天皇陛下御即位記念 10万円金貨の買取価格・査定相場

本日の10万円金貨買取価格

更新日時 2019年7月22日(月)
金貨の種類重 量本日の買取価格(税込)
天皇陛下御即位記念 10万円金貨30g141,000円
  • 買取レートは、毎日午前10時と午後1時00分の2回更新されます。
  • 相場急変時には午前と午後で価格が変わりますので、予めご了承下さい。
  • 手数料無料、量の多少に関わらず、表示している金額でお買取させて頂きます。
  • お客様の目の前で、0.1g単位まで計量いたします。

福助は明瞭会計

※ホームページや店頭で高い価格を表示していても「業者向け価格」「買取基準価格」など紛らわしい表現で、個人のお客様には低いレートを適用し、実際の支払い価格が安くなってしまうお店がございますが、当店では、個人の方・業者の方でも金買取価格に差はありません。   手数料などで支払い価格を減額することも一切ございませんのでご安心ください。

天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取について

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、その名の通り、今上天皇の御即位を記念して平成2年に造幣局から発行された金貨です。
表には鳳凰と瑞雲、裏には皇室を表す菊の御紋と合わせて桐と唐草が掘り出された、記念金貨にふさわしいデザインになっています。

日本では国家的なイベントや皇室の行事にちなんだ記念コインが製造されており、コイン収集家や皇室ファンなど幅広い層から人気があります。
なかでも、天皇陛下の御即位にちなんで発行された10万円金貨は高値で売買される貴重なコイン。
そこで、「天皇陛下御即位記念 10万円金貨」とはどういうものか、なぜこれほど鑑定・査定額が高価なのかをご説明しましょう。
価値を知るほどに、手に入れたくなる記念硬貨です。

発行枚数

天皇陛下御即位記念10万円金貨は、平成2年(1990年)に、200万枚発行されました。
直径33ミリ、重さ30グラムあり、金の含有量は99.99%の純金製です。
単体で販売された他、同時に発行された天皇陛下御即位記念500円白銅貨(直径30ミリ、重さ13グラム、白銅製)とのセットや、コレクション用に特別な表面仕上げを施したプルーフ金貨があります。

造幣局が発行する高価な記念金貨・記念コインは「造幣局製ホログラム入りブリスターパック」というプラスチック製のケースに入っています。
ブリスターパックはいったん開封すると元の状態に戻りませんから、未開封なら造幣局から出荷されたままの状態。
また個別に偽造防止用のID番号がついており、贋物が作りにくい金貨です。

天皇陛下に由来する2つの10万円金貨の違い

天皇陛下御即位記念10万円金貨のほかに、もう1枚天皇陛下にまつわる10万円金貨があります。天皇陛下御在位60年記念10万円金貨です。
昭和天皇の御在位60周年を記念して製造されたこの10万円金貨は、昭和61年と62年の2回に分けて合計1100万枚発行されました。
表面にはハトと水、裏面に菊の御紋をあしらっており、直径30ミリ、重さは20グラムの純金製で、日本で初めて発行された記念金貨です。

額面は同じ10万円金貨ですが、天皇陛下御即位記念金貨と御在位60年記念金貨を比べてみると、大きく2つの点が違います。
1つは発行枚数です。天皇陛下御即位記念10万円金貨は200万枚、御在位60年記念硬貨は1100万枚と約5倍にもなります。
これは収集型金貨としてみた際、天皇陛下御即位記念10万円金貨のほうがその数の少なさから、より高く評価される可能性があることを表します。
2つ目は、重量です。天皇陛下御即位記念10万円金貨は30グラム。天皇陛下御在位60年記念硬貨は20グラムになります。
買取で特に大きな影響があるのは、この重量10グラムの差です。

天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取をおすすめする理由

現在、買取市場での記念金貨の扱いは、基本的には金製品と同じです。
つまり、金の純度に応じて各買取業者が設定した金買取グラム単価に、重量をかけて基本買取額を算出します。
このことから考えると、天皇陛下御即位記念10万円金貨と御在位60年記念10万円金貨は、同じ10万円金貨であっても重量差10g分、買取額にも差が表れるのです。

現在(平成26年12月)の金買取相場からすると、天皇陛下御即位記念10万円金貨は、額面10万円以上の買取額が期待できます。
しかし、御在位60年記念10万円金貨は、10万円を切ってしまうので買取はおすすめできません。
もし天皇陛下にまつわる10万円金貨をお持ちの時は、表デザインを確認してください。
鳳凰柄の10万円金貨は天皇陛下御即位記念10万円金貨です。高額買取が期待できますので、買取業者に持っていきましょう。
ハトと水のデザインだったら天皇陛下御在位60年記念10万円金貨です。買取りに出しても10万円以下になってしまいますので、銀行で両替したほうがお得です。

使っていない10万円金貨は買取りに出しましょう

このように、天皇陛下御即位記念10万円金貨は、現在の買取市場において額面10万円以上の買取額がつきます。
もし特に思い入れがなく不要なら、金の買取相場が高い今こそ、買取に出したほうがお得と言えるでしょう。
前述したように、基本的には金製品の買取と同じですので、金の買取単価が高く、きちんと査定してくれるお店に持っていくと、より高額買取が期待できます。
当店は専門の鑑定士が常に在住しており、金の買取単価も他店を超えると自負しております。
天皇陛下御即位記念10万円金貨を買取りに出すのでしたら、ぜひ買取福助にご連絡ください。

その他の金貨買取価格

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up