ケストナー・ビスクドールの買取・査定相場

ケストナー買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切なケストナーの価値を査定いたします。

価値の分からないケストナー製ビスクドールの査定や、不要なケストナー人形の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ケストナーの買取相場

品名買取相場
ケストナー ビスクドール 143 25,000~80,000円
ケストナー グーグリーアイ ビスクドール ぬいぐるみ 20,000~36,000円
ケストナー ビスクドール 192 35,000~65,000円
ケストナー ビスクドール 138 18,000~30,000円
ケストナー ビスクドール ミニョネット 17,000~28,000円
ケストナー ビスクドール 171 全長79cm 30,000~50,000円
ケストナー 192 4 スリーピングアイ ビスクドール 40,000~67,000円
ケストナー 149 ビスクドール ジャーマンドール 30,000~50,000円

ケストナーの買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古いケストナー人形を処分したい
  • 所有しているケストナーが幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていたケストナーの買取相場が知りたい
  • コレクションしていたケストナーのビスクドールを、まとめて売りたい

ご安心ください!
ケストナー買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

ケストナーを高く売る方法|買取のポイントは?

ドイツ人形のケストナーを高額で処分したい方に、買取のコツをご紹介します。

ケストナーの作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

ドイツの工房で作られたケストナーのアンティークビスクドールは、リプロダクションと称するレプリカも含め、買取市場で人気の高い人形です。
希少価値のあるケストナーを高額で買い取ってもらうには、その価値を見極める鑑定眼をもつ買取店、買取業者に依頼するのが一番。
アンティークに造形の深い業者を探して売却するようにしましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

ケストナーにはグーグリー、レスラー、ベビードールなどさまざまなモデルがありますが、もっとも価値が高いのは状態がよく、付属品がそろっている人形です。
見積もり依頼をする際は、ケストナーの人形本体だけでなく、帽子、靴、真贋の分かるギャランティーカードなどの付属品をすべてセットした上で申し込むと良いでしょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

ケストナーを高額買取してもらうのにおすすめなのは、複数の買取店で相見積もりをとることです。
アンティークビスクドールは希少価値が高いために定価は存在せず、業界の需要によっても価格が変動します。
そのため、買取店によって査定額が変わってくることもしばしば。複数の店舗で査定額を出してもらい、納得いくまで比較検討すると安心です。

信頼できるケストナー買取業者の選び方

ケストナーの買取依頼を出して安心できる買取業者は、次の点に注目して選びましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

ケストナーを売りたいと思い立った時に調べ始めると、「無料査定」を掲げている店舗とそうではない店舗があることに気づくのではないでしょうか。
実はそれ以外に、査定にかかる料金を明示せず後から不当な請求をしてくる悪質な業者も存在しています。
鑑定料や経費と称して後から高額な料金を請求してくる業者は、東京都内でも報告されています。
被害にあわないよう、見積もり依頼時には査定費用を確認するようにしてくださ

ケストナーの買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

ケストナーや別の工房のアンティークビスクドールを数多く買い取っている実績のある店舗は、新たな買い手やコレクターのコネクションを有している可能性があり、高額査定が期待できます。
サイトやブログをチェックして買取実績を調査してみてください。SNSなどでケストナー+買取実績をサーチするのもおすすめです。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

ケストナーについて

ケストナー(Kestner)は、1805年にひらかれた、ドイツ最古とされるビスクドール工房です。華やかなビスクドールを数多く送り出したフランスの各工房にもヘッドを提供するなど、高い品質は当時から広く知られていました。ビスクドールは二度焼き(Biscuit)という語源のとおり、焼成された磁器製の人形です。ファッションを展示するミニチュアのマネキンとして作られたため、当初は大人の女性を象っていました。万博でお披露目された日本の市松人形の影響や、高級玩具の需要増加により、貴族層の子女の遊び道具として少女や赤ちゃん(ベベ)の姿をしたビスクドールが作られるようになっていきます。あどけない表情や、むっちりとした手足、大きな瞳が特徴です。
ケストナー製のビスクドールとしては、現在ミニョネットと呼ばれる小さなサイズのアンティークドールが出回っています。小さい、可愛らしいという意味のフランス語であるミニョネット。その名の通り、ビスクドールのミニョネットは手のひらに収まるほど小さなサイズもあります。ちなみにサイズが小さくても、造形が雑ということはもちろんありません。なかにはスリーピングアイの仕掛けが施されたミニョネットもあり、当時の高い技術がしのばれます。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定