掛け軸の売却価格を知る方法

掛け軸の売却相場

昔の日本家屋には、ほとんどと言っていいほど床の間がありました。床の間があるため、どの家にもだいたいいくつかは掛け軸があったものです。しかし時代が変わり、掛け軸のことに詳しい人も減っています。

この記事では「売却価格の決め手はどこか」など、掛け軸の売却相場を知る方法をご紹介します。「家の整理をしたら、物置から掛け軸が出てきたけど、売れるのかな・・・?」「おじいちゃんの遺品の掛け軸、いくらぐらいなんだろう?」と疑問をお持ちの方は参考にしてください。

掛け軸の相場価格は何で決まる?

まずは、掛け軸の価値がどこにあるのかを知ることから始めましょう。骨董品買取業者などは、ここで紹介するポイントを基準に掛け軸の値段を決めています。

作者の人気や知名度

作者が有名な作者であれば、その掛け軸は高値がつきます。場合によっては、数十万、高い時には数百万にものぼる高値がつくことも珍しくありません。

また、人気のある画家や書家が制作した掛け軸であれば、世間的な知名度も高くコレクターなども多いため、市場に流せばすぐに買い手がつきます。一流の作家であれば、買取業者も自信を持って高値で買い取ろうとするでしょう。

描かれた年代

古い掛け軸はそれだけで価値があります。長いときを超えて現代まで残ってきただけでも、希少なものだと感じるもの。希少であればそれだけ高くなります。

掛け軸に描かれる絵は、その時代を知る一つの指標です。当時の流行の技法、思想、生活、宗教観等、さまざまなものが反映されています。

中にはこうした時代性とは違う価値観で描いた掛け軸もあるでしょう。「この時代にこんな掛け軸があったなんて」というような品であれば、その希少性から高値がつくこともあります。

肉筆か印刷か

掛け軸の中には、もともとある肉筆の掛け軸を印刷して複製したレプリカ製品もあります。とくに有名作家のものであれば、印刷した複製品でも買い求める人は少なくありません。

ただ、買取査定の価格は、やはりオリジナルの肉筆で描かれた掛け軸の方が上。

どれくらい劣るかというと、例えば、肉筆で描かれた掛け軸が10万円以上するのに対して、印刷したものは高くても2万円程度。それ以下である可能性もゼロではありません。

ただ、中には印刷したものか、肉筆のものかを見極めるのが大変な場合があります。本物かどうかを確かめるのは素人では難しいため、一度プロの鑑定人の目で確かめてもらうのが大切です。

同じ作者でも作品によって大きな価格差があることも

絵画や壺などでも同じですが、同じ作家だからといって一点一点の掛け軸が同じ価格とは限りません。同じ作家でも作品によっては、大きな査定額の違いがあるのです。人気のある作品、有名な作品などは、それだけ高価な査定となるケースがあります。

作者の人気にも流行がある

相場は基本的に時価

買取業者は、「今売れるか」を考えます。今買ったものを、1年後、10年後に市場に流そうとする業者はほとんどいないはずです。相場は時価で変わるので、市場のニーズが変われば査定価格も変わる可能性があります。

欲しい人が多ければ価値が上がる

簡単にいえば、欲しい人が多いか少ないかで、骨董品の市場価値は変わっていきます。例えば、オークションを思い浮かべてください。

オークションでは、人気の高い品物ほど競り合いになり、たちまち高額な金額で売買されてしまいますよね。人気があって欲しい人が多ければ、買取査定額も高くなります。

人気のない作家が再評価されることも

例えば、今、あなたが持っている掛け軸を売却しようとしたら1万円だったとします。しかし、その掛け軸を描いた作家が世間に注目され、査定から1年後に人気が高騰したとしましょう。

そこで、あなたは同じ掛け軸をもう一度査定に出しました。人気が上昇した後に同じ掛け軸を査定に出したら、その査定額はなんと10万円に!

人気で決まる骨董品買取の世界では、このようなことが起こります。買い手がつけば、骨董品の買取業者が高値をつけてくれる可能性が高まるのです。

海外ファンの買付も相場に影響する

日本では珍しくないものも、海外の人にとっては珍しかったりします。また、日本ではまったくコレクターがいなくても、海外ではコレクターが多かったりするのです。

掛け軸についても、海外ファンは少なくありません。そのため、日本のオークションに海外からの買い付け客がやってくることもあるのです。

骨董品買取をしている業者は、このようなコレクターが集まるオークションなどに品物を出し、利益を出しているケースがあります。そのため、日本では人気がなくても、海外で人気があれば、査定額が高額になる可能性はゼロではありません。

売却価格を上乗せするポイント

表装

表装(ひょうそう)とは、掛け軸の絵以外の部分、絵を張り込む土台となる部分を指していいます。

この表装部分は外気などにも晒されやすく、布や紙で仕立ててあります。そのため、シワ、ヨレ等ができやすく、それが価値を下げてしまうのです。掛け軸は巻物になっているため、保管中も外側が汚れやすく破損しやすいもの…。

しかし、この表装部分の状態が良ければ、プラス査定になることもあります。

箱や資料などの付属品

どんな骨董品でもそうですが、箱やもともと添付されている資料などの付属品は取っておくことが大切です。これがあるかないかで、査定額に大きな開きが生まれます。

保存状態

保存状態が悪ければ、保存状態がいいものに比べて査定額は低くなってしまいます。どんなに有名作家でも、シミや破れなどがあれば査定額が低くなる可能性もあるので注意しましょう。

修復はしたほうがいい?

人によっては、「これくらいの汚れは消しゴムで落ちるのでは…」と、素人考えに修復をしてしまうことがあるようです。しかし、鑑定人はいくつもの掛け軸を見ているプロですので、そのような修復はすべて見抜けます。

もともとある汚れよりも、自分で修復したことが減額ポイントになることもありまえますので注意してください。

相場や価格を知るにはプロの査定が一番

作者がわかっても、相場は一般には公開されていない

この文章を読んでいるあなたは、自分が持っている掛け軸が「いくらなのか」を検索されているのかもしれませんね。

しかし、どんなに作者が判明していたとしても、価格はネットで見つけることはできません。時価などで変動しやすいこともあり、ネット上などでその価値が公開されることはまずありません。

掛け軸の相場をよく知っている鑑定人に査定依頼を

掛け軸の価値を知りたい場合は、鑑定人に査定を依頼してみましょう。できれば、掛け軸の買取実績がある、相場に詳しい鑑定人に任せるのがおすすめです。

ホームページに、買い取り実績を掲載している買取業者もあります。その情報などを参照すれば、その業者が掛け軸の相場に詳しいかどうか、確かめることができるでしょう。

まとめ

家の建て替えや遺品整理をきっかけに掛け軸の売却を考えていても、その相場や価格を簡単に知ることはできません。

わからないから捨ててしまおう、という前にちょっと踏みとどまって。掛け軸の鑑定実績がある業者に査定を依頼することで、もしかしたら価値があるものと判明するかもしれませんよ。

掛軸買取

掛け軸買取・無料出張査定なら63年の実績

掛け軸の高価買取なら、創業63年から続く買取実績と鑑定歴をもつ、掛け軸専門業者・福助に、お任せください。色紙・短冊・屏風・水墨画や中国掛軸など、様々な書画・掛軸を、相場を熟知した専門の鑑定士が無料査定・鑑…

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル