遺品整理は何から始めればいいの?もめない遺品整理のコツと進め方

散らかった部屋

故人が亡くなってまもなく、遺族が行うのが遺品整理。故人の大切なものから、生活で使っていた身近な品などを片付ける遺品整理は、遺産相続の問題などにも絡んでくる作業です。

この記事では、「遺品整理は何から始めればいいかわからない。もめない遺品整理のコツと進め方を知りたい。」という方に向けて、遺品整理をスムーズに行うコツと進め方をご紹介します。

遺品整理を始める時期

手をつなぐ老夫婦の後ろ姿

遺品整理をする際には、何を捨てるのか、何を形見分けにするのか、または買取業者などに買い取ってもらうのか等、ものの要・不要を冷静に見極めなければいけません。

部屋の大掃除などをしたことがある人ならご存知かと思いますが、この「整理する」という行為はそれだけでも大変です。遺品整理は法律などで期限が決められてはいませんので、ある程度気持ちの整理がついてから、作業に取り掛かっても大丈夫です。

ただし、お金になるものは遺産相続の対象になるため、早めにわかっておいた方がいいこともあります。先に高価そうなものだけ鑑定してもらうなどして、それ以外の遺品については、あなたの良きタイミングで片付けるようにするのも、遺品整理で焦らないためのコツでしょう。

大切な人が亡くなったあとは、なかなか遺品整理に取り掛かれないもの。他にも家族がいれば、一緒に協力しながら徐々に整理していくように段取りをつけましょう。

いるものといらないものを分別する

整理されていない部屋

遺品整理の進め方としては、まず、故人の持ちものを一つ一つ確認しながら、いるものといらないものを分けていきます。

必要なものと不要なものを分別したら、次に不用品の処分方法について確認しましょう。遺品の中には、粗大ごみなどに出さなければいけないものも多いため、その処分方法も確認して、今後の遺品整理の段取りを把握しましょう。

また、勝手に遺品の整理をしてしまうと、遺族が複数いる場合、もめる原因にもなりえます。勝手に捨ててしまう、売却処分するなどの判断はトラブルになるため、遺族全員で財産分与について話し合いながら作業を進めるようにしましょう。

もし、この作業の中で高額なものなどが見つかった場合、相続税などの問題も出てきます。常に話し合いながら作業ができると安心ですね。

要不要を分ける段階では、思い出がこもった遺品たちに作業の手を阻まれることもあります。ある程度は思い出に浸っても仕方ありませんが、そのままではなかなか遺品整理は進みません。遺品整理に入る際には、ある程度割り切れるように、心を整えてから取り掛かるのがおすすめです。

いらないものの処分方法を決める

相談

家財道具や家電

基本的には、不要であればリサイクルに出します。不用品買い取りサービスなどもあるので、それらのサービスを利用してもいいでしょう。すでに使えなくなっているものがあれば、自治体の粗大ごみ収集などに出します。

衣類、着物

故人が着ていた衣類は、形見分けにする、ゴミとして処分する、リサイクルに出す、などの方法で処分していきます。

衣装の多い故人の場合は、そのすべてを一度に処分することが難しいケースも。不用品買取などを利用しながら、賢く処分しましょう。また、自治体によって捨て方に決まりがあります。適当に捨てれば、回収してくれないこともありますので注意してください。

骨董品や美術品、趣味で集めたもの

故人が趣味で集めた骨董品や美術品などは、一度、骨董品などの買取業者に査定してもらってから処分することをおすすめします。

骨董品や美術品の中に高額な物品が含まれていると、相続税の対象になることもあります。相続税の申告の前には必ず査定してもらう必要があるので、親族ともめないためにも、プロに頼んで価値を明らかにしておいたほうがいでしょう。もし、売却しようと考えているなら、その点も遺族同士で話し合って決めるようにしてください。

宝飾品

宝飾品は高価なものも多くなります。また、生前に故人が身につけていたという記憶があれば、思い入れも強く、簡単には処分でいないかもしれません。

もし、処分を考えるのであれば、宝飾品類は買取業者などに一度査定してもらうことをおすすめします。こちらも、骨董品や美術品と同じで、相続税に関係する可能性があるので、一度価値を調べておき、遺産分配がきちんとできるようにしておくといいでしょう。

遺品整理業者を利用する方法も

家具を運ぶ遺品整理業者

故人の遺品が多い場合や、忙しく遺品を整理する時間がない方などは、遺品整理代行業者に依頼するのもひとつの方法です。

遺品整理の代行業者は、遺品を整理して、形見分けするものと不用品をより分けてくれるサービスです。また、処分する方法も1つではなく、リサイクル処分や買取処分など、さまざま選べます。

代行業者を利用するメリット

遺品整理の代行業を行っている会社は、いわば「遺品整理のプロ」です。手早く整理をし、処分まですべて行ってくれます。特殊清掃が必要になるケースも多く見られますが、そういったサービスに対応しているのも遺品整理業者の特徴です。また、遺族が遺品整理をすると、大切な人を失ったと再認識させられ、つらい気持ちになる可能性も。このような精神的負担を軽減するためにも、代行業者は良い助けとなるでしょう。

遺品の中には、家電や貴金属、骨董品、衣類など、さまざまなものが含まれます。それらの正しい処分の仕方はそれぞれ違い、処分の申請だけでも骨が折れる作業です。代行業者なら、これらの手続きもすべて請け負ってくれます。

また、清掃まで業者に依頼すれば、あなたが遺族の部屋を掃除する必要もありません。忙しくなかなか遺品整理ができない、遺族が自分しかいないというケースでは、とても便利でありがたいサービスと言えるでしょう。

代行業者を利用するデメリット

遺品整理の代行業者を利用する際には、ある程度の費用が発生します。遺品整理の代行業者は少なくとも2人以上でやってくることが多いので、人件費がそれなりにかかることを忘れてはいけません。

費用の相場は、遺品整理のボリュームによって変わるのが一般的。軽トラック1台分程度の遺品整理であれば3万円程度で済むこともありますが、それ以上になると、10万円、20万円と、費用はアップします。

また、きちんとした代行業者を選ばないと、多額の追加料金を請求されることもあります。適当に作業され、大切なものを不用品と判断される可能性もあるので、細やかな作業をしてくれる信頼のおける業者を探すことも大切です。

まとめ

家族がいる限り、すべての人が経験するかもしれない遺品整理。故人の死を悼みながらも、残された人たちは忙しい毎日を送らなければなりません。頼れるところは代行業者の手を借りるなどして、負担のかかりすぎない遺品整理を行うことも一つの方法です。遺品整理でもめないためにも、生前整理である程度の整理をしておくことも、スムーズな遺品整理のコツなのです。

遺品整理

遺品買取・遺品整理

遺品買取や遺品整理は処分や整理業者を呼ぶ前に「価値のわかる」買取福助にご相談ください。本当の価値をしっかり査定し、故人、ご遺族の想いを大切にいたします。年間買取実績10000点以上、遺品の査定はオークショ…

東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
合同会社リープオブフェイス【買取福助】 古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル