金メッキの見分け方

金買取・プラチナ買取価格日本一に挑戦!

金メッキ製品の見分け方

昨今の金買取価格上昇に伴い、深刻な問題になっているのは偽物の増加です。ブランド品にも偽物があるように貴金属にも偽物が存在します。

もともとは貴金属の比重を計測することで、真贋を導きだしていましたが、最近では「タングステン」という貴金属と同じ比重を持つ偽物も横行し、日に日に巧妙なものになっていきているため注意が必要です。
こちらでは真贋をチェックできる基本的な項目をご紹介いたします。ご自身のお品物で気になる点がございましたら、ぜひ参考にしてください。

金製品に入った刻印を確認する

金製品には金の品位を表す刻印がされています。この刻印がされていない場合は、金製品ではない可能性が高くなります。代表的なものだと「K24」「K18」「750」「K14」「K10」といったものです。これらの刻印があっても偽物の可能性もありますし、逆に刻印がなくても本物であることもあります。

直接触れる

金は熱伝導が高い性質を持っています。そのため最初は冷たく感じてもすぐに手の体温が金に伝わります。金でない場合は冷たいままの時間が比較的長く感じるため、ひとつの判断材料になります。

磁石を当てて反応を見る

本来であればプラチナ、ゴールド、シルバーといった貴金属は磁石に反応はしません。偽物の場合、金の代わりにメッキが使用されることが多く、品物が磁石に反応した場合はメッキ製品である可能性が高くなります。また偽物のよく使われるニッケルも反応します。留め具に反応することがあるため、チェーンや本体部分でお試しください。

比重の割合で計測する

金は比重を計測することで、真贋や品位を導くことができます。
比重=空気中の重量÷(空気中の重量-水中の重量)
多くの場合、この比重を持って調べることが可能ですが、巧妙に作られた偽物は比重がぴったり一致することがあるため、これだけで判断をすることが難しいことがあります。

試金石や硝酸を使う

鑑定には試金石検査と呼ばれる方法があり、この方法は江戸時代から使用されています。これには那智黒石と呼ばれる黒く平たい試金石を使います。

ほんの少しだけ品物の一部を試金石に擦りつけ、そこに硝酸を垂らします。金、プラチナであれば、硝酸に溶けず、偽物だった場合はメッキが反応をして緑色の泡となり消えてしまいます。

純金の場合は何の反応もありませんが、K18やK14の場合は、割金部分が反応するため、煙が発生し、金が残ります。
ただし硝酸は取扱に注意が必要なため、ご自宅での使用はお勧めしません。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル