御所人形の買取・査定相場

御所人形の買取

御所人形の買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な御所人形の価値を査定いたします。福助では様々な御所人形の高価買取・査定が可能です。不要な御所人形の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

御所人形の買取相場

品名買取相場
御所人形 江戸期 5,000~100,000円
御所人形 京都 平安丸屋 大木平蔵作 10,000~80,000円
御所人形 十二世伊東久重 10,000~200,000円
御所人形 有職御所人形師 岡本玉水 5,000~20,000円
御所人形 面屋庄三(面庄) 1,000~30,000円
御所人形 平安御所人形司 浮舟 10,000~100,000円
御所人形 野口光彦 5,000~50,000円
御所人形 時代伊豆蔵人形 3,000~50,000円

御所人形の買取実績

                  御所人形の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 実家の納屋から出てきた古い御所人形を処分したい
  • 所有している御所人形が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • コレクションしていた御所人形を、まとめて売りたい
  • 先祖代々伝わる御所人形を売りたい
  • 古そうな伊豆倉人形を鑑定してほしい

ご安心ください!
御所人形買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

御所人形を高く売る方法|買取のポイントは?

御所人形を高く売りたいなら、アンティークや京都の歴史に詳しい鑑定士に依頼しましょう。

御所人形の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

ふくよかで愛らしい出で立ちが魅力的な御所人形。雛人形や五月人形、アンティークの人形など高い人気を誇ります。
買取を検討する際は、御所人形の歴史を熟知している専門知識豊富な買取業者に依頼しましょう。専門家の鑑定眼が必要になります。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

御所人形を買取してもらう時には、作家や来歴の分かる保証書(ギャランティカード)や専用の箱といった付属品を忘れずに一緒につけるようにしましょう。
これらの付属品は、人気作家の御所人形の真贋を見極める手がかりになるだけでなく、査定額のアップに貢献することもあります。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

御所人形を手放す時には、東京都内の複数の買取店に相見積もりを取りましょう。無料査定で提示される買取額を比較すると、御所人形の現時点での買取相場が見えてきます。
その買取相場をふまえた上で、もっとも高額で買取してくれる買取店をセレクトしましょう。

信頼できる御所人形の買取業者の選び方

御所人形の査定は、アンティークを無料鑑定している実績豊富な業者に依頼しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

東京都内のほとんどの買取店は、無料査定を実施しています。
しかし、少数の悪徳業者は押し買いをしたり査定の後から不当な手数料を請求したりとトラブルに発展しかねない対応をするので注意してください。
事前に、査定の流れや必要な費用について確認しておくと安心です。出張査定を希望する場合は特に査定費用について確認しておくことをおすすめします。

御所人形の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

御所人形は、京都の伝統的な人形でありアンティークとして高い価値があります。
その価値を正しく見極めるためには、骨董品の知識や京都の歴史についての知識が不可欠であるため、そうした鑑定を数多く手がけている買取業者に依頼すると良いでしょう。
買取実績は、買取店のサイトやSNSで事前にリサーチすることが可能です。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

御所人形について

御所人形の買取

御所人形の読み方は、「ごしょにんぎょう」です。5〜6歳くらいの幼い子ども(男の子が多い)の人形のことで、京都の宮中や公家の間で人気を集めていました。古くは帝をかたどった人形だともいわれています。子どもらしいふくよかな造形と、幼さを演出するための頭の大きさが特徴です。ちなみに、御所人形と称されるようになったのは明治以降のことです。江戸時代は、白菊人形、頭大人形などと呼ばれており、朝廷や公家から下賜されることも多かったとされています。国許の土産品としても人気があったため、徐々に公家から一般にも流通していきました。江戸時代末期には、庶民の間でも玩具用人形として普及したといわれています。粘土製、あるいは木彫製の人形で、裸の造形が多いですが雛人形や五月人形などは着物を着せられている御所人形も多く見られます。また、京都らしく烏帽子や頭巾をかぶった姿にかたどられるものも多く、京都土産としても人気を博しました。アンティークの御所人形は、インテリアとしても価値が高く買取市場でも人気があります。子どもらしいあどけない表情と、福を呼んでくれそうなまるまると健康的な佇まいが見る人に癒しを授けてくれるのかもしれませんね。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定