薩摩切子の買取・査定相場

薩摩切子の買取

薩摩切子買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な薩摩切子作品の価値を査定いたします。福助ではグラスや酒器など幅広いジャンルの薩摩切子の高価買取・査定が可能です。不要な薩摩切子の処分・売却をお考えなら、お気軽にお問い合わせください。

薩摩切子の買取相場

品名買取相場
薩摩切子 中根櫻亀(おうき) 酒器セット 20,000~75,000円
薩摩切子 島津磯斉彬竈 タンブラーセット 28,000~48,000円
薩摩切子 中根総子 箱付 鉢 12,000~32,000円
薩摩切子 渡邊明 被りガラス菓子器 23,000~250,000円
薩摩切子 松浦正行 藍色 切子碗 8,000~78,000円
薩摩切子 島津磯斉彬竈 創作島津 切子八角酒瓶 50,000~80,000円
薩摩切子 辻俊幸 被せガラス 脚付杯 20,000~34,000円
薩摩切子 由水常雄作 ぐい呑み 酒器 14,000~22,000円

薩摩切子の買取実績

                  薩摩切子 脚付き赤被せグラス 買取価格 10,000円
  • 創作薩摩切子青被酒杯
    創作薩摩切子青被酒杯 買取価格 10,000円
  • 薩摩切子 脚付き赤被せグラス
    薩摩切子 脚付き赤被せグラス 買取価格 10,000円
  • 色被せガラス切子猪口
    薩摩ガラス工芸切子猪口 買取価格 10,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の薩摩切子グラスを処分したい
  • 所有している薩摩切子の酒器が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた薩摩切子の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた薩摩切子の器を、まとめて売りたい

ご安心ください!
薩摩切子買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

薩摩切子を高く売る方法|買取のポイントは?

薩摩切子を売りたい時は、ガラスの歴史に詳しく価値を知る鑑定士に依頼しましょう。

薩摩切子の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

鹿児島が誇る工芸品の薩摩切子は、模様の美しさと長い歴史を併せ持つ美術品です。
グラスや水差しといった日用品からアクセサリーまで、薩摩切子を手放す時にはその本物の価値を見極められる鑑定士に査定を依頼しましょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

薩摩切子はギフト用や専用の化粧箱に入っていることが多く、鹿児島の工芸品であることを証明する保証書がついていることも。
こうした付属品は薩摩切子が本物であること、作品の来歴などを証明するものになりますので、査定を申し込む時にはそろえて出すようにしてください。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

薩摩切子は、工芸品に詳しくない買取業者に査定を申し込むと査定で高値がつかないこともあります。
市場全体の薩摩切子の買取相場を把握するためにも、無料で取得できる見積もりをいくつか取り寄せてみましょう。
複数の査定額を比較することで、高音で売却できる可能性は高まります。

薩摩切子の買取業者の選び方

薩摩切子の売却は、工芸品の無料鑑定をしている買取業者にまず相談しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

無料査定は東京都内の買取店が多く実施しているサービスです。
ですが、鑑定書発行の手数料や、出張範囲外の出張費(交通費など)がかかる場合もあるので、申し込みの際にチェックしておくと安心ですね。
査定の流れについて事前に確認しておくと、買取がスムーズに進むはずです。

薩摩切子の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

薩摩切子やガラス工芸品の買取実績が豊富な買取業者は、工芸品やガラスの歴史について詳しく、美術に関して造詣が深い買取業者といえます。
買取店のサイトやブログ、口コミサイトなどを検索すると、各店の買取実績を見ることができるので、薩摩切子の売却を思い立ったらまずリサーチしてみてくださいね。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

薩摩切子について

創作薩摩切子青被酒杯

鹿児島の工芸品である薩摩切子は、江戸時代末に海外交易品として開発されました。切子とは金属や石の回転砥石でガラスに溝を切り、模様をつける技法で、カットグラスともいいます。当時の島津家当主の意向によって築かれた工場群「集成館」では多い時で100名以上の職工がガラス細工製造に従事しており、輸出用の工芸品のほか、瓶や板ガラスも作られていたといわれています。この時期、日本で初めて紅色の着色ガラスの製造に成功し、江戸切子では出せなかったこの色は「薩摩の紅ガラス」と称されました。1863年の薩英戦争で工房が焼失したために一時薩摩切子は歴史から姿を消しますが、1985年に復興プロジェクトがおこり、紅、藍、紫、緑色の薩摩切子が復元されました。さらに幻とされていた金赤色、黄色の再現にも成功し、グラデーションの技法などを加え、水差し、アクセサリーなどさまざまな製品を発表しています。薩摩切子の特徴は、美しい色彩と「ぼかし」の技術です。「ぼかし」は、透明なガラスに色ガラスを厚く被せた上で切子をデザインすることで、溝や模様の境界をあいまいにする工法をいいます。この技術により江戸切子とは異なる趣、色の美しさを味わうことができるといえるでしょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定