63年続く信頼の実績で確かな鑑定を行います。

  4. 査定料・出張費無料!

    査定料・出張費無料!

    煎茶道具の査定はもちろん無料!
    お客様のご都合に合わせて、ご自宅までお伺い致します。東京都心・城南六区は無料で出張!

  5. 便利な駅チカ!

    便利な駅チカ!

    東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカで便利!

  6. 現金買取

    現金買取

    高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取させていただきます。

煎茶道具を高く売るなら鑑定力のある専門店がおすすめ

お客様の大切なお品物は
私たちが鑑定します。

鑑定士のご紹介はこちら

鑑定歴20年以上、大手オークション会社顧問を務めるベテラン鑑定士がお客様の煎茶道具を誠実に査定いたします。

高価買取できる理由

煎茶道具買取・査定方法

査定はご自宅からでも可能です

LINEで無料査定
LINEで無料査定
メールで無料査定

買取の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

鑑定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

買取福助ならご要望に応じて
4つの買取方法が選べます。

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 遺品買取

煎茶道具の出張買取は簡単4ステップ

煎茶道具を処分したいけれど、重くて持ち運びが大変!
そんな方には、「煎茶道具の出張買取」サービスがおすすめです。

出張買取出張買取

東京都内の出張買取地域

港区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区

煎茶道と茶道の違いとは?

煎茶道と茶道は、まったく異なるものです。一般的に言われる茶道は、粉状の抹茶を用いるため「抹茶道」とも呼ばれています。煎茶道は、急須などを用いて、そこに緑茶・煎茶・玉露などの茶葉を入れ、お湯を注ぎ飲むものです。現在、一般家庭にも普及しているお茶の入れ方です。日本においては、江戸時代初期に中国から煎茶の風習が「煎茶道」として伝えられ、全国的に普及していきます。

煎茶道具買取について

銅製蝙蝠図茶托煎茶道具は、近年、海外にも人気が高く、高価買取につながることが多くあります。煎茶の風習は、中国から伝えられ、そのため、煎茶道具は、ほとんどが中国の道具(唐具)でした。当初、煎茶道具(唐具)は、大変貴重な骨董品として扱われており、現在でも希少価値の高いものであれば、高額買取につながる骨董品のひとつです。

日本においては、江戸時代初期に煎茶道として普及していき、その後、日本独自の発展を遂げると共に、日本製の煎茶道具が作られるようになっていきます。また、多くの煎茶道の流派が誕生します。そのため、多種多様な煎茶道具があり、保管状態などによっては高価買取が望めます。

お買取できる煎茶道具の種類

仙媒煎茶道具は、流派によって煎茶道具に関しての呼び名が異なることが多く、また、煎茶道具の名前が同じであっても、流派により別の道具を指す場合があります。さらに、特定の流派だけで使用される煎茶道具もあることから、専門家の鑑定が必須となります。

主な煎茶道具には、煎茶碗をはじめ、急須(茶銚、急尾焼、茗瓶)、持ち手のついていない急須(泡瓶、宝瓶)、茶の葉を計って急須に入れる道具(茶量、仙媒、茶合、茶則)、煎茶道で使用する湯を沸かす道具(涼炉、焜炉、茶炉、風炉)、茶葉の入れ物(茶壺、茶入、茶心壷)、茶碗をのせる台(茶托、茶台、納敬)、道具の下に敷く物(茶具褥)などがあります。

煎茶道具鑑定のポイント

煎茶道具鑑定のポイントは、煎茶道具の真贋を判断をしたうえで、茶道具の状態、作品の出来映え、時代(制作年代)、作家名の有無、箱書の有無、箱書人の種類(作家本人、鑑定者等)により、買取査定が大きく異なります。特に希少価値が高く、保存状態が良いものであれば、高額買取になる場合があります。

また、ほとんどの煎茶道具には、保管用の木箱(共箱)がついていますので、必ず木箱に入れて、査定に出しましょう。木箱(共箱)には、道具の銘、本人直筆の作家名、書付などが入っている場合がありますので、買取価格を決める重要なポイントとなります。そのため、木箱(共箱)や付属品があるか、ないかだけでも買取査定は大きく左右します。

高額買取につながる作家作品とは?

人間国宝の作品をはじめ、有名作家の作品や希少性の高い煎茶道具は、高額買取になる場合があります。主に、中国から渡って来た朱泥急須、錫製の茶托、錫製の茶壺をはじめ、時大林(じだいひん)、恵孟臣(けいもうしん)、陳鳴遠(ちんおうえん)などの巨匠たちの名品などです。日本では、煎茶器が有名な三浦竹泉、京焼の幕末三名人と云われている、仁阿弥道八、青木木米、永樂保全などの作家作品などが、高額買取につながることが多くあります。

茶道具

茶道具買取

茶道具買取なら創業63年の信頼と実績、東京の福助におまかせください。表千家、裏千家など三千家宗匠の書付がある作品(茶碗、茶杓、茶入れ、水差、風炉釜、棗)や、樂吉左衛門・永樂善五郎などの千家十職は特に高価…

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
合同会社リープオブフェイス【買取福助】 古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル