江戸切子の買取・査定相場

江戸切子の買取

江戸切子買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な江戸切子作品の価値を査定いたします。福助では盃やグラスなど幅広いジャンルの江戸切子の高価買取・査定が可能です。不要な江戸切子の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

江戸切子の買取相場

品名買取相場
江戸切子 黒川昭男 ロックグラス 6,000~45,000円
江戸切子 三代秀石 瑠璃被輪花籠目文 鉢 18,000~58,000円
江戸切子 小林英夫 篭目切子皿 5枚組 6,000~18,000円
江戸切子 篠崎清一 酒器 10,000~30,000円
江戸切子 二代秀石 須田富雄 大皿 15,000~135,000円
江戸切子 根本幸雄 クリスタルガラス 亀甲矢来文切子重箱 31,000~50,000円
江戸切子 但野英芳 グラス 23,000~39,000円
江戸切子 石田慎 ガラス 鳳凰 酒器三点 20,000~35000円

江戸切子の買取実績

                  江戸切子の買取実績
  • 須田秀石作 江戸切子黄被八角籠目文盃
    須田秀石作 江戸切子黄被八角籠目文盃 買取価格 7,000円
  • 須田秀石作 江戸切子金赤被酒盃
    須田秀石作 江戸切子金赤被酒盃 買取価格 5,000円
  • 須田秀石 江戸切子 金赤被硝子徳利
    須田秀石 江戸切子 金赤被硝子徳利 買取価格 8,000円
  • 須田秀石江戸切子ロックグラス
    須田秀石作 江戸切子ロックグラス 買取価格 7,000円
  • 須田秀石作 江戸切子鼓形花生
    須田秀石作 江戸切子鼓形花生 買取価格 5,000円
  • 須田秀石作 江戸切子・金赤被輪花籠目文大皿
    須田秀石作 江戸切子大皿 買取価格 20,000円
  • 須田秀石作 江戸切子ダイヤ文大鉢
    須田秀石作 江戸切子ダイヤ文大鉢 買取価格 15,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の江戸切子を処分したい
  • 所有している江戸切子の盃やカップが幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた江戸切子の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた江戸切子の器を、まとめて売りたい

ご安心ください!
江戸切子買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

江戸切子を高く売る方法|買取のポイントは?

プレゼントとしても人気のガラス製品「江戸切子」を高く売却する方法をお教えします。

江戸切子の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

ジャパンメイドとしてのブランド価値も高く、縁起の良い「七宝」模様のデザインがプレゼントとしても喜ばれる江戸切子。
グラスや酒杯などの価値は美しさだけではありません。骨董品としての歴史や魅力もあります。
見積もりは、骨董品としての価値、ガラス製品としての価値をしっかりと見極められる専門業者に依頼しましょう。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

江戸切子は、作家や著名な職人の手による作品、ブランド品の場合、共箱と称する箱に入った状態で保管されます。
この共箱は江戸切子の真贋や来歴を知るための重要な手がかりとなるので、手放す時には必ずつけた状態で査定、売却するようにしてください。
付属品の有無によって、査定額が変わってくることもあります。少しでも高く処分したい、満足できる見積額を期待するなら付属品をつけて査定してもらうようにしましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

江戸切子は、現代のブランド品、希少価値の高い骨董品など多種多様で、扱う業者によって査定額も変動します。
骨董品が得意な業者とそうでない業者、コレクターとのコネがある買取店といったタイプ別に相見積もりを取って査定額を比較してみると良いでしょう。

信頼できる江戸切子買取業者の選び方

江戸切子を売却する際に選ぶべき買取業者のポイント、選ぶコツをお教えします。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

査定は売りたくないものまで自宅に押しかけて持って行ってしまう押し買い業者、後から法外な鑑定料を要求してくる悪徳業者を避けましょう。
見積もり依頼時に査定に必要な費用を確認しておくと安心です。無料査定か、出張買取時の最低限の経費(交通費など)のみを請求する業者を選ぶようにしましょう。
なお、鑑定書をもらう場合は発行手数料が別途かかる場合もあります。

江戸切子の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

江戸切子やブランドグラス、ガラス製品の買取実績が豊富な業者は、ガラスに造詣の深い買取業者なので、査定額が期待できます。
また、歴史ある江戸切子を売却したい場合は、茶道具や陶磁器など骨董品を多く扱っている業者もオススメです。
サイトやブログで買取実績をチェックしてみてください。口コミサイトやSNSで買取実績を探すのもオススメです。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

江戸切子について

須田秀石作 江戸切子黄被八角籠目文盃

「江戸切子(えどきりこ)」は、江戸時代に成立したガラス工芸技術です。江戸時代の後期、天保時代に江戸のビードロ屋であった加賀屋久兵衛が作ったと言われます。その後、明治6年に品川興業社硝子製造所が設立。明治14年にイギリス人技師、エマニュエル・ホープトマンのもとで江戸切子の技法が確立されました。切子ガラスは大正時代から昭和初期にかけて多数作られ、その後はいったん下火になりますが、昭和60年に東京都の伝統工芸品産業に指定。平成14年には国の伝統的工芸品にも指定されました。東京に根付いた伝統工芸品です。
切子といえば江戸切子か、薩摩切子といわれます。江戸切子と薩摩切子との違いは、色付きの「色被ガラス(いろきせガラス)」部分の厚みの差です。江戸切子は色被ガラスが薄いため、色のある部分とない部分がくっきりと際立って見えます。いっぽう薩摩切子は色被ガラスが厚いため、カットした部分にぼかしが残るのです。カットが深くシャープで華やかな江戸切子は、江戸時代からの歴史を受け継ぐ貴重な工芸品。ロックグラスやワイングラスとして日常でも使えるため、ギフトとしても人気があります。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定