増渕緑・ビスクドール買取・査定相場

増渕緑作ビスクドールの買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な増渕緑作ビスクドールの価値を査定いたします。

不要な増渕緑作ビスクドールの処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

増渕緑の買取・査定実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い増渕緑を処分したい
  • 所有している増渕緑が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた増渕緑の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた増渕緑を、まとめて売りたい

ご安心ください!
増渕緑買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

増渕緑を高く売る方法

増渕緑のビスクドールを高く売りたいなら、
その価値を正しく査定できる鑑定士に依頼しましょう。

高く売る方法

増渕緑の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
GDS(グローバル・ドール・ソサエティー)の大坪純子に学んだ人形作家の増渕緑は、1997年よりビスクドール制作をスタートさせました。

以降、個展を開いたりビスクドール教室を開講したりしながら作品制作を続けています。

増渕緑の人形を手放す時には、現代のビスクドールの価値が正しく見極められる専門的な知識をもつ買取業者に依頼しましょう。


作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
増渕緑の人形は、ギャランティカード(保証書)や専用ケースといった付属品が買取時、特に重要になります。

増渕緑の作品は人気が高く、時に巧妙な偽物も出回っています。そのため、手放す時には確かな作品であることの証明としてケースや保証書類が必要になるのです。査定時は忘れずにつけるようにしてください。


評判の良い増渕緑の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
増渕緑のビスクドールは、無料見積もりを複数取って現在の買取相場を見極めると良いでしょう。

買取店から相見積もりを取り寄せることで、相場が分かりもっとも高額な査定額で買取してもらうことができます。

査定申し込みは、買取業者の専用フォームだけでなくメールやLINEなどで気軽に行える買取店が増えています。


信頼できる増渕緑の買取業者の選び方

増渕緑の人形の査定は、無料鑑定している業者
そして買取実績豊富な業者に依頼しましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
東京都内には、ビスクドールの無料鑑定を実施している買取店がいくつもあります。増渕緑の人形を査定、買取してもらいたい時にはそうした無料査定実施店に依頼しましょう。

事前に、査定の流れや買取にかかる費用を質問しておくとスムーズに買取してもらえます。


増渕緑の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
増渕緑やその師匠である大坪純子といった人形作家の制作したビスクドールを鑑定するには、ブリュジュンなどのリプロダクション、現代の創作人形の知識など専門性の高い知識が必要になります。

また、多くのビスクドールを鑑定してきた実績も必要です。買取業者のサイトやSNSで買取実績をリサーチして、増渕緑の作品を任せられる買取業者を見つけてください。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

高価買取中のビスクドール製造工房・有名作家

増渕緑について

増渕緑は、武蔵野美術短期大学油絵科出身の人形作家です。ビスクドールの制作を始めたのは1997年で、尾形智に師事しました。翌年には、GDS(グローバル・ドール・ソサエティー)の大坪純子に師事、2007年からLa Vert Poupeeビスクドール教室を開講しました。増渕緑は2008年から2013年まで、インターナショナル・コンペティションGDSで金賞6個を受賞、百貨店で個展を開くなど活躍しています。ちなみに大坪純子は当時のGDS会長に直接教えを受けた人形作家で、増渕緑と共に師弟で複数回、展示会を開催しています。
ビスクドールは、もともと19世紀、ヨーロッパの貴族たちの間で流行した人形でした。当初は、ドレスの見本のミニチュアを着せるために作られたドールで、成人女性の体型をしていましたが、次第に子どもの体型のビスクドールが作られるようになります。これには万博に出品された市松人形の影響もあったとされています。少女の姿をしたビスクドールは、貴族の令嬢たちがドレスを着せ変えたり世話をしたりして、遊びながら家事・育児を学ぶ知育玩具となりました。現在では、アンティークのビスクドールを修理したリプロダクション、増渕緑のような現代の作家が作る創作人形などがコレクターアイテムとして人気を集めています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談