からくり人形・オートマタ 買取

オートマタ Musee Baud 「手紙を書く少女」

からくり人形・オートマタの買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古いからくり人形・オートマタを処分したい
  • 所有しているからくり人形・オートマタが幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていたからくり人形・オートマタの買取相場が知りたい
  • コレクションしていたからくり人形・オートマタを、まとめて売りたい

ご安心ください!
からくり人形・オートマタ買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

人形の買取品目

からくり人形・オートマタを高く売る方法

からくり人形・オートマタを高く売りたいなら、
ドールの価値を査定できる鑑定士に依頼しましょう。

高く売る方法

からくり人形・オートマタの価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
からくり人形・オートマタは、日本だけでなく世界中でみられるアンティークです。精巧な仕掛けの機械人形、現代のオートマタ作家の自動人形などはコレクターも多く、買取市場でも高額査定が期待できます。

売却する際は、その価値を正しく鑑定できるドール専門の知識豊富な買取業者に査定依頼をしましょう。


作家の署名入りの箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
からくり人形・オートマタは作者の銘が入った箱や専用ケース、ギャランティカードが付属している場合もあります。こうした付属品は、真贋を見極めるための手がかりや状態の良さを判断するための材料となります。

査定を依頼する時には専用ケースや保証書類はすべてそろえた状態で鑑定してもらうようにしてください。


評判の良いからくり人形・オートマタの買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
からくり人形・オートマタは、アンティークや人形の鑑定が得意な買取店に買い取ってもらうのがお得です。査定額を比較すれば、もっとも高い価格で売却できます。

鑑定申し込みは、専用フォームのほかにLINEでも気軽に行える買取店が増えています。


信頼できるからくり人形・オートマタの買取業者の選び方

からくり人形・オートマタの査定は、骨董品を無料鑑定している業者
買取実績豊富な業者に依頼しましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
買取は、査定後から不当な手数料を請求されないよう、無料で査定を実施している買取業者を選ぶべきです。

鑑定と称して売りたくないものまで押し買いをしていく業者など悪質な買取店とトラブルにならないよう、安心して依頼できる買取業者を見つけてください。


からくり人形・オートマタの買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
からくり人形・オートマタは、鑑定に専門的な知識が必要になります。そのため、世界のからくり人形・オートマタの査定経験があり、実績をサイトでアピールしている業者に依頼しましょう。

申し込む前にネットで買取実績をリサーチすると安心です。



0120-777-064電話をかける
お問合せ

からくり人形・オートマタについて

一般的に「からくり人形」は、日本の伝統的な機械人形をさします。一方で、「オートマタ」という呼称は、西洋世界で作られていたアンティークの機械人形に使われます。

ですが、現代の自動人形作家もオートマタ作家と称する時があり、呼称には違いがあっても「からくりの仕掛けがほどこされている人形」という意味は同じになります。

日本では、お茶を運んでくる機械人形が有名ですが、西洋では手紙を書く機械人形、さまざまな楽器を演奏する自動人形が有名です。オルゴールと組み合わせて音が実際に鳴る仕掛けのあるドールもあります。

フランスではビスクドールと機械人形を組み合わせたオートマタもあり、高級な玩具として普及した時代もありますが、古来は宗教にも関連づけられ、儀式などで使われていたオートマタも存在したといわれています。

人のかたちをした人形が手紙を書いたり楽器を弾いたりという動作を行う、それは動作が自然でなめらかであればあるほど、まるで人形に命が吹き込まれたように感じられます。

それが、「人の創造」という神への挑戦にとらえられたり、魔術のような不思議な存在ととらえられたりしてきた理由なのでしょう。

アンティークのからくり人形・オートマタは構造が複雑で、独自規格で製作されていることから修理が難しく、動く状態のものはたいへん希少価値が高くなっています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談