ハインリッヒ・ハンドベルク・ビスクドールの買取・査定相場

ハインリッヒ・ハンドベルク スリーピングアイ 55cm

ハインリッヒ・ハンドベルク買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切なハインリッヒ・ハンドベルクの価値を査定いたします。

価値の分からないハインリッヒ・ハンドベルク製ビスクドールの査定や、不要なハインリッヒ・ハンドベルク人形の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ハインリッヒ・ハンドベルクの買取相場

品名買取相場
ハインリッヒ・ハンドベルク ビスクドール 119 23,000~38,000円
ハインリッヒ・ハンドベルク ビスクドール 109 10,000~18,000円
ハインリッヒ・ハンドベルク ビスクドール 99 8,000~15,000円
ハインリッヒ・ハンドベルク ビスクドール 119-13 5 12,000~20,000円
ハインリッヒ・ハンドベルク ビスクドール 全長65cm 10,000~17,000円
ハインリッヒハンドベルク ビスクドール 約61cm 9,000~15,000円
ハインリッヒハンドベルク ビスクドール 約70cm 14,000~24,000円
ハインリッヒハンドベルク ビスクドール 約56cm 10,000~13,000円

ハインリッヒ・ハンドベルクの買取実績

                  ハインリッヒ・ハンドベルクのビスクドールビスクドール
  • ハインリッヒ・ハンドベルク スリーピングアイ 55cm
    ハインリッヒ・ハンドベルク スリーピングアイ 55cm買取価格 20,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古いハインリッヒ・ハンドベルク人形を処分したい
  • 所有しているハインリッヒ・ハンドベルクのビスクドールが幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていたハインリッヒ・ハンドベルクの買取相場が知りたい
  • コレクションしていたハインリッヒ・ハンドベルクを、まとめて売りたい

ご安心ください!
ハインリッヒ・ハンドベルク買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

ハインリッヒ・ハンドベルクを高く売る方法|買取のポイントは?

ドイツ人形のハインリッヒ・ハンドベルクを高く買い取ってもらうための、お役立ち情報をご紹介します。

ハインリッヒ・ハンドベルクの作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

球体関節のドールとして国内外で人気の高いアンティークビスクドール、ハインリッヒ・ハンドベルク。
高く売却するためには、その真贋を見極めることができる鑑定眼をもつ業者に託す必要があります。
人気のドールはその人気ゆえに偽物も多く、確かな価値をしっかりと査定することが重要です。
買取を検討している際は、ドイツ人形に詳しい専門家に見積もり依頼をするようにしてください。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

ハインリッヒ・ハンドベルクに限らず、アンティーク全般に共通することですが、高額査定が期待できるのは状態が良いもの、付属品がそろっているものです。
アンティークビスクドールやリプロダクションと呼ばれるレプリカの場合は、ボディだけでなく衣装や箱、ギャランティカードなどをそろえて査定に出すと高い査定額が期待できるでしょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

ハインリッヒ・ハンドベルクのような希少価値の高い人形は、買取店によって査定額が異なります。
定価のないアンティークは、市場の需要と供給のバランス、買取店や業者のもつコレクターや買い手といったコネクションの動向などによっても価格変動が起こります。
査定額に納得できるよう、なるべく複数の買取業者に相見積もりをとって、価格を比較するようにしましょう。

信頼できるハインリッヒ・ハンドベルクの買取業者の選び方

では、ハインリッヒ・ハンドベルクを売りたい時の業者の選び方をポイントでチェックしましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

東京都内の業者の中には、査定後に法外な鑑定料や経費を請求してくる悪徳業者もいます。
損をするだけでなく押し買いなどのトラブルにつながる恐れもあるため、こうした買取業者は避けましょう。
事前に、見積もりにかかる費用を確認しておくと安心です。無料査定を実施しているところや、鑑定書発行の手数料、出張査定の経費(交通費程度)のみを提示するのであれば誠実な業者といえます。

ハインリッヒ・ハンドベルクの買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

ハインリッヒ・ハンドベルクやアンティークビスクドールの買取実績を調べるのも、良い買取業者を選ぶ上で役立ちます。
サイトやブログ、SNSなどをチェックしてドイツ人形の買取実績豊富な業者、買取店を選んでみてください。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

ハインリッヒ・ハンドベルクについて

ハインリッヒ・ハンドベルク スリーピングアイ 55cm

ハインリッヒハンドベルク(Heinrich Handwerck)は、1876年に設立された会社組織です。当初は球体関節の人形を制作しており、ビスクドールにも首や肩、ひじ、足首、腰、ひざなどに球体関節が作られています。なおドールの手の部分は、シモン&ハルビックから提供されていました。ハインリッヒハンドベルクといえば、球体関節以外に「フラーティーアイ」の開発も大きな特色といえるでしょう。フラーティーアイとは流し目のことで、ハインリッヒハンドベルクが開発したドールの技術をいいます。人形を横たえると眠るように目を閉じる仕掛けで1892年に特許を取得したのはシモン&ハルビックですが、ハインリッヒハンドベルクは、1925年にフラーティーアイを開発しました。フラーティーアイは、独特のいたずらっぽい表情が快活で明るい印象です。

ビスクドールは、ドレスを展示するためのミニチュアマネキンとして制作されましたが、万博に展示された市松人形の影響などにより、貴族や富裕層の子女に与える高級玩具として赤ちゃんや幼い少女を象った造形へと姿を変えました。さまざまな姿勢に固定することができる球体関節のアンティークドールで、当時の少女たちはどのような遊んだのか、想像が広がります。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定