遺品買取の基礎知識。骨董品・古美術品の「鑑定」と「査定」の違いとは

鑑定と査定の違い

コレクターや愛好家であれば、骨董品、古美術品の買取についての基礎知識があるものです。骨董品、古美術品の買取依頼がはじめてという方には、「はじめて耳にする用語」や「耳なじみのない用語」もたくさん出てくるでしょう。もちろん、すべてを知っておく必要はありません。分からないことがあれば、買取福助のような専門店にお問い合わせいただければ、骨董品、古美術品の買取りや処分についてのどんな些細な質問にもお答えいたします。しかし!遺品整理や生前整理で出てきた骨董品・美術品を売却を検討しているなら、知っておくと便利な用語があるのも事実です。今回は、大切な遺品を損をせずに処分するために、骨董品、古美術品の買取で良く使われる「鑑定」「査定」という用語について見ていきましょう。

同じようで違う!骨董品の「鑑定」と「査定」

そろばんで査定

ほとんどの方が、「鑑定」と「査定」を同じような意味合いで、特に区別することなく使用しているようです。一般の方だけでなく、専門家である業者でも「鑑定」と「査定」を混ぜて使うケースが多いのも事実です。しかし!実は「鑑定」と「査定」は似ているようで、本来の意味は違うんです。

鑑定真贋の判断をする
査定買取価格を決める

鑑定では、骨董品や古美術品が「本物であるか、偽物であるか」つまり真贋の判断をします。骨董品や古美術品の鑑定を行なう、いわゆる鑑定人と呼ばれる人たちは「本物か偽物か」を鑑定するのみで、価格査定は行なわないのが普通です。

「査定」は、業者がお客様から骨董品や古美術品を買取る際に「買取価格を決めること」を指します。「鑑定」と「査定」は特別分けることなく使われることが多いですが、厳密に言うと、「鑑定を依頼する」「査定を依頼する」は、まったく別物なのです。

骨董品や古美術品の鑑定して欲しいという依頼本物か偽物かを判断
骨董品や古美術品の査定して欲しいという依頼買取価格を提示

鑑定は、鑑定人、鑑定士など専門知識がある人が行なうもの、買取業者は買取を前提とした査定を行なうということになります。鑑定は、価値がわからないもの、不明瞭な物に対して、しかるべき機関や鑑定人が行ないます。鑑定士や鑑定人といった単語は、テレビ番組などの影響もあり、どのような役割を果たすのかは、イメージが湧うな機関を指すのでしょうか?

例えば、東京美術倶楽部大阪美術倶楽部京都美術倶楽部は、三大美術倶楽部と言われています。この美術倶楽部と呼ばれる機関に入会するためには、厳しい入会規程を満たす必要があります。これがしかるべき機関の一例です。ちなみに、東京美術倶楽部、大阪美術倶楽部には、鑑定委員会が一部作家を対象に設けられているほど、骨董品、古美術品には、専門的な知識が必要になるのです。

こちらもチェック→東京美術倶楽部とは 大阪美術倶楽部とは 京都美術倶楽部とは

骨董品、古美術品の作家が現在もご存命の場合には、直接本人に確認をとることで、「本物か偽物か」の真贋が判明します。しかし、すでに亡くなっている作家の作品の場合には、プロの鑑定が必要になるのです。作家に関する資料や調査をもとに、科学的な分析で絵具の成分を判断したりといったプロセスから、真贋の判断をします。ここで本物=真作と認められれば、鑑定書が発行されるのです。ちなみに、基本的には鑑定書の再発行は認められていません。その理由は…。

贋作防止のため!!!

鑑定書は大切に保管するようにしましょう。鑑定書は、所定の機関や鑑定人により発行されるので、骨董品、古美術品を取り扱う業者、いわゆる古美術骨董商が最も信頼するものなのです。

鑑定書・鑑定証の有無が高価買取のポイント

動物の形の骨董品

鑑定書、鑑定証の有無がポイント

世の中には、偽物、つまり贋作が溢れています。有名作家になればなるほど、その量は多くなる傾向にあります。買取“査定”に持ち込む際には、「真作であること」を保証する鑑定書があることがとても重要です。鑑定書があるだけで、買取“査定”額はプラスになります。買取査定に出す予定がないものでも、購入の際に受け取った鑑定書、鑑定証、付属品などは取っておくことが大切です。査定額をアップさせたい方は、きちんと保管しておきましょう。

無料査定は買取前提のサービス!

買取専門店で行なう査定は、買取することを前提として、サービスの一環として無料査定を行なっているのが通常です。買取福助でも、買取することを前提に無料で査定を行なっています。しかし!買取価格にご満足いただけない場合は、買取をキャンセルも可能です。基本は、買取することを前提として行なう査定ではありますが、買取福助では無料査定で対応し、お客様が買取依頼をしない場合でも、キャンセル料はいただきません。

実績・経験が求められる

買取をする骨董品、古美術品の価格は、買取業者で査定を担当する“査定士”の経験値や実績、技量が大きく影響してきます。鑑定だけでなく、査定にも実績、経験、技量が求められるのです。数ある買取業者の中から高値で買取をしてくれる質の良い業者を選ぶ際には、買取実績、信頼できる鑑定士、査定士がいるかどうかなどをチェックしましょう。

骨董品の買取価格は高い方が良い!

骨董の陶器

骨董品、古美術品の買取を依頼するのであれば、少しでも高値をつけてもらいたいもの。価値ある骨董品でも、ポイントを抑えていないと、本来の価格よりも安値で買取されてしまうこともしばしば。高価買取に繫がる、鑑定士、査定士がチェックするポイントなどをご紹介します。

保存状態をチェック!

骨董品や古美術品の価値、そして買取価格の決め手となるのが、保存状態です。骨董品や古美術品は、古いものなので当然、キズや汚れ、シミなどがあるものです。しかし、保管状態によってその程度に差が出ます。

掛軸や絵画は湿気に弱い

骨董品の中でも特に保存状態に注意したいのが、湿気やカビに弱い掛軸や絵画の類いです。ケースに入れて保管してあるのとないのとでは、状態に大きく差が出ます。どんなに綺麗に掃除してある場所に保管していても、掛軸や絵画を飾った状態で保管しておけば、空気中のホコリやゴミが付着します。絵具についてとれなくなることも珍しくありません。

保管方法のアドバイスはプロにおまかせ

どんなに有名な作家の貴重な作品であっても、保存状態がイマイチという品物は、買取価格が下がることも。買取福助では、保管方法などのアドバイスにも対応しております。普段からきちんとお手入れをすることで、作品を“ベスト”な状態にキープすることも可能です。査定はしたけれどしばらくは売却しない場合には、次に買取を依頼されるまで美しい状態を保っていただけるように、アドバイスもさせていただきます。お問い合わせ・ご相談・査定は無料です。お気軽にご相談ください。

希少価値のあるものは高値で買取!

珍しいもの、つまり、希少価値のある骨董品、古美術品は高額で買取できる可能性が高くなります。有名な作家の場合には、買取価格に期待できます。しかし、ここで注意すべきポイントもあります。著名人が数多くの作品を残している場合には、市場に出回っている数も多くなります。希少価値は低くなり、高価買取には繫がりません。著名な作家の作品は高値がつきやすいですが、市場に出回っている数も価格を左右するという点を覚えておきましょう。

作者が誰なのか分からない骨董品、古美術品はいわゆる「ノーブランド」、買取価格は低くなります。しかし、ノーブランドでも歴史的に価値がある!と判断された場合には、高値で買取されるケースもあります。骨董品、古美術品には、作品としての価値もありますが、歴史的価値というものもチェックされるのです。骨董品、古美術品の価値を決めるのは、

  1. 作者
  2. 作品数
  3. 作られた時期

の3つです。

箱や付属品は骨董品と同じくらい大切

骨董品や古美術品の買取の際には、付属品の有無もしっかりとチェックされます。断捨離や、大掃除、引越、生前整理、遺品整理などで骨董品や古美術品を見つけた際には、箱の有無は選べませんが、もし、自身で購入した際には、箱や付属品は捨てないようにしておきましょう。

簡易包装が一般化しているので、箱は要らないもの、邪魔なものとしてしまうケースが多いのですが、骨董品、古美術品の世界では、箱はとても大切なものです。買取価格に大きく影響を及ぼす付属品のひとつと考えておきましょう。場所をとるものでも、捨てないのが鉄則です。不足品や箱は、骨董品の本体と同じくらい大切!という認識で、きちんと管理&保管しておくようにしましょう。

買取を依頼するタイミングも価格に影響

骨董品、古美術品には市場価値というものがあります。つまり、買取を依頼するのに最適なタイミングがあるのです。骨董品や古美術品にもトレンドがあります。話題になっている時期に買取を依頼すれば、当然高値がつきます。流行の時期が過ぎた後や、話題になっていない時期に買取を依頼すれば、それほど値がつかないこともあります。

覚えておくべきポイントは、買取価格は変動するということです。骨董品、古美術品を売却する際には、今、どのような作家、作品が人気なのかをリサーチする必要があります。買取福助ではこういった情報もお客様に提供しております。もし、買取価格のベストタイミングが気になる場合には、お気軽にご質問ください。お問い合わせ・ご相談は無料です。


骨董品、古美術品の買取の際に飛び交う単語は、耳なじみのないものが多くあります。少しでも高値で買取をしてもらいたい!と考えているなら、ひとつでも多く基礎知識を身につけておくと強みになります。「鑑定」「査定」の違いを知り、骨董品、古美術品を高値で買取してもらうためのポイントを抑えた上で、業者とやり取りをすれば、取引もスムーズに進むでしょう。もちろん、専門知識がなくても大丈夫。買取福助では、お客様の質問、疑問にひとつひとつ丁寧にお答えいたします。安心してご相談ください。

骨董品買取・無料出張査定なら63年の実績

骨董品買取なら創業63年の信頼と実績をもつ買取福助にお任せください。骨董品は、古美術、アンティーク、掛軸 、中国美術など種類が多いため、数多くの経験と豊富な …
任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル