木目込人形の買取・査定相場

木目込人形の買取

木目込み人形の買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な木目込人形の価値を査定いたします。福助では様々な木目込人形の高価買取・査定が可能です。不要な木目込人形の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

木目込み人形の買取相場

品名買取相場
木目込み人形(江戸期・加茂人形) 10,000~100,000円
木目込み人形 田中秀代 30,000~150,000円
木目込み人形 原米洲 親王飾 3,000~25,000円
木目込み人形 野口園生 30,000~200,000円
木目込み人形 真多呂作 1,000~20,000円
木目込み人形 名川春山 1,000~30,000円
木目込み人形 昭和初期 無名 4,000~15,000円
木目込み人形 岡本玉水 3,000~8,000円

木目込み人形の買取実績

                  木目込人形の買取実績
  • 木目込古今人形 真多呂作 弥生雛
    木目込古今人形 真多呂作 弥生雛 買取価格 3,000円
  • 木目込み人形 真多呂作 寿雛
    木目込み人形 真多呂作 寿雛 買取価格 3,000円
  • 木目込み人形 真多呂作 嵯峨雛
    木目込み人形 真多呂作 嵯峨雛 買取価格 3,000円
  • 木目込み人形 原米洲作 親王飾
    木目込み人形 原米洲作 親王飾 買取価格 3,000円
  • 木目込み人形 無形文化財 原米洲作 親王飾
    木目込み人形 無形文化財 原米洲作 親王飾 買取価格 10,000円
  • 木目込み人形 段飾り豆雛
    木目込み人形 段飾り豆雛 買取価格 30,000円
  • 木目込み人形 筒井真砂子 34cm
    木目込み人形 筒井真砂子 34cm 買取価格 5,000円
  • 木目込み人形 名川春山作 豆雛
    木目込み人形 名川春山作 豆雛 買取価格 15,000円
  • 木目込み人形 無形文化財人形師・原米州 親王飾り
    木目込み人形 無形文化財人形師・原米州 親王飾り 買取価格 10,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い木目込人形を処分したい
  • 所有している木目込人形が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた木目込人形の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた木目込人形を、まとめて売りたい

ご安心ください!
木目込人形買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

木目込人形を高く売る方法|買取のポイントは?

木目込人形を高く売りたいなら、雛人形や五月人形など伝統的な人形に詳しい買取業者に依頼しましょう。

木目込人形の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

人形の本体に彫りを入れて布を押し込み、衣装を着せたような造形に仕立てる木目込人形は、雛人形や五月人形などでよく知られています。
招き猫やドラえもん、ポケモンといった日常的に飾れる木目込人形も人気があるので、買取を検討する際はその価値を見極められる専門の買取業者に鑑定を依頼しましょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

木目込人形は、作家ものの場合、保証書類がついていたり専用の箱におさめられていたりします。
これらの付属品はそろっていれば査定額がアップする可能性もあるので、一緒につけて買取してもらうようにしましょう。
人気作家の作品の場合、偽物が出回っている可能性もありますが、保証書があれば真贋を見極めるのに役立ちます。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

木目込人形を買取してもらう時は、無料査定をいくつか行って査定額を比較してみましょう。買取は、およその相場はあるものの算出額は各店舗によって異なります。
無料で複数店の相見積もりを取れば、もっとも高い金額で売却できてお得です。

信頼できる木目込人形の買取業者の選び方

木目込人形の作品査定は、無料鑑定を実施している、鑑定と買取実績の豊富な買取店に相談しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

東京都内の買取店は、多くが無料で鑑定を実施しています。ですが、念のために申し込み時に「査定の流れ」と「査定に必要な費用」について確認しておくと安心です。
少数ではありますが、わざと査定の流れを説明せずに査定後、高額な手数料を騙し盗ろうとする買取店もありますのでご注意ください。

木目込人形の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

木目込人形は、制作された年代や産地などさまざまなポイントをチェックして査定額を決めます。
正確な鑑定には専門的な知識が不可欠となるため、買取サイトなどで木目込人形の買取実績をPRしている買取業者に依頼しましょう。
買取実績が多ければ、専門的知識が豊富で木目込人形の買取に長けていると判断することができます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

木目込人形について

木目込人形は、木製の本体に筋彫りを入れて、その彫りに布を押し込み衣装を着ているように見立てた人形のことです。彫った筋に布の端を押し込んでいくことを「決め込む」と称することから、木目込み人形と呼ばれるようになりました。頭部分は別に作り後から胴体とつける、目はガラスではなく木肌に描く、という特徴があります。江戸時代の京都、上賀茂神社から発祥したとされており、最初に木目込人形を作ったとされる高橋忠重とその子孫が作った人形は加茂人形、それが江戸へ伝わったものを江戸木目込み人形といいます。江戸木目込人形の作家で有名なのは、平成16年に無形文化財いわゆる人間国宝に指定された鈴木賢一でしょう。御所人形の野口光彦に師事した鈴木賢一は、伝統工芸師として認定され、皇太子殿下(現天皇陛下)御成婚の人形を製作。江戸小紋の人間国宝に指定されている小宮康孝の小紋を木目込人形に取り入れたことでも知られています。歴史ある木目込人形ですが、第二次世界大戦後は、雛人形や五月人形、七福神、干支の縁起物などさまざまな人形が作られるようになりました。近年では、海外向けにも人気の高い招き猫や、アニメのキャラクターといった木目込人形が販売されています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定