ウォーターマン万年筆の買取・査定相場

ウォーターマン万年筆の買取

ウォータマン万年筆の買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。
鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切なウォータマンの価値を査定いたします。

ウォーターマンはエレガントなデザインと高い機能性で人気のある万年筆ブランドです。今では当たり前のクリップ付きキャップや、交換できるカートリッジインクシステムなどをはじめたのもウォーターマン。数々の人気シリーズがあり、女性に人気の「メトロポリタン」は、細身で女性が疲れず書き続けられるのが特徴です。また18金仕上げのペン先を持つ「エクセプション」は優美さが目を引きます。各シリーズに個性があるのもウォーターマンの魅力です。
福助では様々なウォータマンの高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ウォーターマンの買取相場

品名買取相場
ウォーターマン 万年筆 IDEAL アイディアル ペン先14K 9,000~20,000円
ウォーターマン 万年筆 カレン マーブル 6,000~10,000円
ウォーターマン 万年筆 カレン グロッシー 2,000~6,000円
ウォーターマン 万年筆 ル・マン100 ペン先750 18K 10,000~23,000円
ウォーターマン 万年筆 ウォータミナ ペン先750 18K 6,000~10,000円
ウォーターマン 万年筆 MAN 100 PATRICIAN 青 18K-750 M 20,000~34,000円
ウォーターマン 万年筆 エドソン ダイヤモンドブラック 22,000~40,000円
ウォーターマン 万年筆 カレン デラックス コンテンポラリー ガンメタル 12,000~20,000円

ウォーターマン万年筆の買取実績

  • ウォーターマン イデアル 万年筆 約140mm マーブルグリーン ペン先 18K 750
    ウォーターマン イデアル 万年筆 約140mm マーブルグリーン ペン先 18K 750 買取価格 15,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 古いウォーターマン万年筆を処分したい
  • 所有しているウォーターマン万年筆が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 集めていたウォーターマン万年筆の買取相場が知りたい
  • コレクションしていたウォーターマン万年筆を、まとめて売りたい

ご安心ください!
ウォーターマン万年筆買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

ウォーターマン万年筆を高く売る方法|買取のポイントは?

ウォーターマン(WATERMAN)万年筆を高く売却するためのお得な処分方法についてお知らせします。

ウォーターマン万年筆の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

ウォーターマン(WATERMAN)の万年筆は、18K製のペンもあり、高級ブランドの筆記用具として人気があります。
さまざまなデザインや種類があり、希少な廃盤品は高額査定になることも。万年筆を処分する時は、専門知識のある高級な筆記用具の買取業者に依頼しましょう。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

ウォーターマンの万年筆は専用ケースやギャランティカード(保証書)がついている場合もあります。
付属品がついている万年筆の場合、箱やカードがそろっている方が高額査定が出やすくなるので申し込み前にチェックしておきましょう。
まとめて複数本の万年筆、ブランド筆記用具を処分・売却する際は箱の取違いがおきないように注意してくださいね。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

ウォーターマン万年筆の買取金額は、買取店によって違います。これは廃盤品やプレミアのついた万年筆には定価がなく、コレクターやトレンド、金相場の変動(K18の場合)などさまざまな要素によって価格が決まるためです。
相見積もりを取ると、実際の査定金額が可視化されるので東京23区で買取を実施している買取業者に問い合わせしてみましょう。

信頼できるウォーターマン万年筆の買取業者の選び方

ウォーターマン万年筆は、査定無料買取実績豊富な買取業者に売却しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

東京23区内の多くの買取店は無料査定を実施していますが、後から不当に高額な手数料を要求する悪質な業者も存在しています。
また、出張査定にやってきて押し買いをしていく買取店もあるので気をつけましょう。トラブルを避けるためには、事前に「査定にかかる費用はいくらか」、「出張査定は無料か」といった細かい確認をしておくことが必要です。
問い合わせフォームやメール、LINEで問い合わせてみましょう。

ウォーターマン万年筆の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

ウォーターマンやブランドの万年筆の買取実績を、インターネットで検索してみてください。買取実績が多い買取業者ほど、専門知識や販路豊富な買取業者ということになり、高額査定が期待できます。
買取業者のホームページやSNSなどで買取実績、コラム(万年筆解説)などを閲覧してウォーターマン万年筆を任せる買取店を見つけてください。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

ウォーターマンについて

ウォーターマン万年筆の買取

「ウォーターマン(WATERMAN)」は130年以上の歴史をほこる万年筆ブランドです。保険外交員をしていたアメリカ人、ルイス・エドソン・ウォーターマンが、万年筆のインク漏れが原因で契約を逃したことから万年筆の開発にチャレンジ。1883年に世界で初めて毛細管現象を利用した万年筆「ザ・レギュラー」を作り上げました。毛細管現象を使ったインク供給技術は現在も受け継がれており、ウォーターマンは「万年筆の祖」と呼ばれています。ウォーターマンの万年筆は洗練されたデザイン性が魅力です。ブランドの発祥はアメリカですが、1926年にすべての工場をフランスに移転。パリのエレガンスを体現するような作品が次々に生み出されています。人気シリーズの「カレン」は船をイメージしたマリンテイストの万年筆。繊細な曲線が描き出す形は、まるで海をゆくクルーザーのようです。また1983年にウォーターマンの創業100周年を記念して作られた「ル・マン100」は、太いブラックボディが力強いデザイン。書き心地がよくファンも多いのですが、現在は廃盤になっています。ウォーターマンの万年筆はどれをとっても、「ライティング・ジュエリー」という言葉どおり宝石のような美しさ。使うことが自己表現になるような筆記具なのです。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定