氷コップの買取・査定相場

氷コップの買取

氷コップ買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な氷コップの価値を査定いたします。福助では様々な氷コップの高価買取・査定が可能です。不要な氷コップの処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

氷コップの買取相場

品名買取相場
氷コップ かきあげ文 かき上げ 25,000~330,000円
氷コップ 乳白ぼかし 4,000~32,000円
氷コップ 花象嵌 8,000~380,000円
氷コップ マーブル柄 2,000~60,000円
氷コップ ウランガラス 7,000~210,000円
氷コップ 戦前 三色千段巻 20,000~73,000円
氷コップ 二色輪繋ぎ模様 18,000~45,000円
氷コップ 縦筋ダイヤ柄 16,000~27,000円

氷コップの買取実績

                  氷コップの買取実績
  • 乳白ぼかし漏斗形赤縁ウランガラス氷コップ
    乳白ぼかし漏斗形赤縁ウランガラス氷コップ 買取価格 7,000円
  • 乳白ぼかし菱形模様氷コップ
    乳白ぼかし菱形模様氷コップ 買取価格 45,000円
  • 乳白ぼかしアンティーク氷コップ
    乳白ぼかしアンティーク氷コップ 買取価格 25,000円
  • 乳白ぼかし丸紋ウランガラス氷コップ
    乳白ぼかし丸紋ウランガラス氷コップ 買取価格 26,000円
  • 乳白ぼかし 赤縁三角紋 アンティーク氷コップ
    乳白ぼかし赤縁三角紋氷コップ 買取価格 18,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い氷コップを処分したい
  • 数十年前に古美術店で購入した氷コップが幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた戦前の氷コップの買取相場が知りたい
  • コレクションしていたウランガラスの氷コップを、まとめて売りたい

ご安心ください!
氷コップ買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

氷コップを高く売る方法|買取のポイントは?

氷コップ(PILOT)の筆記用具を高く売却するなら、鑑定に慣れた買取業者へ依頼しましょう。

氷コップの価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

氷コップはかき氷のための器で、現代のガラス製品にはみられないレトロな味わいと、重厚な美しさが人気のアンティークです。
インテリアとしても目を楽しませてくれる骨董品は、売却する際もその美を鑑定できる買取業者に任せるのが良いでしょう。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

氷コップが入った共箱や専用ケース、保証書などはすべて一緒につけて出すようにしてください。付属品は、明治、大正など氷コップが作られた時期を特定する手がかりにもなります。
著名な作家の手による氷コップの場合、共箱や保証書類の有無で査定額が変わることもあるので、忘れず持参するようにしてください。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

氷コップを売却するときは、複数の評判がいい買取店から見積もりを取りましょう。無料査定で提示される買取価格を見比べるためです。
氷コップのようなアンティークは、買取店によってはそれほど高値がつかないこともあります。
査定額を比較すれば、氷コップ買取を得意とする買取店を見極めることができるので、お得に売却できるでしょう。

信頼できる氷コップの買取業者の選び方

氷コップの査定は、アンティークを無料鑑定している業者買取実績の豊富な業者に依頼しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

氷コップは明治や大正の時代に作られ、現代の作品にはないガラスの美しさを味わうことができます。
その美しさを不当な安値で買取したり、押し買いしたりする悪質な業者に遭遇しないよう、事前に問い合わせで買取の流れを確認しましょう。
信頼できる買取業者を見つけてください。無料鑑定を実施している買取店なら安心です。

氷コップの買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

氷コップは、グラスの大きさや作られた時代、ガラスの製法によって査定額が変動します。
また、なかにはアンティークを装って作られた偽物も出回っているので、見極めをしっかりとできる鑑定業者に売却しましょう。
氷コップや明治、大正のアンティーク製品を多く取り扱っている実績の豊かな買取業者なら安心です。インターネットで買取実績をリサーチして、依頼してみてください。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

氷コップについて

乳白ぼかし漏斗形赤縁ウランガラス氷コップ

氷コップは、かき氷用の器の通称です。明治期に作られて以降、大正〜昭和初期まで作られていました。紫外線を当てると蛍光色に光るウランガラスで作られた氷コップや、和の文様が描かれたオパルセントグラス、パーツごとに異なる色ガラスを組み合わせたデザインなどその形状は多様です。当時は氷菓だけでなくみつまめなどを食べる時にも使用されたようですが、現在では食器としてだけでなくレトロなインテリアとしても好まれています。アンティークとしての氷コップの価値は、その製法にあります。現在のガラス製品の多くは、大量生産を可能にするためにプレスで形が作られ、エナメルプリントで模様をつけられています。しかし、明治、大正につくられた氷コップの多くは吹きガラスで、プレスにはない個性が感じられます。また、ウランガラスなど現代ではつくられなくなった手法の氷コップも珍重されています。また、昭和初期にはエナメルガラスで作られた黒足のグラス型氷コップが流行しますが、このデザインも、現在ではレトロモダンで却って新鮮に感じられます。大正〜昭和と時代が移るにしたがい、プレス製造のコストが下がり、吹きガラスによる氷コップは減少していきます。そして第二次大戦をはさんで氷コップの生産数は著しく落ちこみました。製造・販売が再開した戦後は、プレス製法の氷コップが大半を占めるようになっています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定