不要品 ああ

知らなかった!不用品・不要品買取のお役立ち情報

知らなかった!不用品・不要品買取のお役立ち情報

もう必要にならなくなった「ふようひん」。とにかく種類が多く、どこで回収してもらえるのか、どう処分したらよいのかわからない人も多いでしょう。ここでは、そんな悩みを抱えているかたに、少しでも役立つことができるように「お役立ち情報」をまとめてみました。ぜひ、参考にしてください。

「ふようひん」には2種類の意味がある

「ふようひん」には2種類の意味がある
必要にならなくなった物を「ふようひん」と呼びますが、漢字で書くと「不用品」と「不要品」の2種類があります。実は、読みかたが同じでも、違う意味をもっています。
不用品は一般的に「役に立たないもの」「壊れて使用することができないもの」「完全に壊れているもの」を指しています。例えば、粗大ごみや壊れてしまい使用できない(修理できない)電化製品などです。別名で「ジャンク品(がらくた)」と呼んでいるところもあるようです。
一方、不要とは「まだ使えるもの(機能に問題がないもの)」「必要としないもの」「使わない、使わなくなったもの」という意味があります。簡単に説明すると「まだ使えるけど今は必要がないもの」ということです。更に言い方を変えますと、リサイクルができるものということになります。
こうした意味をもっている「不用品」と「不要品」ですが、近年では、それぞれの意味を知らずに、漢字で書く際は「不用品」と使用されているところが多いようです。

不用品・不要品の処分方法の違い

不用品・不要品の処分方法の違い
ここでは「不用品」と「不要品」を別にして、処分方法を簡単にご紹介します。

「不用品」の処分

「不用品」は、ジャンク品ですので、基本はゴミとして処分しますが、商品によっては、リサイクルショップなどの回収業者が、無料で回収してくれる場合があります。主に自治体のごみ回収、不用品の回収業者やリサイクルショップ、引っ越し業者(引っ越しをする場合)などに依頼することが多いようです。基本的に処分料などの費用が発生することになります。

「不要品」の処分

「不要品」は、壊れていないけどいらないものですので、リサイクルショップ、総合買取専門店、インターネットオークションやフリーマーケットなどで、売って処分することができます。

様々な不用品(不要品)の回収・買取方法を知っておく

様々な不用品(不要品)の回収・買取方法を知っておく
主な買取業者は「不用品回収業者」「買取専門店」「リサイクルショップ」「引っ越し業者」があります。また個人で売買する「インターネットオークション」もあります。それぞれの特徴を理解しておきましょう。

不用品回収業者を利用する

自治体の不用品回収を利用する場合は、決められた日時と場所に自分が持っていかなくてはいけませんが、不用品回収業者は、予約をするだけで、回収してほしい日時に自宅まで来てくれますので、自分の都合に合わせて利用できるところが便利です。また、大量のごみを、まとめて片付けることができるため、引っ越しする前や家の建て替え前(リフォーム前)などにも利用することができます。
但し、ごみを処分する際に「処分手数料」がかかるため、自治体と比べると料金が高くなるというデメリットがあります。さらに、不用品の解体作業が必要になった場合は、別途作業料金などがかかる場合があり、最終的にいくらかかるのかわかりにくいところがあります。ただ、自分たちだけでは処分ができない、リサイクル家電なども含めてまとめて処分したいときなど、業者に依頼したほうが良い場合もあります。
依頼する場合は、必ず複数の不用品回収業者の見積もりをとることが大事です。なかには、違法な不用品回収業者がいて、回収後に高額な料金を請求してきたり、回収は無料だが作業代などと称して、料金を請求されたりする場合がありますので、注意しましょう。

総合買取専門店に依頼する

メリットは、不要品(不用品)をまとめて出すことができ、さらに、商品(製品)を適正価格で買取してくれるところです。買取専門店の場合、ある商品だけを特化した店や幅広くいろんなジャンルに対応している専門店までと、幅広くあります。そのため、不要品(不用品)を多く買取している、実績豊富な総合買取専門店に出しましょう。買取方法は、主に店舗・宅配・出張買取があり、手軽に依頼できます。但し、買取専門店によって、買取価格がつけられない商品(製品)があったり、査定額が異なったりしますので、複数の業者に査定を出してみることです。

リサイクルショップで直接交渉してみる

何でもまとめて売却することができるのがリサイクルショップです。メリットは、直接交渉することができ、更にその場でまとめて買取をしてくれるので、すぐに現金化できるところです。また、ネットオークションとは違い、梱包や発送などの手間がありません。しかし、相場より安く査定されてしまうことや一律で買い取られてしまうなどのデメリットがあります。不要品(不用品)を出す際に、一度は検討してみましょう。

ネットオークションを利用する

パソコンやスマホがあれば手軽に利用でき、自分の希望額で売ることができるのがネットオークションです。個人だけではなく、仕入れ業者も多く利用していることから、需要性や希少価値のある不要品(不用品)であれば、買い手がつきやすいでしょう。但し、出品したから必ず売れるという保証はなく、また梱包や発送など自分で行わなくてはいけないので手間がかかるという、デメリットもあります。近年は、フリマアプリを利用する人が多いようです。

引っ越し業者

引っ越し業者を利用する場合に限りますが、引っ越しをするときに、同時に不用品(不要品)を処分してもらえるという便利なサービスがあります。このサービスを利用することで、不用品(不要品)を回収業者に依頼することや、自分たちで自治体の回収に出すという手間や費用を減らすことができます。但し、引っ越し業者によっては、回収してくれる品目が限られているところがありますので、確認しておきましょう。また、引っ越しが既に決まっている場合は、数社から見積もりを出してもらい、回収サービス有無など確認しておくと良いでしょう。

不燃物ごみとして出してはいけない製品もある

 不燃物ごみとして出してはいけない製品もある
不要品(不用品)品のなかには、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機やパソコンなどがあります。この場合、通常の不用品(不要品)買取方法とは、異なりますので、注意しておきましょう。

リサイクル家電とは?

「家電リサイクル法」により、エアコン、テレビ、冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機(衣類乾燥機)は、リサイクルすることが義務づけられています。そのため、引き取ってもらう場合は、リサイクル料金と運搬料金がかかります。リサイクル料金は、メーカーごと、また運搬料金は、小売業者ごとにより料金が異なりますので、依頼する前にいくらかかるのか確認しておきましょう。

リサイクル家電の回収方法は

「新しい製品に買い替える場合」は、新しい製品を買うお店に引き取りを依頼しましょう。「処分のみの場合」は、処分する製品を購入したお店に引き渡しましょう。もし購入したお店がわからない場合は、リサイクル家電の回収について、自分が住んでいる市区町村の公式ホームページや、電話で確認しましょう。また、自分で「指定引き取り場所」へ直接持っていくという方法もあります。申込方法や各指定引き取り場所などは、家電製品協会の公式サイトなどで確認できますので、参考にしてください。

使わなくなったパソコンは?

パソコンは、従来は粗大ごみや不燃ごみと扱っていましたが、平成15年10月より資源有効利用促進法に基づき、パソコンやキーボードなどの周辺機器は、各メーカー回収により、再資源化されることが義務づけられています。
そのため、リサイクル可能なパソコンなどには「PCリサイクルマーク」がつけられており、この場合は、無料で回収してくれます。但し、マークがない場合は、回収・リサイクル料がかかります。まずは、自分のパソコンなどにマークがあるのか確認しておきましょう。

パソコンを適切に処分することが大事

パソコンは、法律に基づき事前にデータを、自分で消去してから出す必要があります。パソコンの内部には、SSDやハードディスクなどの記憶装置があるため、ただ初期化を行ってもデータが残っています。そのため、自分で消去ソフトなどを使って行うか、メーカーなどに依頼して処理してもらう必要があります。パソコンを廃棄する際は、各メーカー、パソコン専用業者、家電量販店、回収業者、自治体が設置している回収ボックスなどを利用する方法があります。
回収業者のなかには、パソコン機種によって引き取りができない製品もありますので、見積もりで確認しておきましょう。また、環境省が認定しているパソコン専用業者「リネットジャパン」もあります。こちらは、各自治体と連携しており、全国から回収が可能でパソコン本体を含む1箱までは無料です。

まとめ

「ふようひん」といっても、ゴミとして処分されるもの、再利用ができるのもの、他の人に譲ることができるものなど、様々です。自分がいらないものでも、他の人には必要なものかもしれません。自分にあった方法を見つけましょう。