雛人形の買取・査定相場

雛人形の買取

雛人形買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な雛人形の価値を査定いたします。福助では様々な雛人形の高価買取・査定が可能です。不要な雛人形の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

雛人形の買取相場

品名買取相場
雛人形 江戸中期 享保雛 50,000~500,000円
雛人形 元禄雛 10,000~100,000円
雛人形 江戸後期 古今雛 10,000~150,000円
雛人形 リヤドロ 陶器人形 10,000~100,000円
雛人形 大木平蔵作 有職雛 30,000~100,000円
雛人形 大木平蔵(京都丸平)三人官女 8,000~15,000円
雛人形 江戸期 次郎左衛門雛 100,000~300,000円
雛人形 真多呂作 1,000~15,000円

雛人形の買取実績

                  雛人形
  • 雛人形 京都丸平(大木平蔵)内裏雛
    雛人形 京都丸平(大木平蔵)内裏雛 買取価格 20,000円
  • 雛人形 江戸時代の古今雛
    雛人形 江戸時代の古今雛 買取価格 60,000円
  • 雛人形 原米洲 親王飾り瑞雲雛
    雛人形 原米洲 親王飾り瑞雲雛 買取価格 10,000円
  • 雛人形 無形文化財 原米洲作
    雛人形 無形文化財 原米洲作 買取価格 10,000円
  • 雛人形 真多呂作 古今人形・立雛
    雛人形 真多呂作 古今人形・立雛 買取価格 1,000円
  • 雛人形 木村一秀 木目込
    雛人形 木村一秀 木目込 買取価格 1,000円
  • 雛人形 原米洲 木目込み
    雛人形 原米洲 木目込み 買取価格 4,000円
  • 雛人形 無形文化財 原米州作
    雛人形 無形文化財 原米州作 買取価格 7,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 飾らなくなったの古いひな人形を処分したい
  • 所有しているひな人形が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 昔から実家にある古いひな人形が幾らくらいで売れるか買取相場を知りたい

ご安心ください!
ひな人形買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

雛人形を高く売る方法|買取のポイントは?

ひな人形を高く売却するなら、鑑定に慣れた買取業者へ依頼しましょう。

雛人形の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

女の子の成長を願って祝う桃の節句(ひな祭り)といえば、ひな人形。大きなケース入りの立派なものからコンパクトでかわいいものまで、さまざまなデザインが出回っています。
そんな大切なひな人形の買取を検討するなら、専門知識のある鑑定士に依頼することをおすすめします。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

大切にしてきたひな人形ですが、子どもが巣立つと役割を果たしたと考えるご家庭も多いでしょう。
時期がきて手放す場合は、雛人形ケースや作家の作品であることを証明する保証書類といった付属品をすべてそろえて査定に出すのがお得です。
ケースや保証書といった付属品は、著名な作家によるひな人形の真贋を見極めるための手がかりにもなるので、ぜひつけて見積もりしてもらいましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

ひな人形の買取は、無料で取得できる見積もりを複数取って査定額を比較検討するのがもっともお得です。
見積もり依頼は、買取業者のサイトのフォームやLINEなどから行えるので、気になる買取店にいくつか問い合わせてみてください。

信頼できる雛人形の買取業者の選び方

ひな人形は、骨董品やアンティーク、工芸品を無料鑑定している実績豊富な買取業者に任せましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

ひな人形の査定は、多くの買取店が無料で実施しています。
ですが、東京都内にも悪質な業者がおり、後から不当に手数料を請求されることもあるので事前の確認はしっかり行なってください。
見積もりの申し込み時に、査定の流れや必要な費用についてチェックしておくと安心です。とはいえ、ほとんどの買取店は無料鑑定を行っていますのでお気軽にご相談ください。

ひな人形の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

ひな人形やひな祭りの飾りを数多く鑑定している買取業者は、ひな人形の歴史に詳しくその価値を正確に見極められる買取業者です。
買取実績を買取店のサイトでチェックしてたくさん買取を行っているかどうか、調べてみてください。ほかに、木目込人形や歴史ある飾りなどを多数買取実績として掲載している買取業者も、鑑定経験豊富で信頼できます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

雛人形について

無形文化財 原米州作 木目込み雛人形

ひな人形は、女の子に降りかかる災いを代わりに引き受けてくれる人形です。一般的にひな人形は内裏雛(男雛と女雛)、官女、五人囃子、随身(右大臣と左大臣)、従者や護衛といった人形と、桜や桃といった飾りからなります。桃の節句には、ひな人形に菱餅やひなあられをお供えし、ちらし寿司を食べて祝うという風習があります。江戸時代までは和暦の3月3日(現在の4月頃)にひな祭りを祝うのがならわしでしたが、明治以降はグレゴリオ歴が使われているため、現在の3月3日が一般的になっています。なお、東北や北陸の地域では、今も4月にひな祭りを祝うこともあります。伝統的なひな人形は、木でできた人形に布の端を押し込み(きめこみ)、衣装を着ているような出で立ちにする木目込み人形が多くみられます。以前は、ひな人形といえば嫁入り道具のひとつであり、母方の家から代々娘に受け継がれるという風潮がありました。ですが、次第にその傾向は薄れており現代の住宅事情に合ったほこり除けのガラスケースに入ったコンパクトなひな人形も多くみられるようになりました。歴史ある出で立ちの人形のほかに、かわいい人形、インテリア性の高いおしゃれな雰囲気の人形も増えてきています。なお、ひな人形の生産地は関東に集中しているという特徴があり、埼玉県のさいたま市、鴻巣市、栃木元佐野市が特に有名です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定