骨董品 ああ

高価買取のコツ!中古食器処分のお役立ち情報

高価買取のコツ!中古食器処分のお役立ち情報

もう使わなくなった中古食器をどう処分すればよいのかと悩んでいる方もいるでしょう。数が多くてごみとして捨てるのも面倒だし、だからといってどこで買取してもらえるかわかりませんし…。そんなお悩みが解決できるように「中古食器を売却するところ」「買取店で喜ばれる中古食器は」「中古食器を高く売るポイント」などをまとめました。ぜひ、参考にしてください。

いらなくなった中古食器類はどうする

いらなくなった中古食器類はどうする
引っ越しやリフォーム、年末掃除などで食器棚やその周辺をきれいに整理しようとやりはじめまると、箱に入ったブランドのお皿やノーブランドの食器などがでてきます。そして誰もが思うことは「売りたいですけど、どこに出したらよいのかわからない」「面倒だからゴミとして処分」「フリマアプリやネットオークションに出品してみる」「もったいないのでフリーマーケットにだす」「寄付する」など、いろいろな処分方法が浮かんできます。

中古食器を売却するところは

中古食器を売却するところは
できれば、中古食器をごみとして処分するのではなく「少しでも買取してもらいたい」と考えている人がいた場合、次に疑問に思うことは「どこに出せばよいのか」です。主に、売却するところはリサイクルショップ、フリーマーケット、フリマアプリやネットオークション、食器買取専門業者などです。
次に、それぞれの良い点と悪い点をご紹介しましょう。

リサイクルショップで売る

リサイクルショップは、大型店と個人経営しているところがあり、取り扱う商品もお店によって異なりますが、主にブランド品から古着、家具や家電、中古食器・新品食器など、様々な商品(製品)をまとめて買取してくれるところが利点です。売る際は、きれいにしておくこと、セットものは数を揃えてだす、箱にいれてだすのがポイントです。但し、リサイクルショップの場合は、お皿や食器は衛生面のことがあるため、箱に入れてある未使用なものに限られているところが多いようです。ブランド品のものでも、キズなどがある場合は、買取不可になる場合があります。まれに、個人リサイクルショップでバラの食器などを含めた中古食器を、グラム数で安く引き取ってもらえるところがあります。処分するには便利ですが、少しでも高くと希望する人にはあまり向いていないようです。

フリーマーケットに参加する

フリーマーケットの良い点は、自分の希望する価格を提示でき、その場で商品(中古食器)を手渡すことができるため、配送料などがかからないところです。フリーマーケットでは、個々の好みがありますので、ノーブランドの中古食器であっても、自分が希望する価格で売れることがあります。どちらかといったら、需要があるのはバラより、セットのほうが高い傾向にあるようです。但し、フリーマーケットを出店する際に出店料がかかります。会場にもよりますが、平均2000円くらいかかりますので、売れた金額がそれ以下になりますと、逆に損をしてしまいます。また、値下げ交渉されることがあります。運よく希望価格で売れればよいと思っている人や、安くても処分するために少しでも買取してほしいと考えている人には向いている方法でしょう。

フリマアプリやネットオークションを利用する

フリマアプリやネットオークションの便利なところは、店舗などに、わざわざ足を運ぶ必要がなく、自分の好きな時間に出品できるところです。また、自分で希望する価格を設定することができますので、うまくいけば中古食器を高い価格で売ることができます。但し、買い手が現れなかったり、思った値段が付かなかったり、手数料や配送料などの費用がかかるなどの悪い点もあります。また、古食器のある程度の知識が必要ですし、個々でのやりとりになるため、トラブルにも気をつけなくてはいけません。ある程度の手間がかかっても、この金額で売りたいと考えている人には、向いている方法でしょう。

中古食器買取専門業者にだす

中古食器は和食器、洋食器、ブランド・ノーブランドの食器など、様々あります。中古食器買取専門業者に売却する利点としては、和食器や洋食器などの鑑定技術が高いですので、価値に見合った査定を出してくれるところです。買取専門業者によっては、ヒビ割、傷や汚れがある中古食器でも、ブランド問わず無料で査定してくれるところがあります。また、中古食器のなかには、食器としてではなく、古美術品として価値がつくものもあり、高価買取になる場合があります。但し、買取専門業者によって、査定価格が異なります。また、査定料や配送料などがかかるところもあります。不要な中古食器を売りたい、アンティーク食器やブランド中古食器があるなど、いくらになるのか知りたい人や売りたい人には、向いている方法でしょう。

使用済みの食器は買取してもらえるのか

使用済みの食器は買取してもらえるのか
引っ越しなどで、普段使っていた使用済みの食器を処分しなければいけない時もあると思います。そもそも、個人の家で使用していた食器は買取してくれるのかということですが、出す品物や業者(お店)によって、買取してくれるところと、してくれないところがあります。但し、ほとんどのところが一度でも使用した食器は、受け取らないところが多いようです。もし、買取してくれた場合でも、査定基準は業者(お店)によって異なります。

買取店で喜ばれる中古食器は?

主に、ブランドの中古食器です。例えば、日本の食器ブランド「ノリタケ」や「大倉陶園」、海外有名ブランド「ロイヤルコペンハーゲン」や「マイセン」などです。また、有名作家によってつくられた和食器や有田焼・九谷焼などの有名産地でつくられた食器です。さらに、高級料亭の大皿は、食器としての価値だけではなく、古美術品として価値が認められる場合が多くあります。このような食器には、コレクターが多く存在しているため、価値があります。そのため、多少の欠けなどのコンディションが悪いものであっても、買取してくれる可能性があります。

いらない中古食器を高く売るポイント

いらない中古食器を高く売るポイント
中古食器を売るなら、少しでも高値で買取してほしいと誰もが思うものです。ここでは、できるだけ高く売るポイントを3つご紹介いたします。ぜひ、参考にしてください。

1社だけではなく複数見積もる

中古食器の買取価格は、買取専門業者ごとに異なります。そのため、複数の買取専門業者から見積もりをとることが大事です。また、買取専門業者ごとに強みがあります。例えば、日本・海外と独自の販売ルートを数多くもっているところや、ブランド食器のみだけを限定にして買取する業者もいます。特に和食器(陶器系)やアンティーク食器の場合は、古美術価値があるため、骨董品の鑑定ができる買取専門業者のほうが良いでしょう。骨董品についての知識があるか、ないかで、買取価格が大きく異なってきます。そのため、事前に査定に申し込んでおいたほうが良いでしょう。

目につく汚れを落としておく

どんな中古食器でも、埃はついています。軽く埃をはらい、きれいに拭きとりましょう。
また、落とせる汚れがある場合は、査定に出す前にきれいにしてからだすと、査定価格がアップしやすくなります。中古食器を洗う場合は、ゴシゴシと強くこすって洗ってしまうと、傷がつきやすくなり、逆に査定額を下げることになりますので、必ず優しく洗ってあげましょう。また、タワシなどを使わずに、柔らかいスポンジを使うことです。洗ったあとは、しっかりと水分をとってから、保管しましょう。

箱などをセットにして売る

食器は、割れやすいため、購入する際は、必ず箱に入れてあります。特にアンティーク食器やブランド食器の場合は、付属品である箱を一緒に出すことにより、査定額が高くなります。もし、手元に箱が残っているようであれば、必ずセットにして出しましょう。また、箱の見た目が汚いと査定額が下がってしまうため、箱の内・外側をきれいにしてから、買取にだしましょう。

まとめ

何もせずに中古食器を捨ててしまうのは、いつでもできます。少しでも買取してもらいたい場合は、ブランド品であれば、ブランド中古食器に特化した業者、アンティーク食器であれば、骨董品の鑑定ができる業者と、売りたい中古食器にあわせた業者を選びましょう。