セントゴーデンズ金貨の買取価格相場

セントゴーデンズ金貨の買取

セントゴーデンズ金貨買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切なセントゴーデンズ金貨の価値を査定いたします。
福助では、セントゴーデンズ金貨の高価買取・査定が可能です。価値の分からないコインの査定や、不要なセントゴーデンズの処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

セントゴーデンズ金貨の買取価格

金貨名 額面 重さ 買取価格
セントゴーデンズ金貨 20ドル 33.4g 233,098円
更新日時 2022年10月2日(日)
  • 買取レートは、毎日午前10時と午後1時00分の2回更新されます。
  • 相場急変時には午前と午後で価格が変わりますので、予めご了承下さい。
  • 手数料無料、量の多少に関わらず、表示している金額でお買取させて頂きます。

セントゴーデンズ金貨はアメリカの20ドル金貨です。アメリカ造幣局が発行していたもので、アメリカコインの中でも最も美しいといわれる金貨。鋳造期間は1907年~1933年までと比較的長いのですが、デザインを担当した彫刻家・セントゴーデンズ氏が2種類の金貨をデザインしたところで亡くなったため、さまざまなバリエーションが存在します。鋳造が非常に難しく、アメリカ造幣局の彫刻家チャールズ E バーバー氏がデザインを変更し、プレス方法を複数回から1回に変更するなどの紆余曲折を経て、ようやく発行したという経緯のあるアンティーク金貨です。福助ではセントゴーデンズ金貨の買取価格を毎日公開中です。査定のご依頼などお気軽にお問い合わせください。

セントゴーデンズ金貨の買取価格

本日の買取価格:233,098

セントゴーデンズ金貨の買取価格
金品位 K21.6
重量 33.4g
直径 34mm
額面 20ドル
発行国 アメリカ合衆国

福助は明瞭会計

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品のセントゴーデンズ金貨を処分したい
  • 所有しているセントゴーデンズ金貨が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • コレクションしていたセントゴーデンズ金貨を、まとめて売りたい

ご安心ください!
セントゴーデンズ金貨買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

2つの買取方法が選べます

セントゴーデンズ金貨を高く売る方法|買取のポイントは?

セントゴーデンズ金貨を売るなら、ベテラン鑑定士に査定を依頼し、査定額に納得してから売りましょう。

  • セントゴーデンズ金貨の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    セントゴーデンズ金貨はアメリカの20ドル金貨です。裏面に鷲の絵があり、通称をダブルイーグル金貨と言います。
    彫刻家のセントゴーデンズ氏がデザインしたもので、1907~1933年に鋳造・発行。セントゴーデンズ氏の死後にさまざまなデザイン上の修正がおこなわれたため、種類が多いのが特徴です。
    発行年やグレードによっては数百万の買取価格がつくため、アンティークコインにくわしい目利き鑑定士に査定をしてもらいましょう。

  • 購入時の箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    セントゴーデンズ金貨のように高価買取が期待できるコインは、付属品も一緒に査定を受けましょう。セントゴーデンズ金貨はアメリカコインのなかでもトップクラスの美しさを誇ります。
    人気もあり、買取相場も高いために偽物も多数作られているのが問題です。
    買取業者の無料査定を受けるときは、鑑定書や保証書、コインを購入した時の箱なども用意すること。真贋判定がしっかりできるのでコインの価値が上がります。

  • 相見積もりを取って査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    セントゴーデンズ金貨の売却では複数の買取店から見積もりを取って、金額をしっかりと見くらべましょう。セントゴーデンズ金貨は発行年代やデザインによって、評価が大きく変わるコインです。
    アンティークコインに精通している買取店は、価値を知っているからこそ高額な鑑定額をつけます。しかし鑑定額に差があることは、見積もりを比べてみないとわかりません。少し手間がかかりますが、複数の店から無料鑑定を受けましょう。

セントゴーデンズ金貨の買取業者の選び方

信用度の高い買取業者はアンティークコインを無料査定でき、セントゴーデンズ金貨の買取実績が多い店です。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    アンティークコインの査定には、レアコインについての詳細な知識が必要です。正しい査定ができる買取業者に頼むのがおすすめ。買取業者の査定は店頭でも出張買取でも、お金がかからないのが基本です。
    無料鑑定なので安心して大事なセントゴーデンズ金貨を見てもらえます。しかしごくまれに、査定をしてから「鑑定料がかかります」「出張費を」と請求する悪質な業者もいますので、事前に費用を確認しましょう。

  • セントゴーデンズ金貨の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    大事なコレクションの金貨を売るのなら、過去の買取実績が多い業者に依頼すべきです。アメリカコインにはコロネットヘッド金貨やインディアン金貨など、人気の高い金貨が多数あります。
    ホームページでたくさんの種類のアメリカコインを掲載している業者は、査定が正確で、真贋の見分け方もわかっている目利きです。
    安心して査定依頼、査定後の売却相談ができますから、業者のホームページを確認するといいでしょう。

セントゴーデンズ金貨買取で福助が選ばれる4つの理由

他社との比較で買取福助がお客様に選ばれる4つの理由

  • 1安心のお取引

    買取価格を透明に
    買取福助では、どうしてこの価格なのか?という疑問にすべてお答えできる体制を整えています。 お客様の真摯な疑問にも誠実にお答えすることで、安心してご判断いただけるような工夫をしています。
    分かりやすい明細で安心
    後日、お取引の内容をお客様に確認していただけるように、取引明細書をお客様にお渡ししています。
  • 2満足いただける高価買取の仕組みがある

    手数料は無料
    査定・売却時の手数料は無料。お客様にご満足頂けることを目指しています。
    買取価格日本一に挑戦
    当店では、お客様の満足を第一に考えます。高価買取も大切な課題の一つ。 納得の買取額をご提示いたします。
  • 3お客様目線での対応・お店づくり

    査定が初めてのお客様にも安心していただけるよう、お客様の目線に立ったお店づくりを心がけています。

    査定だけもOK、キャンセル料はいただきません
    思い入れのある大切なお品物は、売るかどうかを迷っているお客様も多いと思います。 買取福助は査定だけでも大歓迎、無料でお見積いたします。 無理に引き止めたりは致しませんので、安心してご来店ください。
    ※クーリングオフ制度により8日以内、キャンセル可能(出張買取のみ)
    即現金化、スピーディーに対応します
    お見積額に納得いただければ買取申込書に必要事項を記入後、1円単位までキッチリ現金にてお支払いします。 急な出費で現金が必要という方も、お手間を取らせません。
  • 4東京・大岡山駅徒歩1分、入りやすい駅チカ店舗

    東京・大岡山駅から徒歩1分
    入りやすい店舗づくり
    どこか閉鎖的で入りにくいイメージのある買取店ですが、当店は安心して利用いただけるよう、明るい店舗作りを目指しています。
    東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便! ベビーカーや車いすでもアクセスしやすい1階バリアフリー店舗です。
    女性お一人やお子様連れでもお気軽にご来店ください。
店舗名称買取福助 東京大岡山店
住所145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
TEL03-6425-9735
営業時間
定休日日曜
交通大岡山駅より徒歩1分
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

2つの買取方法が選べます

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

セントゴーデンズ金貨の買取について

セントゴーデンズ金貨の買取

セントゴーデンズ金貨はアメリカの20ドル金貨です。表面は聖火を持った自由の女神の立像、裏面には鷲の絵があり、通称「ダブルイーグル金貨」。彫刻家のセントゴーデンズ氏がデザインしたもので、1907~1933年に鋳造・発行。セントゴーデンズ氏の死後にさまざまなデザイン上の修正がおこなわれてバリエーションが多数あり、発行年ごとに買取価格が異なるのが特徴です。たとえば1907年に発行されたセントゴーデンズ金貨のうち、「ハイリリーフ金貨」という複数回のプレスをおこなって作ったコインは現存数がきわめて少ないといわれています。そのため20ドル金貨1枚で5億円もの価格になると予測されているのですが、アンティークコイン市場に出てくることはありません。手に入らない金貨なのです。またセントゴーデンズ金貨は実際に貨幣として使用されていたコインであることも特徴です。アメリカは金本位制度を取っており、1930年代までは金の純度が高い金貨が流通していました。セントゴーデンズ金貨の純度は90.0%以上のK21.6。地金の価値も非常に高く、買取相場が高額になるコインのひとつです。ちなみに2009年にはほぼ純金のK24製の「ウルトラハイレリーフ ダブルイーグル 20ドル金貨」が発行されて話題を呼びました。