天皇陛下御在位記念 1万円金貨の買取価格・査定相場

本日の1万円金貨価格

更新日時 2019年7月22日(月)
金貨の種類重 量本日の買取価格(税込)
天皇陛下御在位記念 1万円金貨20g94,000円
  • 買取レートは、毎日午前10時と午後1時00分の2回更新されます。
  • 相場急変時には午前と午後で価格が変わりますので、予めご了承下さい。
  • 手数料無料、量の多少に関わらず、表示している金額でお買取させて頂きます。
  • お客様の目の前で、0.1g単位まで計量いたします。

福助は明瞭会計

天皇陛下御在位記念1万円金貨の買取について

1万円金貨は額面以上の価値がある収集型金貨ですから、換金するなら買取店での売却が一番お勧めです。

天皇陛下御在位記念1万円金貨の種類

天皇陛下御在位記念1万円金貨は、今上天皇の御代が続いていることを記念して発行された金貨で、現在のところ3種類あります。

天皇陛下御在位10年記念金貨

「天皇陛下御在位10年記念金貨」は、平成11年に造幣局より発行された金貨です。
図柄は、表側に縁起のいい鳳凰(ほうおう)と、植物の桐、シラカバがあり、裏側には菊紋と橘、桜といずれも皇室とご縁が深いモチーフをデザインされています。
発行枚数は20万枚で、1万円金貨単体が10万枚、500円ニッケル白銅貨幣との2点セットが10万枚でした。
なお、御在位記念金貨は3種類とも、素材は純度99.99%以上の24金(純金)で、直径は28ミリ、重量は20グラムです。

天皇陛下御在位20年記念金貨

「天皇陛下御在位20年記念金貨」は、平成21年に造幣局より発行された金貨です。
図柄は、表側に「鳳凰(ほうおう)」と縁起のいい「瑞雲(ずいうん)」に「皇居・二重橋」を配し、、裏側には皇室の御紋章である「菊花紋章」がデザインされました。
発行枚数は10万枚。1万円金貨単体が5万枚、500円ニッケル黄銅貨との2点セットが5万枚でした。

天皇陛下御在位30年記念金貨

「天皇陛下御在位30年記念金貨」は、平成31年に造幣局より発行された金貨です。
図柄は鳳凰(ほうおう)と植物の桐、シラカバで、裏側には皇室の御紋章である「菊花紋章」がデザインされています。
発行枚数は5万枚。1万円金貨単体が2万枚、500円ニッケル黄銅貨との2点セットが3万枚でした。

天皇陛下御在位記念1万円金貨は、特別な処理が施されているプルーフ金貨

天皇陛下御在位記念1万円金貨は3種類ともプルーフ金貨です。
プルーフ金貨とは、流通ではなくコイン収集を目的として鋳造した金貨で、観賞用として通常の金貨よりも表面を美しく加工していることが特徴になります。
日本の場合は、表面を鏡面仕上げにした上で、模様を浮き立たせるために、彫刻部分にはつや消しを施します。
傷1つ付けないように、通常の金貨とは別の製造工程を経て作られるので、その加工料金分プレミアム価格が上乗せされることが一般的です。
このような特徴から、購入後に傷がつくとプルーフ金貨としての価値を失ってしまいますので、必ず保護フィルムやケースを用いて発行されます。
天皇陛下御在位記念1万円金貨もまたビニールパックで保護されており、同時に製造された天皇陛下御在位記念500円銅貨とセットで販売されました。
天皇陛下御在位記念1万円金貨は、とても美しく加工された収集型金貨なのです。

傷・汚れがをつけないよう取扱に注意しましょう。

天皇陛下御在位記念1万円金貨はプルーフ金貨であり、傷一つない美しさが価値の重要な部分を占めます。
ですから、必ずケースに入れたまま保管しましょう。またケースに入れているからといって安心せずに、丁寧に扱ってください。
天皇陛下御在位記念1万円金貨は純金でできていますが、純金というものは想像以上に柔らかく、簡単に傷がつきます。
むき出しで何かに少しでもぶつければ、それだけでプルーフ金貨として致命傷を負いますし、ケースに守られていても落としたりすれば変形する可能性もあります。
金貨の買取は、基本的には金の純度と買取単価によって基本買取額が決まりますが、天皇陛下御在位記念1万円金貨のようなプルーフ金貨の場合は、保存状態も査定に関わってきます。
より高く買取ってもらうためにも、日頃から大切に保管しましょう。

買取価格を比較して、専門の買取業者に売却しましょう

天皇陛下御在位記念1万円金貨は今上天皇の御在位が続くことを祝って製造された、とてもおめでたい記念品ですので、その加工もとても美しいプルーフ金貨になっています。
発行数は10周年が20万枚、20周年が10万枚と、記念金貨としては多くなく、市場に出回ってる数も限られます。
このように天皇陛下御在位記念1万円金貨は、コレクション的な価値も高い金貨といえるでしょう。
また、重量20グラムある天皇陛下御在位記念1万円金貨は、金の塊として現在の金買取相場から計算すると額面の1万円を簡単に超えます。
つまり天皇陛下御在位記念1万円金貨は、そのコレクション的な評価と金としての価値の双方を正しく鑑定できる買取業者に持っていくほうが、高額買取を望めるのです。

その他の金貨買取価格

LINE査定 無料相談 フリーダイヤル
Scroll Up