平田郷陽の市松人形の買取・査定相場

平田郷陽の市松人形買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な平田郷陽の市松人形の価値を査定いたします。

価値の分からない市松人形の査定や、不要な平田郷陽の人形の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

平田郷陽の買取相場

品名買取相場
平田郷陽 創作衣裳人形 眠る男の子 夢 220,000~390,000円
平田郷陽 桃太郎 五月人形 80,000~150,000円
平田郷陽 生人形 竹馬 180,000~500,000円
平田郷陽 木目込み童人形 「動」  250,000~486,000円
平田郷陽 市松人形 280,000~480,000円

平田郷陽の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 古い平田郷陽の市松人形を処分したい
  • 所有している平田郷陽の人形が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた平田郷陽の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた平田郷陽の市松人形を、まとめて売りたい

ご安心ください!
平田郷陽買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

平田郷陽を高く売る方法|買取のポイントは?

人間国宝の平田郷陽作品を、高価買取する方法をご紹介いたします。各ポイントをおさえておきましょう。

平田郷陽の作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

人間国宝の平田郷陽が手掛けた市松人形は、まるで生きているかのような、人の表情などをリアルに追求した「生き人形」です。
特に、平田郷陽の市松人形は、現存する数が少ないため、高価買取されるケースが多いです。
また、生人形を作られた技法が今では珍しいため、買取相場も高めです。
売却する際は、人形について詳しい目利きのプロ鑑定士に、依頼しましょう。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

平田郷陽の生き人形は繊細な作品ですので、売却する際は、できるだけ形を崩さないように箱にいれて鑑定・査定をしてもらいましょう。
また、売却や処分するとき、箱や書付があれば、一緒に出しましょう。
平田郷陽などの人気作家の場合、偽物の作品が市場に出回っているため、付属品は、作品の真贋を見分ける材料となります。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

買取を希望する場合、まずは、平田郷陽の買取相場と買取価格を確認しましょう。
1店舗だけだとわかりませんので、平田郷陽作品を買取している複数の業者に見積もりを依頼しましょう。
同じ作品でも買取店によって、査定価格が変わります。平田郷陽作品を納得いく金額で、提示してくれた買取店で売却しましょう。

信頼できる平田郷陽の人形買取業者の選び方

信頼できる平田郷陽作品の買取店は、無料査定、便利な出張査定、様々な作品の買取実績が豊富なところです。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

平田郷陽作品の日本人形などを処分したい場合は、高く評価してくれる買取店を選ぶことです。
ポイントとしては、平田郷陽作品の様々な作品を多く買取しているお店です。また、無料鑑定・査定してくれるところです。
査定した後に、実は無料ではなく、実費請求するという悪徳業者もいますので、必ず費用は確認しておきましょう。

平田郷陽の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

人形作家の平田郷陽作品は、生き生きとした表情の子供たちの人形などが人気です。
買取相場は、日々変わっていくため、鑑定や査定に出すタイミングによって、平田郷陽作品の買取価格が違います。また買取店によって、同じ作品でも査定額が異なります。
少しでも高く売りたい場合は、平田郷陽の買取実績が豊富な買取店を選びましょう。平田郷陽作品についての知識が豊富な鑑定士が、適正価格を提示してくれます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

平田郷陽について

平田郷陽(ひらたごうよう)は衣裳人形の第一人者であり、人形師として初めて重要無形文化財、いわゆる人間国宝に指定された人形作家です。14歳から人形師であった父(初代郷陽)に教えを受け、生き人形(活人形)と呼ばれるリアリスティックな人形造形の技を学びました。主に、女性や子どもの人形を多く作り、木目込み人形や市松人形なども多く手がけています。作品は気品漂う優美な表情、写実的な出で立ちが特徴。生きているようにみえる人形、生身そのままを写し取った人形の評に違わぬ繊細な造形を基本としつつも後期作品からはデフォルメも加えられ、より抽象的な表現を用いるようにもなっていきました。郷陽は、1927年に米国から贈られた青い目の人形のお礼である「答礼人形」として市松人形を製作、当時は芸術作品とみなされていなかった人形に、新しい創造性と価値をもたせた人物でもあります。
その作品は、横浜人形の家、熊本県立美術館などに収蔵され、日本政府からの依頼で万博出品人形を手がけるなど創作人形の第一人者としてふさわしい人形の数々を世に送り出しました。日本工芸会の理事や部会長を積極的に務め、陽門会という衣裳人形研究の集まりを主宰するなど、後進の指導にも熱心。人形の地位向上、芸術性向上に貢献しました。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定