骨董品 ああ

失敗しない! 骨董品買取業者の賢い選び方

「骨董品を売りたいけど、どうやって業者を選んだらいいかわからない」「どうやって売ればいいのか、どこへ売りに行くのがいいのか」とお悩みではありませんか?
骨董品や美術品、古いおもちゃなどを下取りしてもらいたいとき、業者によって査定額が大きく変わることをご存知でしょうか?

せっかくのコレクションを売却するわけですから、少しでも高く買い取ってもらいたいと思うのは当然のこと。そのためには、買取業者を正しく選ぶことが必須となります。
ここでは、骨董品を高く売却するために、骨董品買取業者の賢い選び方をご紹介します。

目次

なぜ、買取業者によって骨董品買取価格に差が出るのか?

お客様
お客様
骨董品の査定価格は、本物かどうかで決まるものですか?
福助
福助
実は、それだけではありません。その複雑な理由を知ることが高価買取できる業者選びにもつながります。

絵画や古いおもちゃなどのコレクションの買取をしているところはたくさんあります。最近はチェーン展開しているリサイクルショップも増えていますし、ターミナル駅の近くにはブランド品だけを専門的に扱う買取専門店があります。店頭のショーケースに美術品が飾られている古美術商や骨董品店が買取を行っていることもあります。

さすがに、掛軸や壺をブランド品買取専門店に持って行って正しい査定が行われると思う方はいないでしょう。ですが、似たような骨董品店でも査定額に差が出ることがあるのです。まずは、その理由を探ってみたいと思います。

真贋を見極められない鑑定士は高価買取ができない

真贋を見極める

骨董品や美術品、アート作品、アンティークなどを高価買取するには、真贋を見極める必要があります。著名な作家がつくったものと、それを模して作ったものでは、その価値は大きく違うからです。中には、一目見て区別できるものもありますが、精密に作られたものの見極めは非常に難易度が高く、プロの鑑定士でも自信をもって「本物」「偽物」と言い切れないことがあります。

高価買取をする条件は、それがまさしく本物であり、価値があると判断したことが前提となります。逆に言えば、本物かどうか分からないものに、高い査定額を付けることはできません。そのため、鑑定士の真贋の見極め力の差によって、査定額が大きく違ってくることがあるのです。

  1. 専門の骨董買取店→正確な査定ができる→店が損をしない→買取価格が高め
  2. 専門でない買取店→コピー品の鑑定が不安→店の損をカバーする必要がある→買取価格が低め

鑑定士にも得意・不得意がある

お客様
お客様
マニアうけするおもちゃのはずなのに、とんでもなく安い価格を提示されました
福助
福助
市場ニーズを把握していない鑑定士の場合、正しい査定ができない場合があります。

コレクションの中には、特定の熱狂的なマニアがいて高値で取引されているものがあります。昭和のおもちゃなどがその代表でしょう。ただ、マニアの数が少ないために、そのジャンルに精通している人でなければ正しいニーズを把握できないことが珍しくありません。このような場合、「ただの古いおもちゃ」と判断されれば二束三文の査定となりますが、「レアでマニアが探し回っているおもちゃ」と知っていれば、高価で買い取ってくれます。

鑑定士にはいろいろな経験を持ち、さまざまなタイプの人がいます。業界で有名な鑑定士でも骨董品や美術品、アンティーク、おもちゃのうちのどれか特定のジャンルのことしかわからない人もいます。「あの店には有名な鑑定士がいるから」という理由だけで買取業者を選ぶのは避けた方がいいでしょう。

日本の骨董品は見極められても、海外製品は苦手ということがあるのです。所有している品物を鑑定対象としている買取業者を探し出すようにしてください。

販路を持っていないと高価買取はできない

販路を持っている

買取業者は、骨董品や美術品などを買い取った後、それを販売することで差益を得ることで商売を成り立たせています。たとえ素晴らしい商品を入手できたとしても、その後の販売ルートがなければ、いつまでも手元に残ってしまいます。このため、手軽な価格で買取をするしかありません。

逆に、販路を持っていて、すぐにでも流通させることができると判断すれば、高価な金額をつけてでも下取りを行います。これが査定額の差となって現れます。

このように査定額の違いは、さまざまな理由からうまれます。単純に「見極め力が高い鑑定士がいれば高価買取になる」というものではないのが業者選びの難しいところです。

損しない!骨董品買取業者の選び方

骨董品・古美術品買取の場合、同じ品物であっても、お店によって大きな差が出てきます。そのため、骨董品・古美術品を売却する場合は、少しでも高額で買取してくれる買取業者を探したいと、誰もが思うはずです。

実は、それぞれ買取業者には、特徴があります。どんな特徴があるお店なら、安心して査定・鑑定・買取をすることができるのでしょうか?ここでは、お客様が損しない骨董品・古美術品の売り方を、解説していきます。

買取店の種類で買取価格が変わる

大きく分けて、骨董品・古美術品を買取するお店には「買取専門店」と「買取と販売の両方」を行う、2種類があります。この2つの違いを理解しておきませんと、買取価格に、差がでてしまうことがあります。

買取だけをしている業者 ・査定したお品物は買い取るだけで、自社で一般のお客様に販売しない
・買い取った品物は、骨董品市場か他の業者に転売する
買取と販売の両方をしている業者 ・査定したお品物は買取ったあと、自社の在庫とする
・買い取った品物は、一般のお客様に販売する
  • 買取専門店に売った場合

「お客様→買取専門店→業者市場→販売店→お客様」という流れになります。そのため、お客様から買い取った品物には、仲介手数料が上乗せされ、その後、業者市場(専門店)などの中間業者に転売することにより、その差額を利益としています。

  • 買取と販売の両方を行うお店に売った場合

「お客様→お店→お客様」という、中間業者を介さない流れになります。そのため、仲介手数料が発生しない分だけ、商品を高く、買い取ってもらえる可能性が高くなります。

買取と販売の両方をおこなっているお店がおすすめ

買取するお店の比較ポイント

基本的に、自社のWEBサイトや実店舗で、骨董品・古美術品などを販売していないのが、買取の専門店です。
できれば、そういったお店を選ぶよりかは、自社のWEBサイトや実店舗で、買取・販売も行っているお店を選んだほうが、高く売れる可能性があります。

しかし、買取・販売を行っているお店だからといって、どこでも良いというわけではありません。まずは、自分が売却したい品物を、専門に扱っているお店なのかどうかを確認することが大切です。

鑑定力があるお店の見つけ方

鑑定力がある経験豊富な鑑定士が査定するお店ほど、買取する価格が高くなる傾向にあります。しかし、自分が売却したい品物を買い取ってもらうお店が、目利き力や鑑定力があるお店かどうかはわかりません。

そのため、売りたい品物と、同じジャンルで、複数のお店で査定を依頼しましょう。査定をお願いする際は、査定料が無料なのかどうかも、確かめておきましょう。

お店によっては、査定料・鑑定料、出張料などを、請求されたりすることがあります。複数のお店の査定額を知りたかっただけなのに、何件も料金がかかってしまったという状況にならないためにも、しっかりと確認しておくことです。

複数のネット査定額は参考までに

複数のお店の査定額を知りたくても、自宅や職場近くに複数のお店がない、お店まで持って行く時間がないなどの場合は、電話でお問い合わせをするか、インターネットを介しての無料鑑定を利用すると良いでしょう。

近年では、携帯・スマホ、LINE、メールなどで品物の詳細と写真を送って、気軽に査定してもらうことができます。料金が無料で、鑑定してくれるお店が多くありますので、気軽に利用してみましょう。

また、お店によっては、宅配の買取や無料出張買取を、利用できるところもあります。ただし、品物や付属品の箱などの状態などは、実際、お店で品物を見ないとわかりませんので、あくまでも、インターネットでの査定額は、1つの目安と考えておいたほうが良いでしょう。

適正な買取価格を提示しているお店か

骨董品・古美術品の買取の場合、数千万円を超えるような高額な品物であっても、現金での即払いが基本です。お店に、資金力がない場合は、適正な買取価格を提示することができず、他のお店より、査定額が低くなる場合があります。

しかし、自分が売却したい品物を買い取ってもらうお店の資金力が、どの程度あるのかは、見た目などではわからないです。結局のところは、複数のお店で査定をしてもらい、買取額が高いお店や対応がよかったお店を、探すという方法になります。
もし、相場を調べたいなら、各お店の買取実績をみて、自分が売却したい品物と近い品物の価格を、比較してみましょう。

骨董品買取の相場とは?

骨董品の相場は、一般のお客様が調べることは、大変困難です。その理由としては、骨董品の相場は、時期と市場によって流動的に変わる「時価」が基本となるからです。そのため、骨董品の相場は、かなり変動します。

通常、骨董品を専門的に取り扱う業者であれば、骨董品業界に精通しており、現状の骨董品の相場・状況などを、きちんと把握しています。もし、現在の骨董品の価値や査定が知りたいということであれば、骨董品専門の買取業者に、商品の査定を頼んでみましょう。

骨董品を買い取ってくれる業者の種類

骨董品を買い取ってくれる業者の種類は1つではありません。まず、骨董品の買取をしてくれる業者にはどのような種類があるのかを知っておきましょう。

骨董品専門店

骨董品の買取を専門にしているお店です。鑑定士と呼ばれるスタッフが、骨董品かどうかの真偽を確かめ、その価値を値段にして買い取ってくれます。

骨董品専門店には2種類あり、「買取と販売の両方を同じ店舗で行っているお店」と、「買取だけして、品物は業者市場に流すお店」に分かれます。

美術商

彫刻や絵画などの美術の売買を行う業者で、アートディーラーとも呼びます。基本的には骨董品やアンティーク製品に限らず、現代の美術品も取り扱う業者です。

美術家から買い取った美術品を転売するケースもあります。

質屋

質預かりの制度があるのが、質屋です。質預かりは、品物を担保にお金を借りる制度で、一定期間の間にお金(元金)を返せば品物を返してもらえます。

アンティークショップ

アンティークショップは、骨董品や古家具、古美術品を扱うお店です。主に西洋の骨董品を扱うお店をアンティークショップと呼びます。

リサイクルショップ

使わなくなった家具や家電などを中心に買取販売するお店です。バッグや貴金属など、アクセサリーなども買い取ってくれます。不用品買取などをメインに打ち出しているお店が多いです。

個人売買

ネットオークションなどを使って、個人間で売買することも一般的になってきました。ヤフーオークションやメルカリなどもその一例です。

遺品整理業者

遺品整理業者は、亡くなった人の住んでいた家の中を整理してくれる業者です。必要なものは形見分けとして遺族に渡してくれますが、不用品は処分されます。

遺品整理業者に片付けを依頼し、そのまま骨董品などを買い取ってくれることもあります。

おすすめは骨董品専門の買取業者

このように骨董品を買い取ってくれる業者は複数ありますが、おすすめは、やはり、鑑定士のいる骨董品買取専門の業者。

骨董品専門の買取業者は、その骨董品の本当の価値を鑑定することができます。本当の価値を知っているからこそ、適正価格での買取が可能になります。

骨董品を高価買取してもらえる業者を選ぶ6つのポイント

ここからは、高価買取を実現するために、どのような基準で業者を選べばいいのかを解説していきます。

①専門知識を持った鑑定士がいること

専門知識を持った鑑定士

前述の通り、「本物だ」「ニーズがある」と判断しなければ高価買取は実現しません。そのため、高い見極め力を持った鑑定士がいることが高価買取の絶対条件となります。

鑑定士の中には、特定のジャンルに精通している人と、幅広いジャンルのものを広く査定できる人がいます。後者は、骨董品やアンティークを多く取り扱う買取業者に所属し、多種の商品を実際に査定できる環境にある人に多くいます。

たとえば買取福助の場合、絵画・掛軸・彫刻・銀製品・陶磁器・茶道具・ブランド食器・仏像・勲章のほか、宝石や貴金属・人形・おもちゃなどを広く査定しています。これは、骨董品の買取業者としての64年の実績の中でさまざまなお品を査定できる環境があったことに加え、古美術商で修業を積みながら鑑定眼を養ってきたことで実現したものです。

骨董品などの買取業者を探すときには、ぜひ鑑定士に着目してください。

②実績や歴史のある業者であること

お客様
お客様
信頼できる買取業者って、なかなか見つけられないのよね。
福助
福助
歴史や実績があるところは、地域の方に信頼されていることの表れともいえます。

息の長い事業をするには、誠実で真っ当な商売をしていることが絶対条件となります。骨董品の買取で言えば、真贋を見極められず間違った査定をしていればつぶれてしまうでしょう。また、店の利益だけを優先し、安く買取って高く売りさばくような商売をしていれば、信頼を得ることができず買取依頼がなくなり、商売を続けることはできなくなります。このため、歴史のある買取業者は、お客様にとって有利な価格設定を行うことで信頼を集めているところだと判断できます。

また、信頼されるお店であれば、査定依頼をされる商品の数が多くなり、実績を多く残すことができます。鑑定士の力量はますます向上し、単に見極め力が高まるだけでなく、多ジャンルの市場ニーズを把握するようになるのです。こうなれば、良い商品に高価な額をつけて買取っても、買い手を見つけることができるようになり、安定した商売が成り立つようになります。

長い歴史や実績がないから絶対にダメだということはありませんが、買取店選びのひとつの基準にするとよいでしょう。

③十分な資金力があること

十分な資金力

骨董品は、現金買取が基本です。査定した商品と引き換えに、現金をお渡しします。この商習慣では、資金力のない買取店は高価買取が難しくなります。
たとえば高価な掛軸を例にしましょう。本来は50万円の査定が妥当でも、その買取店に十分な現金がなければ、30万円という価格提示がされてしまうのです。このような事態を避けるために、資金力のある買取業者を選ぶ必要があるのです。

資金力を目安にするからと言って、必ずしも大きな企業の買取業者を選ぶ必要はありません。店舗を構えているなら、その内外装をチャックすることで、資金力を知ることができるかもしれません。また、鑑定士の服装などからでも推察できるものです。

④販売網を多く持っていること

販売網を多く持っている

骨董品や美術品の買取が行われた後、業者はそれを販売することで差益を得て商売を成り立たせているのは前述の通りです。下取りした商品を販売する手段を持っているところでなければ、高価買取は実現できません。

販売ルートとして、店舗で販売を行っていることもありますが、それはごく一部。業者間オークションに参加しているところや、海外にも販路を持っているところなどは幅広い商品を売ることができるため、高価買取が可能となります。

⑤無料査定を行っていること

無料査定を行っている

手数料やキャンセル料の有無は事前に確認しておく

お客様
お客様
査定料ってどれくらいかかるのかしら?
福助
福助
無料査定を行っているところを選ぶといいですよ。出張費やキャンセル料も不要なところもあります。

買取業者によって、査定が有料のところと無料の所があります。「査定が有料だから、一流の鑑定士が真贋を見極めてくれる」とか、「高い金額提示をしてくれる」ということはありません。中には、商品の買取り契約が成立した場合のみ無料というところもあります。これでは、商品を手放さないときには支払いだけが発生してしまいます。

買取専門業者の中には、持ち込み商品に対する無料査定を行うだけではなく、自宅まで出向いてその場で査定を行う「出張買取」も無料で実施しているところがあります。

また、買取をキャンセルした際に、キャンセル料がかかることもあります。複数の業者に依頼するときには特に注意が必要です。
査定を依頼する前に、鑑定料、手数料やキャンセル料、出張費など、費用がかかるものをすべてチェックしておくと安心ですね。

⑥すぐに現金払いしてくれること

すぐに現金払いしてくれる

お客様
お客様
お金はいつ支払ってもらえるの?
福助
福助
骨董品は現金取引が基本です。商品と交換にその場で現金をお渡しています。

骨董品など買取は商品と引き換えに現金を渡すのが基本です。ところが、後から現金を支払うスタイルの業者も存在します。この場合、「商品を渡したのに、いつまでたっても代金が支払われない」ということになりかねません。

これは必ずしも詐欺というわけではなく、委託のようなケースでも見られます。この場合、現金化に時間がかかった挙句に、「買い手から価格交渉があった」などという理由で安価になってしまうこともあるようで、たとえ査定額が少し高めでも、結局、高く買ってもらえなくなるので注意が必要です。

骨董品の買取方法

  1. 買取業者の店頭で買取
  2. 自宅での出張買取
  3. LINE査定・宅配を利用する宅配買取
骨董品の買取には主に3つの方法があります。

それぞれ特徴があり、最適なものを選ぶことが高価買取や手間のない売却につながります。逆に、買取方法の選択を間違ったために査定額が下がってしまうこともあります。「手間をかけて準備したのに残念な結果になった」とならないために、それぞれの買取方法の特徴を紹介します。

店頭買取

古美術品の買取方法で、一般的なのが「店頭買取」です。
店頭買取は文字どおり、買い取り専門業者の店舗に骨董品を持ち込んで、店の中で査定→売却をする方法です。
店に持ち込むのでその場で鑑定士に査定を依頼でき、スピーディに買取価格が分かるというのが大きなメリット。

鑑定士は、査定時に骨董品を見ながら購入時期や購入価格、お品物の来歴などの質問をして必要な情報を集め、より正確な買取額を提示します。

店頭買取の場合はほとんどの買取専門店で査定料不要ですし、買取価格を聞いた後に売却をキャンセルしてもキャンセル料がかかりません。査定をしてもらったとしても無理に売る必要はありませんから、そのまま自宅に持ち帰り、納得できる買取額になるまで買取業者に査定依頼を続けることも可能です。

持ち込み窓口のある買取店を選ぶ

店頭買取を希望するなら、持ち込み窓口のある買取店を選びましょう。
最近ではネットショップだけで運営している買取業者もあり、実店舗がない業者も多くあります。

また持ち込み窓口があっても、業者によっては店頭買取の時間が予約制というところもありますので、事前に電話や買取店のサイトなどで確認するといいでしょう。
予約の必要がない買取店なら、都合のいい時間に直接店舗へ骨董品を持って行き、査定してもらって売ることができます。

店頭で査定→売る→現金で支払いと言う場合は、依頼人の身分証が必要になります。
本人確認のための身分証は、

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • 特別永住者証明書
  • マイナンバーカード

などです。
いずれも有効期間内のもので、コピーでない原本が必要になります。

宅配買取

「宅配買取」は、売りたい骨董品を買取業者に宅配で送り、査定・買取を依頼する方法です。
査定を頼みたい骨董品を宅配で送ると、買取業者からメールやLINE、電話で買取額が提示されます。買取額に納得ができたら、そのまま売ることになります。

買取専門店が遠方にある、事情があって店頭に持ち込めず出張査定も難しいという場合は、自宅で手続きが終わる配買取が便利です。
ただし宅配買取の場合は、買取額が決まった後に売るのをキャンセルすると返送するための送料が必要になります。着払いで返送されてきますので、送料は依頼人の負担です。

無用の負担を避けるためにも、かならず事前にLINEやメールで査定をしてもらい、宅配買取を依頼したほうがいいのかどうか、確認をしてから売るうにしましょう。

出張買取

「出張買取」は、鑑定士に自宅へ出張してきて査定してもらう方法です。
骨董品の中にはレトロな家電やたんす、アンティーク家具など大型のものや状態がデリケートでご自宅から移動させたくないというお品があります。遺品整理などで大量の骨董品の査定をまとめて依頼したいケースなども、自宅での出張買取をお願いしましょう。

出張買取の場合は、事前に買取業者と日時の打ち合わせをおこない、鑑定士が自宅へ来てくれて査定・鑑定をします。せっかくですから自宅にある骨董品や古美術品をまとめて、査定してもらいましょう。

大きなサイズの絵画や大量の掛軸、重いブロンズ像、アンティーク家具や破損しやすいビスクドール、ガラス製品などは出張鑑定で査定依頼をしたい骨董品です。
なお、ほとんどの買取業者では査定料を不要としていますが、鑑定士交通費など実費だけは負担をお願いする業者もあります。

出張・訪問査定が可能な買取店を選ぶ

出張買取を希望するなら、出張および訪問査定に対応している買取店を選びましょう。
出張買取の場合は、鑑定士が店をあけて依頼人宅へ来ることになりますので、査定・鑑定ができるスタッフが複数在籍している買取店でなければ対応ができません。

またたいていの買取業者は、無料で出張できるエリアがは決まっていますから、事前に確認を。
出張買取で鑑定士に来てもらうと、査定額にかかわらず骨董品を売るしかないと思うかもしれませんが、査定だけでもOKという買取店もあります。

出張費・査定費・キャンセル料が一切かからず無料という買取店を探して売るのが、おすすめです。

査定前の注意点

査定を依頼する買取業者が決まったら、査定の前にするべき準備があります。
これが買取額に影響を与えることもありますので注意してください。
中には、買取額を少しでも高くしようと一生懸命にやった行為が仇となり、査定額が大きく下がったり、買い取れない状態になったりすることもあります。こうなってから後悔しても間に合わないので、まずは予備知識として以下をご参照ください。

修理はNG。素人が手を加えると、価値は下がります

お客様
お客様
茶道具の柄が取れていたんだけど、接着剤でつけていいかしら?
福助
福助
壊れていても、そのままにしておいてください。修理についてもこちらでアドバイスいたします。

古いお品の中には、壊れやすくなっているものがあります。陶磁器にひびが入っていたり、古い人形のパーツが落ちていたり、おもちゃの外箱が破れていたりすることがあります。それらが査定額を下げてしまうことはありますが、それを修理するとさらに査定額を下げることになります。骨董品の中には多少の破損があっても高価買取が可能なものも多くありますので、ご自身で修理をするなどということはないようにしてください。

無理のない範囲で綺麗にする。磨いたり洗ったりはNG

お客様
お客様
少しでも綺麗にした方が買取額は上がるの?
福助
福助
ほこりを払ったり、コレクションを種類別に整理するなど、ちょっとしたことはやっておいた方がいいですね。

修理はしてはいけませんが、表面のホコリを払い、少しでも綺麗な状態で査定に出してください。骨董品は保存状態によって価値に差が出るものでもあります。日頃から一定の手入れをしていると判断されることも高価買取につながるポイントとなります。掛軸なら巻きなおし、切手や古銭などは種類ごとに綺麗に並べ直します。

ただし、洗ったり、こすったり、磨いたりということはおすすめできません。それにより表面に傷がついたり、メッキを剥がしたりするからです。やり過ぎには注意してください。

共箱や鑑定書などの付属品を揃える

お客様
お客様
箱が汚れているから、中身だけ見てもらった方が高価になりそう。
福助
福助
いえいえ。箱や付属品は必ずセットにするのが高価買取のコツです。

骨董品は本体が重要なのはもちろんですが、外箱や台座などといった付属品も含めてひとつの商品としての価値があることが少なくありません。中は綺麗でも、外箱が日に焼けているとか、おもちゃの中身は綺麗だけど箱が破れている等の理由で処分してしまう方もいらっしゃいますが、ぜひ一緒に査定に出してください。廃棄するのは査定が終わってからでもできること。まずは一度全てをセットにしておくことが高価買取の基本です。

購入時期などの情報を整理する

お客様
お客様
買い取ったときのメモがあるのですが、これも伝えた方がいいの?
福助
福助
ぜひ、お伝えください。情報は少しでも多い方が査定がしやすくなります。

骨董品集めを趣味にされている方の場合、購入時期やその時に美術商から聞いた情報などをまとめていることがあります。骨董品を購入したデパートやギャラリーの領収書などは査定をする時に参考になりますので、代理で処分する際にはぜひ確認してください。

中には、「査定を依頼したけれど、その後見つかったメモを見たら意外に安いものだった」ということもあります。でも、安く購入したものが実は高価なものだったということがあるのも骨董品の魅力です。もう予定を入れているのなら、ぜひあきらめずに査定をしてもらってください。収集家さんの目利きにより、お宝発見というケースもあります。

インターネットで骨董品買取業者を探すときのポイント

最近は、インターネットでさまざまな情報がを検索することができます。骨董品を売る際も、ネット上で情報収集する人が多いのではないでしょうか。ここでは、インターネットで買取業者を探す際のポイントをご紹介します。

検索で探すときのポイント

骨董品の買取業者を探すなら、「骨董品 買取」などの検索ワードを入れて検索しましょう。自身が売りたいものが絵画なら「絵画 買取」など、売りたい品目名で検索することもできます。

お住まいの近くかもチェック

インターネット上では、全国のお店が検索結果に出てきてしまいます。自分の住まいには対応していない業者という可能性も。実際には東京に住んでいるのに、大阪のお店の情報が出てくることも少なくありません。

特に、持ち込みでの査定や出張買取を希望している場合は、行動範囲内や対応範囲内の店舗を探す必要があります。「東京 骨董品 買取」「港区 骨董品 買取」など、地域名も入れて検索してみましょう。

公式サイトの情報を必ず確認しよう

骨董品買取店舗の情報は、公式サイト以外の口コミサイト、まとめサイトなどにも掲載されていることがあります。古い情報や誤った情報が掲載されている場合もあるので、公式サイトの情報を合わせて確認すると良いですね。

多くの場合、サイトの一番下などにお店の情報が掲載されています。また、骨董品の買取業者の許可番号である「古物営業法許可番号」なども記載されていますので、併せて確かめておきましょう。

骨董品買取業者を選ぶ時は口コミやおすすめランキングを鵜呑みにしない

骨董品買取業者のおすすめランキングや、口コミサイトでは、主要な買取業者がランクづけされているのを見ることができます。全国展開しているチェーン店や、関東圏、関西圏など広く支店をもっている店舗は個人の業者と比較すると利用する人数が多いため、口コミが集まりやすいかもしれません。

しかし、ランキングサイトは公平と見せかけて特定の業者に誘導する企業ブログであったり、ランキングに登場する業者との利害関係がある運営者によってあらわされていたります。また、複数店舗のある業者の場合は、地域や店舗によって対応が違うこともあります。そのため、どれだけ良い口コミであっても100%すべてを信じるのではなく、あくまで参考程度にとどめておくのが良いでしょう。

出張買取を依頼する時にはお店の口コミと査定スタッフの対応を確かめて

大量の骨董品がある、店舗まで骨董品を持ち込む時間がないという場合は、出張買取が便利です。
出張買取は、鑑定士や買取業者が自宅を訪問し、その場で査定と買取をおこなう買取方法です。よほど高額な査定額でない限り、即引き取り&その場で現金払いが基本なので、1日でやり取りが完結。忙しい現代でも、気軽に申し込みやすいのが特徴です。

しかし一方で、「自宅を見られるのに抵抗がある」、「押し買いされないか不安」という声があるのも事実です。
営業しているほとんどの買取業者は、許可された部屋にしか立ち入らない、査定額に納得しない場合は買取を不成立とします。

ニュースで報道される、希少なものも安値で無理やり買い取ってしまう押し買い業者は、業界のほんの一部に過ぎません。
こうした悪徳な業者を避けるためには、口コミと申し込み時の対応の両方を確認するのが良いでしょう。

複数の骨董品買取業者に査定を依頼しよう

初めて骨董品を売る場合、最初からどこか一つの業者に決めてしまうのは不安もあります。そんなときは、複数の業者に査定を依頼してみましょう。

複数の業者に査定をしてもらうことで、より高値がつく可能性もありますし、比較することで業者の良し悪しも見えてきます。

相場がわからないからこそ、実際の査定額で業者を選択するのも賢い選び方です。

まとめ

「骨董品の買取業者をどのように選べばいいかわからない」というお悩みは解決したでしょうか?

骨董品を買い取ってくれる業者はいろいろありますが、おすすめは「骨董品専門の買取業者」。得意ジャンルやスタッフの対応、査定方法など、いくつかのポイントをおさえて、信頼できる業者を選びましょう。複数の業者に査定を依頼することで、安心して、より高値で売ることができます。その際には、査定料や出張費、キャンセル料の有無にも注意してくださいね!

骨董品買取