高く売るコツ・買取業者の選び方

高い売却金額のお札

絵画・掛軸などの骨董品を高く売るコツ

骨董品を高く売る秘訣を教えます。骨董品や絵画掛軸や美術品などの処分を考えている方はたくさんいらっしゃいます。

そんなとき、「高く買い取ってくれるお店を探そう」と考える人は多いのですが、「同じ商品でもどうやったら高く売れるのか?」を考える人はあまり多くありません。
出来るだけ「高く売る」秘訣をみなさんだけにお教えしたいと思います。

面倒なことはイヤ…という方でも簡単にできる、高価買取を叶える「心がけ」や「工夫」をここでは紹介します。

【1】箱・鑑定書・保証書など付属品を併せて準備しましょう。

付属品を併せて準備しましょう。買い取ってほしい品物に箱や袋などの付属品はついていませんか?少し汚れているから、古いからと捨ててしまうと、みすみす高価買取のチャンスを逃すことにもなります。

鑑定書、保証書、領収書、箱など付属品などのある無しで、査定額が大幅にアップする可能性も。
購入時の付属品や購入価格が分かる資料などを出来る限り準備しましょう。

【2】「売りたい」と思ったらすぐに査定を

プロの厳しい目で鑑定します。ご家族が亡くなって遺品整理をしていたら、故人が所有していた山ほどの骨董品や着物、絵画や掛軸などが出てきた…。というご家庭は少なくありません。

大量に遺品があれば処分をするのも面倒ですし、「いつか売ろう」という気持ちで放置してしまうことが多いのも事実。

しかし、このまま放置してしまえば、品物はだんだんと劣化し、価値が下がってしまう可能性も。着物や掛軸などは、シミや虫の発生の危険性もありますし、日本画や油絵などの絵画は褪色が進みます。骨董品の中にはひどくカビてしまうものもあり、劣化が避けられないのです。

「売りたい」と思った時にすぐに査定してもらうことが、高価買取の大切な秘訣と心得ましょう。

【3】査定を受けなければ高価買取のチャンスはない

思わぬ物がお宝に!高く売れるのかわからないからと査定を見送ってしまうと、その価値はいつまで経ってもわからないままです。

当店に査定を依頼されるお客様の中には、「こんなものは売れない」「変なものだ」「ゴミ同然」と思っていたものが、思わぬ高額査定に繋がったというケースが多々あります。

骨董品や美術品はなかなか素人目にはその価値がわからないもの。
信頼できる買取業者を見つけて査定を受けてみましょう。

買取業者を選ぶコツ

業者がいいか悪いか?

多くの骨董品・美術品の買取業者は「高価買取」を謳っており、どの業者が本当に高額査定をしてくれるのかわからないもの。その際には、以下の4つのポイントをチェックしてから業者に買取査定の見積もりを依頼するといいでしょう。

  1. 手数料は無料かどうか
  2. 広い範囲にチェーン展開している業者かどうか
  3. 品物にあった専門店かどうか
  4. 査定経験が豊富な鑑定士が在籍しているか

【1】各種手数料が無料の業者

まず、査定額が高くても、出張費用や査定・買取の手数料などを請求する業者は避けましょう。査定額が高くても、その他でかかる手数料などがあれば、トータルの買取額が低くなる可能性があります。

査定を依頼する前に、手数料などの諸費用が発生しないか確認しておくことが大切です。

【2】地元の業者を選ぶ

また、全国などの広い範囲にチェーン展開している業者は、広告費や人件費の確保のため、買取額が低く設定されていることもあります。
出来るだけ家から近い場所に店舗のある業者で、即日対応してくれるお店に査定を依頼しましょう。

【3】品物に合った専門店で売却しましょう。

同じ品物でも、鑑定士の技量、販売力や運営経費などの違いで買取価格はお店によってバラバラです。

一口に骨董品といっても、壺や掛軸、茶道具や陶磁器、絵画、彫刻品などさまざまなジャンルのものがあります。
査定経験や買取実績が豊富で品物の価値を正しく評価出来る専門店に査定してもらうことが重要です。

査定経験が未熟な買取店で鑑定をしてもらっても、ちゃんと鑑定できません。
盲腸で眼科に行ったり、風邪で外科を受診しても正しく診断できないように、未熟な鑑定士では、本来価値があるものでも正しく評価できず高価な品物でもゴミ同前になってしまいます。

1円でも高く売るためには、品物にあった専門家の鑑定が必要です。
一例として、家具、家電、金券、楽器、貴金属まで幅広く買い取りしているフランチャイズのお店は、専門性が低く鑑定レベルの低いお店が多くオススメ出来ません。
『餅は餅屋』 家電は家電買取専門店、楽器は楽器店など専門店に品物に応じた専門知識を有する専門店に相談しましょう。

【4】長く続いていて、鑑定経験豊富な鑑定士のいる店で見積を取りましょう。

出来れば10年以上の歴史があるお店で、しっかりした鑑定経験のある鑑定が在籍しているお店で見積を取りましょう。
「ベテラン鑑定士在籍」「熟練したスタッフが鑑定」などの文言に騙されず、具体的にどんな鑑定経験があるか確かめましょう。
特に、ダイヤモンドや宝石、美術品などの鑑定が難しい商品は、買取価格に数十倍の差がつくこともあるので、注意してください。

相見積もりを取って買取価格を比較しましょう。

上記4つの条件をクリアする複数のお店で相見積もりを取りましょう。
店ごとの値段の違いや、おおまかな価格の目安が分かります。